よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?

この記事の所要時間: 36




諸葛孔明

 

生物には必ず寿命があり、いつかは亡くなってしまいます。

この法則は古代でも現代でも変わりません。

(しょく)を支え続けてきた丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)も過労がたたってしまい亡くなってしまいます。

諸葛亮亡き後、二人の丞相によって蜀の国は安定期に入りますが、この二人の丞相がいなければ蜀の国は滅亡していたかもしれず、蜀が滅亡していれば三国志の歴史が大きく変化していたかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう

関連記事:蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家

 

 

蜀の国を支えた二代目丞相・蔣琬と三代目・費禕

蔣琬と三代目・費禕

 

蜀は劉備が亡くなり、古参の武将である張飛(ちょうひ)関羽(かんう)趙雲(ちょうひ)などの歴戦の武将達も次々に亡くなってしまい人材不足になってしまいます。

この人材不足の状態であった蜀を支え続けたのが諸葛亮(しょかつりょう)です。

彼は人材を育成しながら国の経済を発展させ、魏・呉の二国になめられないようにするため兵力を蓄えていきます。

この結果、蜀は劉備死後から少しずつ力をつけていき、

諸葛亮は魏を討伐するべく何度も挑戦することになります。

しかし諸葛亮は蜀の国を強力な国家にするべく一人でいくつもの仕事を抱えていた事が災いして、過労によって病にかかり亡くなってしまいます。

そして諸葛亮の死後、諸葛亮が育成した人材達が活躍することなります。

特に蜀の国の安定期をもたらすことに成功し、諸葛亮の跡を継いで蜀の二代目トップとして君臨した蔣琬(しょうえい)

そして蔣琬死後三代目トップとして君臨した費禕(ひい)

この二人の丞相は諸葛亮の跡を継いだのに、諸葛亮の方針である北伐を積極的に行いませんでした。

この二人はいったいどうして諸葛亮の方針を受け継がなかったのでしょうか。

 

 

北伐を行わないで国力回復に勤しむ

費禕

 

蔣琬と費禕は諸葛亮が行ってきた北伐を積極的に行おうとはしませんでした。

そのことで蜀の国は力を回復することになるのですが、どうして二人は諸葛亮の方針である北伐を積極的に行わなかったのでしょうか。

その理由は二つあります。

一つ目は諸葛亮が行った北伐によって国力が低下を防ぐことが目的でした。

諸葛亮はうまく国力を調整しながら北伐を行ってきましたが、度重なる北伐によって蜀の国力は低下していました。

そのため蔣琬と費禕は諸葛亮が行った北伐による国力が低下した状態を回復させるため、北伐を行うことをしないで国力を回復させることに重点を置いて政治を行っていきます。

そして二つ目の理由は民衆の暴発です。

諸葛亮の北伐によって蜀は国力が低下している状態でした。

その状態で再び北伐を強硬的に行えば蜀の民衆たちの不満が爆発して各地で反乱が起きる可能性がありました。

そのため蔣琬と費禕は国力回復を行い、民衆の不満を和らげることに政治の重点を置くために北伐を行いませんでした。

そして二人が北伐を行わなかったことで蜀の国の国力は大きく回復することになるのです。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

蔣琬と費禕がいなければ蜀は滅亡していたかもそして…

モブ

 

もし諸葛亮死後、蔣琬と費禕が居なければどうなっていたのでしょうか。

レンは勝手にですがちょっと予測してみました。

諸葛亮死後蔣琬と費禕がいなければ蜀の国は10年くらいで滅亡していた可能性がかなり高いと思われます。

その理由は諸葛亮の跡を引き継ぐ人材がいない為です。

いやいや姜維(きょうい)がいるじゃないか。と思われる人がいると思います。

しかし姜維はまだ武将としても政治家としても経験値が不足しており、諸葛亮の跡を彼が継いだとしても大した事ができず、北伐ばかり行い国力を無駄に消費してしまったと思います。

姜維以外の人材ですと蜀には文官ですと董允(とういん)楊儀(ようぎ)などの人材がいますが、董允は経験値が不足しており、大局的な政策を行うことができなかったと思われます。

また楊儀に関しては(くせ)の強い性格の持ち主であったため、人望が無く諸葛亮の跡を継ぐのは難しかったと思われます。

これらの事を考えると蜀には諸葛亮の跡を継いで国を支えるような人材が乏しく、この状態の時に魏の総攻撃を受けてしまえばなすすべなく蜀が滅亡していたと思われます。

そして蜀が滅亡してしまえば三国志は蜀の領土を吸収した魏と呉の二大国家の対決へ発展することになり、超大国になった魏に呉が対抗できず、魏が三国時代を終焉へ導いていたかもしれません。

このように考えると蔣琬と費禕がいた事で三国志の時代が大きく変化したと言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

蔣琬と費禕がいなければ上記でも説明した通り、蜀の滅亡が早まり三国時代が統一される時期が早まったかもしれません。

そして三国時代の統一時期が早まれば司馬家による晋王朝が誕生しなかったかもしれません。

このように考えると蔣琬と費禕がいた事は歴史を大きく変化させることになった二人と言えるのではないのでしょうか。

 

参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀

関連記事:「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪
  2. 曹叡 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息…
  3. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  4. 諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント?
  5. 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  6. 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る…
  7. 涙なしには語れない桃園の結義
  8. 孫策に攻撃される黄祖 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺さ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. 後継者を決めた劉表

おすすめ記事

  1. 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む
  2. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る
  3. 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客
  4. 【魏延粛清作戦】捨て駒同然の扱いをされた馬岱
  5. 84話:龐統登場と同時に左遷(笑)
  6. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ? 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】 キングダム ネタバレ予想535話「急成長 イケメン蒙恬とポンコツ信」 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想! 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース11記事【9/25〜10/2】
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第23話「盗賊は二度仏を盗む」の見どころ紹介
  3. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  4. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布
  5. 【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い
  6. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?
  7. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1
  8. 【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP