キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【クイズ】魏最強!でも滅亡、原因はなーんだ?

この記事の所要時間: 332




三国志の地図

 

諸葛亮(しょかつりょう)が天下三分の計を唱え、その言葉通りに魏・呉・蜀の三国が鼎立して

ひしめき合っていた三国時代ですが、三国の国力が拮抗していたかといえば

決してそんなことはありませんでした。

 

やはり、中国大陸のど真ん中ともいえる中原を支配した魏が圧倒的な力を誇っていたのです。

そんな魏でしたが、ついに中華統一を果たすことは叶いませんでした。

 

政治力・戦力・経済力その他諸々、どれをとっても最強だったはずの魏は

なぜ天下を統一することができなかったのでしょうか

その理由を3つにまとめてみました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?

関連記事:【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの?

 

 

実質的に三つ巴ではなかったから

三国志の兵士

 

三国時代といえば、三つ巴の乱戦を思い浮かべる人も少なくないでしょう。

しかし実際には三つ巴というよりも、魏VS蜀&呉というようなありさまでした

 

このような様相を呈するようになったのは、あの有名な赤壁の戦いの頃からです。

長坂の戦い曹操(そうそう)にコテンパンにやられ、命からがら逃げ延びた劉備(りゅうび)は、

諸葛亮を派遣して呉の孫権(そんけん)と同盟を結び、魏をどうにかしてもらおうと考えます。

 

一方、呉の国内でも、強大な魏を相手に戦いを挑むか、

それともやはり降伏を申し入れるかで意見が対立していました。

意見が対立していたと言っても、抗戦すべきだと主張していたのは魯粛(ろしゅく)くらいでした。

 

しかしそこに、ちょうど蜀からの使者である諸葛亮が同盟の話を持って訪れたのです。

同盟を組んだ蜀と呉は曹操の10万を超える軍勢を赤壁で見事撃破します。

 

赤壁の戦いの後、蜀と呉とは荊州をめぐって衝突しますが、

魏と蜀が争いだすと呉が魏を攻めはじめ、

魏と呉が争いだすと蜀が魏を攻めはじめるといった具合に

いびつながらも両国の同盟関係は続きます。

 

どちらかを叩いているともう一方が出てくるモグラ叩き状態に魏はもうてんてこ舞い。

一度に二国を相手にしなければならなかったために、

魏は天下統一の夢を果たすことができなかったのです

 

 

曹操曹丕に冷たかったから

曹丕

 

曹操は赤壁の戦いで大敗したことによって

「こりゃあ天下統一はまだまだ先だな…」

とあきらめモードに入ったと言われています。

 

急ごしらえともいえる寄せ集めの大軍勢で

蜀や呉を一気に片付けようと事を急いていた自分を反省した曹操は

魏国の基礎固めに専念しようと考え直したのでした。

 

このときすでに知命、すなわち五十を優に超えていた曹操。

自らの手で天下を統一することは不可能であると悟った彼は、

我が子にその夢を託したのです。

 

曹操の野望を継いだのは、魏の初代皇帝となる曹丕(そうひ)です。

しかし、彼は文武両道の優れた人物ではありましたが、

曹操が心から後継者にしたいと望んだ人物ではありませんでした。

 

多くの女性を囲っていた曹操にはたくさんの子があり、

曹丕はそのたくさんの子どもたちの中の一人でしかなかったのです。

 

曹操が最も愛したのは、曹丕ではなく曹沖(そうちゅう)という神童ともいえる存在でした

曹沖は頭脳明晰なだけではなく、仁徳も高かったため、

曹操はぜひ曹沖を後継者にしたいと考えていたのです。

曹沖

 

しかし、曹沖はたったの13歳で亡くなってしまいます。

このことによって曹丕が曹操の後を継ぐことが決まったのですが、

曹沖が亡くなった際、曹操は我が子である曹丕に向かって次のような言葉をぶつけています。

 

「お前にとって曹沖の死は最高の喜びなのだろう。

このおかげでお前が私の後継者になれたのだからな。」

この言葉は曹丕の心に深い傷をつけたことでしょう…。

 

曹操が曹沖の死後に心を切り替えて曹丕を励ます言葉をかけていれば、

魏の命運も変わっていたかもしれません…。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

曹丕が身内に冷たかったから

曹丕

 

曹沖の死後、曹丕と弟・曹植(そうしょく)との間に後継者争いが勃発。

曹植の文才を讃える父・曹操にヤキモキしたり、

曹植を祭り上げる勢力の存在にイライラしたりと

曹丕はおだやかではない日々を過ごすことになります。

 

しかし、曹丕が名実ともに曹操の後継者として君臨してからは

ムカつく曹植とその側近たちに復讐を遂げた曹丕。

 

曹植についている鼻につく側近は処刑し、曹植本人も中央から遠い場所に飛ばし、

落ち着いたころにまた別のところに飛ばすという嫌がらせを死ぬまで繰り返したのでした。

 

こうして目下の不安要素をつぶして安心していた曹丕でしたが、

その死後、重臣・司馬懿(しばい)に謀反を起こされてしまいます。

 

曹丕が身内に厳しかったがために皇族の力が弱かった魏は司馬懿によってうまいこと乗っ取られ

結局天下統一を果たすことができないままに滅ぼされてしまいます。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

最期のときまで

「もっと身内同士仲良くしたい」

と訴える詩や文を綴っていたという曹植。

 

もしも曹植の言葉を曹丕が聞き入れていたら、

魏は天下統一の野望を果たすことができたかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫権老害!魏は曹叡の代で潰れるとドヤって大失敗

関連記事:三国志の時代には誘拐が大流行していた?その驚きの理由とは

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  2. うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎ…
  3. 蜀の姜維 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長…
  4. 三国志の袁紹のお墓ってどこ?「三国志観光スポット」
  5. 謎多き登場人物、関索って何者?
  6. 魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し?
  7. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  8. 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三

おすすめ記事

  1. 【三国志平話】諸葛亮が鬼謀神算じゃなくて親しみやすい
  2. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長
  3. 【蒼天航路】よかミカンが選ぶ面白ポイント6選
  4. 荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた
  5. 周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍
  6. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは? 趙雲ってどんな人?投票ランキング1位の理由 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司馬穰苴(しばじょうしょ)から学べ! 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの? 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生 周瑜の遺言が名文すぎて泣ける周瑜爆ageキャンペーン 読者の声(9月30日〜10月6日) 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?

おすすめ記事

  1. 曹植に死んで欲しくなかった正史から見える曹丕の配慮とは?
  2. 曹操の徐州大虐殺の真相には諸説あり?
  3. 袁術は異常気象のせいで天下を握り損ねたってホント?
  4. 六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ?
  5. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実
  6. 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説
  7. 龐徳が曹操から関羽に乗り換えなかった理由は何?
  8. 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP