キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

俺の膝はお前に預けた!三国時代に大流行男同士のひざまくら

この記事の所要時間: 324




男同士の膝枕

 

膝枕は男のロマン!なんて語り始める人もいるくらい、

彼女にしてほしいことランキングの上位に常に君臨している膝枕。

 

やわらかい太ももに頭をのせて、髪の毛をなでてもらったりほっぺを触ってもらったり…

耳かきなんてしてもらえたら本当に最高ですよね。

 

そんな膝枕ですが、三国時代の人々もスキンシップの一環として行っていたようなのです。

しかも、男同志で!

 

えぇ~、男のゴツゴツした太ももでぇ~?

頭の近くに別の奴のアレがあると思うと癒されそうもない…

なんて思う人も少なくないでしょうが、

今回は三国時代の男同士のドキドキ?膝枕事情に迫ってみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは?? 

関連記事:これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじわくる

 

 

董昭、蘇則に膝枕を求めるも…

董昭

 

魏には頑固一徹で有名な蘇則(そそく)という臣がありました。

彼は前漢の武帝の諫臣として名高い汲黯の剛直さに憧れを抱き、

汲黯(きゅうあん)のような人物になりたいと常々思っていました。

 

蘇則は地方の太守を歴任していたのですが、ある時そんな彼の姿が曹操(そうそうの目に留まり、

曹操亡き後には中央に召し出されるまでに出世を遂げます。

 

しかし、その心は曹操曹丕(そうひ)ではなく常に献帝(けんてい)すなわち漢王朝にあり、

魏の建国については内心苦々しく思っていたようです。

 

そんな蘇則でしたが、

中央に召された際には魏の建国に大いに貢献した董昭(とうしょう)と共に侍中として働くことになります。

董昭は蘇則と共に過ごしていた際に、何を思ったのかおもむろに蘇則の膝に頭をのせて横になりました。

 

蘇則の奴、いい太ももしてるな…

と思ったのでしょうか?

 

しかし、蘇則は董昭の頭を強引に押しのけて

「私の膝はお前のようなおべっかつかいの枕ではないわ!」

とブチギレ。

蘇則は漢王朝を破滅に追いやることに加担した董昭が嫌いだったようですね

 

それにしてもこの口ぶりだと、董昭でなければ膝枕OKともとれなくもありません。

蘇則のあまりの怒りっぷりには董昭もびっくりしたことでしょう…。

 

 

晋朝になっても男同士で膝枕

洛陽

 

魏が滅ぼされて司馬氏による晋朝が立てられた後も男同士での膝枕文化は廃れなかったようです。

『晋書』周顗(しゅうぎ)伝では、

かつて東晋の簡文帝(かんぶんてい)が稀代の忠臣として諸葛亮(しょかつりょう)と共に並称したという王導(おうどう)が周顗に

膝枕してもらっている様子が描かれています。

 

膝枕をされながら

「この中には何が入っているのかな?」

と周顗の腹を指でツンツンする王導。

 

「この中には何もありませんが、

あなた方を数百人は入れられますよ。」

と冗談を言う周顗。

 

何だこの光景は…!

仲睦まじい王導と周顗の姿に何だかあらぬ勘違いをしてしまいそうになりますね。

ちなみにこのエピソードは六朝時代の説話集『世説新語』にも掲載されています。

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

春秋戦国時代にも男同士で膝枕

楚

 

実は、『三国志』に描かれている時代の何百年も前から既に男同士の膝枕があったようです。

それは『史記』楚世家に見えます。

 

春秋戦国時代の楚の霊王(そのれいおう)は弟たちに裏切られて

飲まず食わずで山の中を彷徨い歩くはめになります。

 

霊王をかばいだてる者は処刑するとのお触れが出ていたために

ボロ雑巾のようになって彷徨い歩く霊王を誰も助けてはくれませんでした。

 

しかし、霊王の前に昔馴染みの人物が通りがかります。

霊王はその人物に声をかけ、無我夢中で助けを乞います。

 

昔馴染みはそれを必死に断ろうとしますが、

霊王は昔馴染みの膝にすがりついてそのまま眠ってしまいます。

 

そこで昔馴染みは仕方がなくしばらく膝の上で霊王を寝かせ、

土で枕を作ってそこに霊王の頭をずらしてから立ち去ったのでした。

 

その後目が覚めた霊王は昔馴染みが居なくなっていることに気づき、

結局飢えて体を起こすことができないままに亡くなってしまいます。

少し切ない男同士の膝枕エピソードでした。

 

基本的には親愛の証?

基本的には親愛の証

 

その他諸々、探してみれば結構出てくる男同士の膝枕エピソードですが、

基本的に膝枕をしてもらうというのは

相手に気を許していることを最大限にアピールするための親愛の証のようなもののようですね。

 

それにしたって大の男が無防備な姿を同じく大の男に晒しながら横たわっている様子は

想像するだけでシュールです…。

 

しかし、スキンシップをとることによって

両者の距離がより一層近くなって仕事がはかどったのかもしれません。

 

chopsticksの独り言

chopsticksの独り言

 

ぜひ皆さんも職場の同僚や学校の友人と男同士膝を枕にして

お腹をツンツンしてみてはいかがでしょうか…?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!

関連記事:三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?
  2. 衝撃!徐州大虐殺には袁紹が参加?父を見殺しにした曹操
  3. 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?
  4. 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?
  5. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  6. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語
  7. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々
  8. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 大砲発射

おすすめ記事

  1. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に名を残した遊説家 Part.1
  2. 【シミルボン】幸村だけじゃない曹操、孔明も使った赤備え!
  3. 【シミルボン】衝撃!司馬懿の首は本当に180度回った?
  4. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】
  5. 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?
  6. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15】 異議ありと叫ぶ司馬懿 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの? おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた! もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る 愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房

おすすめ記事

  1. 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ
  2. 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史
  3. 坂本龍馬の虚実入り混じった名言、そこまで言ってええんかい!
  4. 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソード
  5. 正史三国志と三国志注に出てくる趙雲はビックリするくらい全然違う!
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介
  7. 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?
  8. 五分でわかる蜀の名将達の現代にまで残る名言・逸話【三国志逸話列伝】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP