キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮の病状に温度差?二つの三国志演義を比較

孔明のテントがある野外のシーン





書物

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)の版本は何種類もありまして、最もメジャーなのが毛宗崗(もうそうこう)本です。

毛宗崗本は李卓吾(りたくご)本という版本の分かりづらい部分を分かりやすく書き直したり、

変な部分をカットしたりして作られたものです。

 

夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

 

8月は(しょく)諸葛亮(しょかつりょう)が亡くなった時季なので、秋風五丈原のあたりの記述を

毛宗崗本と李卓吾本とで読み比べてみたところ、

二つの本でずいぶん雰囲気が異なっていることに気付きました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:かつて日本で大流行したカリスマコメント付き三国志が存在した!

関連記事: 【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活させちゃったの?

 

 

表文が発送されたタイミングが分かりやすい

孔明

 

蜀の丞相諸葛亮は北伐の前線・五丈原で体調を崩して重態になり、

首都・成都にいる皇帝・劉禅(りゅうぜん)に向けて表文(ひょうぶん)(主君宛の文書)を送りました。

 

孔明

 

その表文が発送されてから、それを受けて勅使が五丈原に派遣され

到着するまでの期間が、三国志演義では極端に短くなっています。

 

もしやもっと早くに表文が発送されていたのかな、と疑ってみたのですが、

李卓吾本を見ただけではいつ発送されたのか確信が持てませんでした。

毛宗崗本では、はっきりと示されています。

 

孔明《…中略…》昏然而倒、至晩方蘇、便連夜表奏后主。

(孔明《…中略…》昏然として倒れ、晩に至りて方に蘇る。便ち夜を連ねて后主に表奏す)

 

孔明

 

「便(すなわち)」があるので、昏倒して意識を回復したあとに表文を発送したことが分かります。

李卓吾本には「便」がないので、いつ手紙送ったの?

もっと前から送っていたんですか? となり、分かりづらいです。

毛宗崗本シンセツ、ワカリヤスイデスネ。

 

 

毛宗崗本でカットされている重態描写

孔明

 

先ほどの、諸葛亮が倒れて目覚めて表文を送りましたという部分ですが、

李卓吾本では「晩に至りて方に蘇る」と「夜を連ねて后主に表奏す」の間に

次のような一文が入っています。

 

是夜昏絶数番(この夜 昏絶(こんぜつ)すること数番)

 

毛宗崗本では倒れて起きただけですが、李卓吾本では起きたあとも

夜間に何度か意識不明になっているんですね。

一回倒れただけなら脳貧血かなという程度ですが、

何度もとなるとずいぶん重篤な感じがします。

 

毛宗崗本はこの重態描写をカットしていますが、なぜなんでしょうね。

そんな重態な人が表文を書く元気があるなんておかしいじゃん、という

毛宗崗本流のリアリティの追求でしょうか。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

意識を失うまでの時間の違い

時計

 

他にも、李卓吾本のほうが重態に見える箇所があります。

諸葛亮は天文を見て自らの寿命が残りわずかだと知り延命祈祷(えんめいきとう)を行いますが、

 

魏延

 

敵襲を知らせに来た魏延(ぎえん)の歩く勢いで祈祷の灯明が消えてしまい、祈祷は失敗に終わります。

このあと、諸葛亮は大量に吐血して身体を横たえながら魏延に敵の撃退を命じます。

魏延

 

李卓吾本では、魏延が敵を撃退にでかけた後、その場に残って横になったままの諸葛亮が

すぐに姜維(きょうい)楊儀(ようぎ)に自分の亡き後のことについて指示を出したような書き方がしてあり、

指示を出し終え人事不省になったとあります。

毛宗崗本では、魏延が出かけたあと、次のような一文が入り場面転換されています。

 

姜維入帳、直至孔明榻前問安。

姜維帳に入り、直に孔明の榻前(とうぜん)に至り安を問う)

 

魏延と姜維

 

姜維は祈祷が失敗したとき諸葛亮と一緒にいたのですが、

この文章で姜維は外から諸葛亮の(とばり)の中に入ってきてお見舞いしています。

つまり、魏延が敵を撃退しにでかけてからある程度の時間が経過しているということです。

姜維は外で何か用事を済ませてからまた諸葛亮のところに戻ってきたのでしょう。

 

姜維の心中

 

このあと、諸葛亮が姜維らに自分の亡き後のことについて指示を出し

意識を失うのは同じですが、吐血してまもなく失神した李卓吾本のほうが

容態がせっぱつまっているように見えます。

 

横になっていたか座っていたかの違い

孔明

 

李卓吾本と毛宗崗本では意識の失い方も違います。

李卓吾本で「人事不醒」となっている箇所が、

毛宗崗本では「便昏然而倒(すなわち昏然として倒る)」となっています。

目がくらんで倒れたんですね。

倒れたということは、立つか座るかしていたのでしょう。

座る孔明

 

まとめると、李卓吾本では吐血して横になったまますぐに姜維らに指示を与えて

意識を失ったことになっていますが、毛宗崗本では吐血してからしばらく時間が経過して、

立つか座るかしている時に目がくらんで失神したようです。

 

李卓吾本だと起き上がることもできず長く意識を保っていることも難しい重篤な状態に

見えますが、毛宗崗本は横になっていれば平気だけど起き上がったから

脳貧血を起こしたのかな? という感じです。

 

このあと目を覚ました諸葛亮が表文を発送するわけですが、

李卓吾本のほうにだけ「この夜 昏絶すること数番」の一文があります。

一回脳貧血をおこした以外はまあまあ元気そうな毛宗崗本と、

横になっていても何度も意識を失う李卓吾本では、状態は全く違っています。

 

延命祈祷の場面から削られた四文字

孔明

 

延命祈祷の場面も、ずいぶん印象が違います。

祈祷は7日にわたって行われるもので、諸葛亮は夜は祈祷を行い、昼は軍務をとり、

吐血が止まなかったと書かれています。

このあと、李卓吾本には「醒而復昏(醒めて復た昏(くら)む)」とあります。

 

過労死する諸葛孔明

 

病気なのに昼も夜も寝ないで吐血をしながら軍務をとり、

しばしば昏倒しては起きてまた続きをやるという李卓吾本の描写は、

あまりにも哀切きわまるというか壮絶というか、もうやめてー!って感じですが、

毛宗崗本は「醒而復昏」の四文字を削っています。

 

孔明 耳で聞いて覚える三国志

 

これだと、祈祷をしながら日常業務をしていたけどずっと吐血が続いていたよ、という

状況の説明っぽい感じで、李卓吾本よりずいぶんマイルドです。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

毛宗崗本の編集を見ると、文脈が分かりやすくなっているだけでなく、

描写がずいぶんマイルドになっていることに気付きました。

 

孔明

 

 

諸葛亮の状態をひどく書くととても可哀相な感じになってしまうので、

「楽しみて淫せず、哀しみて(やぶ)らず(『論語』)」という匙加減(さじかげん)を狙ったのでしょうか。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

吉川英治(よしかわえいじ)さんの小説『三国志』は李卓吾本の系統の三国志物語を参照しながら

書かれたもので、秋風五丈原の項はとても哀切きわまる書き方をされており、

日本人の三国志の心象風景の原点はこちらかなという気がいたしますが、いかがでしょうか。

 

毛宗崗本のマイルド描写と李卓吾本の壮絶描写、皆様はどちらがお好きですか。

 

三国志演義のテキストは下記を参照しました。

毛宗崗本:『三国志演義』羅貫中 著 毛綸 毛宗崗 評改 山東文芸出版社 1991年12月

李卓吾本:『三国演義(新校新注本)』羅貫中 著 瀋伯俊 李燁 校注 巴蜀書社出版 1993年11月

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値

関連記事:正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る!

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 負けた魏延 魏延の死因は占い師が予言していた?魏延の最期と死因を分かりやすく…
  2. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  3. 部下をいじめる曹丕 なんか意地悪なイメージがあるけど、曹丕って実際どんな人だったの?…
  4. 周瑜と陸遜 もし夷陵の戦いで陸遜の裏切りがあったらどうなる?【if三国志】
  5. 張コウ 張郃 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…
  6. 孫策 頬 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  7. 三国志の英雄(魏 呉 蜀) 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?…
  8. 李儒と董卓 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 過労死する諸葛孔明
  2. 劉邦と劉備
  3. 織田信長
  4. 若い頃の曹操について語る袁準
  5. 光武帝(劉秀)陰麗華
  6. 孔明もコペルニクスに似ていた

おすすめ記事

  1. 【これが本当の目玉焼き】射抜かれた左目を食べた夏侯惇とは? 夏侯惇
  2. 人々の鑑になった良い宦官達 宦官たち 
  3. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた? 秦の始皇帝
  4. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子
  5. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!? 弓矢を構える李広
  6. 樊城の戦いの始まり、その原因は関羽に合ったって本当? 関羽に無視される孫権

三國志雑学

  1. 袁術と曹操と黄巾賊
  2. 蜀の外交官・鄧芝
  3. 三国志時代の牢獄
  4. 虎形棺座


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 楊端和
  2. 魏曹操と魏軍と呉軍
  3. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  4. 諸葛恪の栄光と破滅
  5. 馬岱

おすすめ記事

日射病で失神する金栗四三 いだてん 金栗四三の失敗が日本マラソンの原点となった 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか? 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる! 陸遜 「陸遜のことが大好き!」な人々がなぜこんなに多いの?最近のイケメン描写の横行を考察 【重要なお知らせ】ストライキ決行 王昭儀 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド 口うるさい徳川斉昭 藤田東湖が「せごどん」を生み出した?水戸学のカリスマの生涯

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP