キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件

司馬懿




司馬懿

 

はじさんでは、諸葛孔明(しょかつこうめい)が過労でぶっ倒れたという記事を載せましたが、

多かれ少なかれ、国政を担う者には過重な負担がかかるものです。

例えば、孔明の陣没を喜んだ司馬懿(しばい)もクーデターが遅すぎたのか、

晩年は満身創痍(まんしんそうい)でかなりしんどい事になっていました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操に警戒された司馬懿の凄さはどこにあるのか?

関連記事:司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?

 

 

身体壮健な司馬懿も晩年は出仕も出来ない有様に

司馬懿に討伐される孟達

 

曹操(そうそう)に仕える事を嫌がり中風(ちゅうふう)(脳血管障害)を理由に出仕を辞退した司馬懿

しかし、それは嘘だったようで、軍を率いて一か月かかる道のりを8日で踏破して、

油断していた孟達(もうたつ)を滅ぼしたり、困難以外の何物でもない諸葛亮の北伐に、

根気よく付き合い一度も疲労で倒れた様子がないなど壮健(そうけん)ぶりを見せます。

 

ですが、どんなに壮健でも寿命が限られる人間の事、どこかでガタが来ます。

司馬懿の場合は、それが晩年にやってきました。

 

 

本当に中風に罹り健康を害していた司馬懿

首を痛める司馬懿

 

司馬懿と言えば、曹爽(そうそう)猜疑心(さいぎしん)を解くためにわざと耄碌(もうろく)したふりをしたという

逸話があるのですが、頭はボケていないとしても身体的にはかなり衰えていた

という事はあるかも知れません。

 

高祖宣帝(こうそせんていき)によると、249年の正月、曹爽一派が曹叡(そうえい)の墓参に都を出た後、

司馬懿は天文の不吉を理由に永寧太后(えいねいたいこう)に上申して曹爽の官位を奪い、

また軍権を掌握して洛陽に戒厳令を敷くわけですが、

そんな司馬懿、宮門を出て近くにあった曹爽の屋敷を通過する際に

曹爽に仕えていた厳世(げんせい)という家臣に(やぐら)から弩で狙いをつけられます。

 

しかし、これを孫謙(そんけん)という部下が何度も制止してついに弩は発射されなかった

そのような逸話なんですが、司馬懿ともあろう男が当然考えられる

曹爽邸からの攻撃に無警戒であった事が驚きです。

 

頭がボケていたとは思いませんが、司馬懿は明らかに身体を損ない

無理を推して戦っていた為に、注意力が衰えていたのではないでしょうか?

または、体力が無く騎馬ではなく車で進軍したので天蓋(てんがい)に視界を遮られ

櫓からの狙撃に気が付かなかったかも知れません。

司馬師・司馬懿・司馬昭

 

こうしてかんがえると曹爽一派の李勝(きしょう)が病気見舞いに行った時に、

司馬懿が(かゆ)をこぼしたり、水が飲めないというのもオーバーに演じたかも

知れませんが実際にあった症状かも知れません。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

宮中に参内できず皇帝が司馬懿の屋敷に来る事態

銅雀台

 

曹爽一派を処分した司馬懿は、250年には洛陽に司馬家の廟を立てる事を認められ

息子達を侯に封じるなど、権力の中枢に立ちます。

しかし、一方で健康は増々損なわれており、宮廷に出仕する事も出来ず、

皇帝曹芳(そうほう)が重大案件については、自ら司馬懿の屋敷を尋ねて相談する事になります。

 

このような態度が政敵からは専横と取られ、反司馬氏の雰囲気が醸成されますが

もし実際に司馬懿の体が悪かったとしたらどうでしょう。

皇帝

 

お付きに体を支えられ、よろよろと参内する司馬懿を周囲が見たら

(司馬仲達は長くない、今が謀反のチャンス)と反司馬勢力が

続々と出現するかも知れません。

それよりは専横の(そし)りを受けても、自分は自宅でベットで体を起こして

皇帝と極秘に会談し動静を見せずにいる方が反司馬氏の勢力を

牽制(けんせい)出来ると考えたのではないか?そんな風に思えます。

 

無理を押して王淩の反乱を鎮圧し死の床につく

王淩の反乱を鎮圧し死の床につく

 

251年の春、重臣の王淩(おうりょう)が甘城で反司馬の狼煙をあげ、

呉が涂水(ちょすい)に砦を構えている事を理由に兵を起こす事を

洛陽に打診します。

 

司馬懿は王淩の計画を見抜いていてこれを拒否

さらに夏四月には自ら中軍を率いて船を浮かべ流れに沿って進み

九日に甘城に到着しています。

 

こうしてみると、軍を率いれる位だから司馬懿は元気に見えますが

実際には船を使用している点に注目すべきでしょう。

陸よりは遥かに揺れず、また広いスペースが取れる船だからこそ、

司馬懿は寝たまま移動でき、多少無理が出来たとも考えられます。

 

王淩も「私を呼びつけるなら書簡でいいのに、どうして自ら来られた」と

驚いている点を見ると、司馬懿の体調がかなり悪いのは、

この時点で周知の事だったのではないでしょうか?

 

そして同時に司馬懿が直接来る以上、計画はすべてバレていると

王淩は悟り、洛陽に向かう途中で自殺したのでしょう。

 

無理が祟り、8月に死去

亡くなる司馬懿

 

王淩を討伐してから司馬懿が死ぬまで4か月しかありません。

六月には病の床に就き、夢に賈逵(かき)と王淩が出てきて怯えまくるという

死の直前テンプレの描写があった後、8月戊寅に死去しました。

こうしてみると、老体に鞭を打って王淩を討伐したのが、

寿命に影響したのでしょう。

 

司馬懿の運命を決した高平陵(こうへいりょう)の変から死去まで僅かに3年、

実際の司馬懿の体調は相当に悪く、病を推しながらのしんどい晩年

それが司馬懿の人生の最期の実態だったのです。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

五丈原で孔明が食も細く睡眠も浅い事を知った司馬懿は、

孔明も長くないと増々、持久戦を決意したのですが、

自分の晩年の3年、体調が悪い最中で権力奪取のクーデターを

やるハメになった時には、流石に孔明を思い出したでしょう。

過労で死去するのと病身で大仕事をやるのは違いますが

権力者も楽ではないとしみじみ思ったでしょうね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?

関連記事:漢王朝を腐らせたのは儒者!打倒司馬懿、シチケンジャー

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 陸遜 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!
  2. 孔融と曹操 曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる
  3. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?
  4. 曹操と機密保持 【目からウロコ】魏武註孫子は○○○として編纂された
  5. 熱血曹操 若かりし曹操は熱血漢
  6. はじめての三国志 画像準備中 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた…
  7. 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャン…
  8. 張コウ 張郃 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 腐れ儒者気質な孔融
  2. 孫権と張昭
  3. 荀彧
  4. 劉備 孫権 ゆるキャラ
  5. 陸遜
  6. 泣く子も張遼
  7. 孫権 弔い出陣
  8. 三国志の地図(州)
  9. 呂玲綺

おすすめ記事

  1. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策! 孫策、陸遜、顧邵、他
  2. 【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  3. 【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの? 袁紹と曹操
  4. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  5. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!? 袁術
  6. kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」

三國志雑学

  1. 孔明 司馬懿 陸遜
  2. ロボ関羽
  3. 王異
  4. 城の前を掃除する孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明
  2. キングダム45
  3. 姜維
  4. 陸遜

おすすめ記事

蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族) 蜀軍に魔法と魔獣を使って徹底抗戦した木鹿大王がおもしろい 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】 93話:名将 張任、遂に堕ちる 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具として生きることになった美女 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 【明智光秀と妻木煕子】光秀を瀕死から救った看病物語 佐賀藩に鍋島閑叟あり!幕末イノベーション革命の成果とは? 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官 怒る陳宮 陳宮の珍エピソード?実は主君・呂布が大嫌いだった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP