三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

アドバイザー賈詡の張繍育成日記




賈ク

 

賈詡(かく)曹操(そうそう)の軍師として活躍する前には

董卓(とうたく)の配下・張繍(ちょうしゅう)のアドバイザー兼軍師として活躍していました。

賈詡が張繍をアドバイスして彼を育成したおかげで

歴史に名を残すことができたといっても過言ではないでしょう。

ここではアドバイザー賈詡による張繍育成日記を紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:手作り賈詡のお面を作っていただきました。

関連記事: 許褚と賈詡がいなければ曹操は官渡の戦いで袁紹に敗北してた!

 

 

張繍育成日記○月×日:負けてももう一回攻撃するべし

賈ク

 

張繍は賈詡をアドバイザーとして向かい入れた頃、

曹操軍から討伐軍を差し向けられてしまいます。

しかし曹操はいきなり張繍へ攻撃することをやめて撤退してしていってしまいます。

張繍は曹操軍が撤退していくことを知ると急いで追撃をして曹

操軍を撃破してしまおうと考え出陣準備を整えていました。

すると賈詡は張繍へ

「今曹操を追撃するのはよくないです。すぐにやめるべきだと考えます。」とアドバイス。

しかし張繍は賈詡の進言を採用しないで曹操軍を追撃しますが、

ボロボロに敗れて敗北してしまうのでした。

 

だが賈詡はボロボロになって帰ってきた張繍へ

「もう一回攻撃をかければ必ず勝つことができます。すぐに出陣しないさい」とアドバイス。

張繍は賈詡の進言を受けいれて再び攻撃を仕掛けると簡単に勝利することができたのです。

どうして張繍は曹操軍に勝つことができたのでしょうか。

 

 

どうして賈詡の進言があたったのか!?

どうして賈詡の進言があたったのか

 

張繍は賈詡へ

「どうして一回目は敗北したのに、二回目は勝つことができたのであろうか」とたずねてきます。

すると賈詡は

「あなたは戦に強いですが、曹操はもっと戦がうまいです。

曹操は追撃してくることを予想して自ら殿(しんがり)になって

あなたと戦うはずだと予想したからこそ負けると判断しました。

そもそも曹操が有利であったのに撤退した原因は国内に事件が起きたからです。

だから曹操はあなたの攻撃を防ぎ勝利を得たことで

すぐに全軍を引き返すために全速力で撤退を開始したはずです。

そのため殿には精鋭の部隊を置くことはないと判断し、

二回目にあなたが曹操軍へ攻撃を仕掛ければ必ず勝つと判断しました。」と張繍の疑問に答えます。

 

張繍は賈詡の意見に納得し彼を大いに信頼することになるのです。

こうして少し成長した張繍ですが賈詡のアドバイスを受けてまだまだ成長することになります。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

張繍育成日記○月×日:曹操へ降伏するべし

お腹が空いた袁紹

 

張繍は曹操と敵対関係を続けていました。

そんな中曹操と袁紹(えんしょう)が官渡で戦いが行われた時、

袁紹の陣営から張繍へ味方になるように要請がきます。

張繍は曹操よりも袁紹の方が勢力が大きく強かったため、

袁紹の使者へ味方になる返事を出そうとしていました。

 

そのとき賈詡は

「俺らは袁紹の味方なんてするつもりはねぇ!!とっとと帰れ!!」と

大声を上げて袁紹の使者を罵倒し始めます。

袁紹の使者は賈詡の言葉に激怒し、そのまま帰っていくのでした。

 

張繍は「おいおい。どうしてあんなことをいったんだ」と賈詡へ詰め寄ります。

すると賈詡はこんこんと袁紹に味方をすることの意義のなさを説明するのでした。

 

どうして袁紹の味方にならなかったのか

曹操のご機嫌を取る張繍

 

賈詡はどうして曹操よりも強い袁紹の味方にならなかったのでしょうか。

張繍も同じ疑問を賈詡へぶつけます。

すると賈詡は「袁紹よりも曹操の味方になった方がいいでしょう」と判断を下します。

 

そして賈詡は

「袁紹よりも曹操の味方になった方がいい理由が三つあります。

一つ目は曹操は献帝(けんてい)を擁しており、戦いに大儀があるからです。

二つ目は袁紹は強大な勢力を持ち我らが味方をしてもありがたく思わないでしょう。

しかし曹操は弱小なので我らが味方をすれば大切に扱ってくれるはずです。

そして三つ目は曹操は天下統一を志しており、

個人的な恨みなど飲み込んで志を大切にする方だからです。

この三つの理由から袁紹に味方をするよりも曹操の味方をした方がいいと判断しました。」

と張繍へアドバイスを述べます。

 

張繍は賈詡のアドバイスを採用して曹操の元へ軍勢を引き連れて降伏。

すると曹操は賈詡や張繍を厚遇し、張繍へ将軍の与え、賈詡には侯の位などを与えるのでした。

その後賈詡と張繍は部署が変わって離れ離れになりますが、

張繍は賈詡のアドバイスで鍛えられたこともあり、軍功を重ねて出世をしていくことになり、

魏の将軍として活用されていくことになるのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

賈詡がアドバイザーとして張繍をしっかりと育成したからこそ

彼は道を誤ることなく魏の将軍として歴史に名を残すことができたと思います。

もし張繍に賈詡がいなければ曹操の攻撃によって滅ぼされていたかもしれません。

 

また曹操の元に降伏してもあまり活躍することのない将軍で終わったかもしれません。

このように考えると賈詡の張繍育成は大成功に終わり、

彼に人材を育成する能力があったと思えるのですがどうでしょうか。

 

参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』

関連記事:賈詡に学ぶベストな転職の方法

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【三顧の礼】諸葛亮が自ら盛った作り話か!?あったか疑わしい三顧の…
  2. 金持ちってけっこうケチ?あの曹操もドケチで有名だった!
  3. 甘寧 裏切る ゆるキャラ 2分で分かる合肥の戦い その5 孫権には甘寧がいる
  4. 三国志 Three kingdomsの諸葛亮がイケメンすぎる!
  5. 三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る
  6. 孔融 孔融梨を譲る!いちばん小さな梨を取った孔融の兄弟愛
  7. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  8. 張郃は不死身のゾンビ将軍だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  2. 鱸魚を釣る左慈

おすすめ記事

  1. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!
  2. 魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)はどんな人?呂布を裏切った八健将
  3. kawauso編集長のぼやきVol.19「隠れ三国志ファン」 はじめての三国志編集長kawauso
  4. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  5. 荀彧の系図を調べてみるととんでもない○○が判明!?
  6. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長

三國志雑学

  1. 王莽
  2. 蜀の馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  2. 趙雲と劉備が初めて出会うシーン
  3. 張魯

おすすめ記事

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰)  【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介! もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? ゴールデンカムイネタバレ予想 128話 新月の夜 三国志時代のひざまくら 俺の膝はお前に預けた!三国時代に大流行男同士のひざまくら 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった? 項羽 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1 張飛と本多忠勝 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP