よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった?

この記事の所要時間: 332




夏侯淵

 

曹操(そうそう)に仕えた二人の夏侯(かこう)の内、生涯前線に立ち続けたのが夏侯淵(かこうえん)です。

勇猛にして部下に愛情があり、将軍らしい将軍だった夏侯淵ですが、

彼は漢中を劉備(りゅうび)と争い、法正(ほうせい)の計略により定軍山で黄忠(こうちゅう)に斬られてしまいます。

その理由について、曹操

夏侯淵は将軍らしからず、退く事を知らない匹夫の勇に陥った」と評しました。

しかし、この戦いそもそも魏が兵力不足であった事が敗戦の原因であるかも

知れないのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯淵って実は主戦場よりも○○で活躍している方が多かった!?

関連記事:老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?

 

 

劉備の兵力は夏侯淵より多かった

劉備の兵力は夏侯淵より多かった

 

西暦218年、劉備は漢中を手に入れようとして陽平関に出張ってきました。

それに対して漢中を任されていた夏侯淵は撃って出てにらみ合いが起きます。

 

この時、劉備は別働隊として呉蘭(ごらん)雷銅(らいどう)張飛(ちょうひ)馬超(ばちょう)の別動隊を

武都(ぶと)に派遣していました。

 

ところが、それに対して夏侯淵は動いている形跡がありません。

逆に曹操が反応して、曹洪(そうこう)曹休(そうきゅう)を派遣して呉蘭と雷銅を戦死させます。

この戦いの総大将は曹洪でしたが、曹操は曹休に絶大な信頼を寄せて、

実質総大将として扱い、手柄を立てさせています。

 

それは、別にいいですが、曹洪にしても曹休にしても(ぎょう)から派遣されているわけです。

こんな遠くから派遣する位なら、夏侯淵に余分に兵力を与えて迎撃させる方が

ずっと効率的であるように思うのですが、どうして、そうしないのでしょう?

 

考えられる理由は一つ、曹操には兵力の余裕がなく、

夏侯淵は劉備を下回る兵力で漢中を守っていたという事です。

 

 

張郃相手に兵力を十に分散する劉備

張郃相手に兵力を十に分散する劉備

 

定軍山(ていぐんざん)の戦いで劉備は精兵万余を十に分けて張郃(ちょうこう)

ぶつかり勝てなかったとあります。

しかし、これは張郃伝の記述であり夏侯淵伝では張郃の軍は不利になり

夏侯淵は自軍の半分を裂いて救援に向かわせています。

劉備軍は万余と言いますが、仮に張郃と兵力が同数なら、

これを、わざわざ十にはわけないと考えらえます。

 

恐らく、兵力的には張郃の倍はいて、その半分を裂いて十に分け

張郃を攻撃したのでしょう。

それに対して、張郃はよく持ちこたえ負けませんでしたが、

かなり兵力は消耗したか、陣営を劉備に焼き払われ不利になり

これを危惧した夏侯淵が自軍を半分に割いて張郃を救援したのです。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

夏侯淵、劉備軍と遭遇、壮烈な戦死を遂げる

夏侯淵を倒す法正

 

劉備は夏侯淵の本軍が半減した事を勝機と見て、

法正の討つべしという助言に従い夏侯淵の軍に黄忠(こうちゅう)をぶつけます。

この時、黄忠は夏侯淵の本陣から南へ十五里離れた場所にある

逆茂木(さかもぎ)を焼き払います。

 

逆茂木とは、木の一方を研いで尖らせ、地面から斜めに

突き出させたもので、城壁をのぼる邪魔をする防御兵器です。

 

夏侯淵は、逆茂木を自ら直そうと軽装兵を率いて出てきて、

それを見た黄忠と法正は夏侯淵の本陣を包囲して軍鼓を盛大に鳴らし

奇襲をかけたので、夏侯淵は討ちとられたとあります。

 

非常に狭い所での戦いになったので、短兵は接近して激戦になり

ついに夏侯淵は逃げきれず戦死したのです。

 

ひたすらに守り続けている印象の夏侯淵・張郃

袁術

 

定軍山の戦いを見る限り、kawausoには夏侯惇と張郃の軍勢が

劉備を上回っていた様子は全く見られません。

 

もっとも史書には、劉備の兵力を精兵万余とするだけで、

具体的に張郃と夏侯惇にどの程度の兵力があったかは不明ですが

それでも史書を読む限り、劉備は自軍を裂いて十分割したり、

張飛馬超を別動隊として武都に派遣したり、兵力には余裕があるようです。

 

逆に張郃は劣勢になり夏侯淵に救援を要請したり、夏侯淵自身も

逆茂木の修理を軽装兵で自ら出るなど、どこまでも貧乏くさい

少ない兵力をやりくりしている様子が目立ちます。

 

確かに少ない兵力で本陣を離れた事が夏侯淵の運命の分かれ道でしたが

そもそも少ない兵力を考慮し劉備の夜襲に備える為に兵を多く本陣に残し

少数の手勢で自分が出て士気を鼓舞しつつ修理をするほうが

効率的だと夏侯淵は思い当たったかも知れません。

 

兵力が十分にあれば、夏侯淵が自ら修理にあたる必要も

なかったのではないでしょうか?

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

三国志演義にひきずられると、夏侯淵は40万人、劉備は10万人ですが、

それは飽くまで演義の話で実際の戦いの兵数ではありません。

後には方面軍を組織して、10万単位で兵力を動員できるようになる魏も

まだ、この頃には、そこまで兵力の余裕はなかったのです。

 

まして漢中は曹操が負け惜しみ半分とはいえ、鶏肋(けいろく)と言い捨てた土地

優先順位が低くなると考えれば夏侯淵の裁量に期待して最低限の兵力で

防がせたと考えた方がリアリティがあるように思えます。

やはり、夏侯淵の戦死には、とぼしい兵力がまつわりついているような

気がしてならないのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?

関連記事:104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓
  2. ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!
  3. 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だっ…
  4. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊…
  5. 【それは偏見!】偏ってしまった英雄曹操の実像
  6. 夏侯惇が鏡が嫌いなのはブサイクだから??
  7. 三国志の時代にも暗号があった!陰書と陰符
  8. 劉備が皇帝になったのは皇族だった事が大きな理由?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  2. 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻
  3. 黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を刻んだ王
  4. 孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん
  5. 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック
  6. 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

古墳時代とはどんな時代だったの?幕開けから終焉まで分かりやすく解説 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか? 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り! 佐久間象山、幕末の天才奇人はどうして暗殺された? ペリーは蒸気船の父!アメリカ海軍近代化プロジェクトX 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ) 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうなったの!? 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?

おすすめ記事

  1. 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?
  2. 「刀狩り」とは何?豊臣秀吉が行った有名な政策とその目的とは?
  3. 楚の英雄・項羽と三国志一の強さを誇った呂布には共通点が盛りだくさん
  4. 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  5. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  6. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  7. 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から!
  8. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP