キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬謖はどうして劉備時代に活躍しなかったの!?

この記事の所要時間: 216




馬謖と孔明

 

「馬氏の五常」の一人・馬謖(ばしょく)

諸葛孔明(しょかつこうめい)馬謖へ色々な事を教え込み、南蛮征伐(なんばんせいばつ)では諸葛孔明へ作戦のアドバイスを行ったりしています。

また馬謖街亭(がいてい)の戦いで魏の大軍を迎撃する大将へ任命されたりしています。

このように諸葛孔明の時代に馬謖はそれなりに活躍していました。

しかし馬謖はなぜか劉備(りゅうび)が生きていた頃には、諸葛孔明時代に比べるとあまり活躍していませんでした。

どうして馬謖は劉備が生きていた時代に活躍することができたなかったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?

関連記事:馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの?

 

 

正史三国志から見る馬謖

正史三国志から見る馬謖

 

馬謖が劉備時代に活躍しなかった理由をお伝えする前に正史三国志で馬謖がどのような人物だったのか紹介したいと思います。

馬謖は馬良(ばりょう)の弟として兄貴と一緒に劉備に従って蜀へ入ります。

馬謖は劉備時代には大きな活躍をすることはありませんでしたが、越巂郡(えっすいぐん)の太守をしたこともある人物で、正史三国志では

人並み外れた才能を持ち、軍事戦略の事を常に考え論じていたそうです。

 

正史三国志では馬謖がかなり優秀な人物であったことが伺え、諸葛孔明が馬謖に大きな期待を寄せるのも(うなず)けるのではないのでしょうか。

これだけ正史三国志で高い評価を受けていた馬謖ですが、劉備は馬謖に大きな仕事を任せることをしませんでした。

一体どうしてなのでしょうか。

 

 

劉備の評価

劉備の評価

 

劉備は馬謖をどのように評価していたのでしょうか。

正史三国志によれば劉備は亡くなる前、諸葛孔明を蜀の成都から自分が居城としている永安へ呼び寄せて色々な事を話します。

劉備は諸葛孔明と色々な事を話し合っている時、人物の評価についての話になりました。

この時、劉備は諸葛孔明へ「馬謖は言葉だけが大きくて実績が伴わないことが多い。だから馬謖に大きなことを任せてはいけない」と伝えます。

劉備はこのように馬謖を高く評価していませんでした。

劉備は馬謖が大きな失敗を犯していないにも関わらず、どうして彼の才能を高く評価しなかったのでしょうか。

はじめての三国志メモリーズ

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

黒田レンの三国志推測

黒田レンの推測

 

劉備はどうして馬謖の才能を高く評価しなかったのか。

ここからはレンの推測になるのですがお聞きください。

史実では描かれていませんが、もしかしたら馬謖が実績を伴わない進言を劉備へしたことがあったから劉備が馬謖の才能を

高く評価しなかったのではないのでしょうか。

 

そして劉備はこの時の馬謖の進言を聞いて、彼にあまり大きな仕事を任せるのはよくないと見抜いたのではないのでしょうか。

また馬謖が太守として統治していた頃、大きなことを述べていたにも関わらず、土地をうまく治めることができなかった事があったため、

劉備が馬謖の才能に期待を寄せなかったのかもしれません。

 

あくまでもこれはレンの推測ですが、劉備と馬謖の間に上記のように何かあったと考えることができるのではないのでしょうか。

そのため馬謖は劉備が生きていた頃、高く評価されず劉備時代に大きな活躍ができなかったと考えることができるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もう一つ劉備時代に馬謖が大きな活躍をすることができなかった理由があります。

それは劉備が生きていた頃、文官に優れた人材が多く存在していたことがあるかもしれません。

劉備が蜀に入った頃にはまだ馬謖の兄貴・馬良法正(ほうせい)王連(おうれん)董和(とうわ)が生きており、他にも劉巴(りゅうは)陳震(ちんしん)等多くの優秀な人材達が生きていました。

そのため馬謖の才能では劉備時代に活躍するのが難しかったのかもしれません。

しかし諸葛孔明の時代には多くの優秀な人材達が蜀の国からいなくなってしまいます。

そのため諸葛孔明は劉備に注意を受けつつも、馬謖の才能を非常に重宝するようになってしまったのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志蜀書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  2. 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソ…
  3. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?
  4. 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…
  5. 孫権の部下に三君有り!孫呉三君とはいったい誰を指すの?
  6. 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?
  7. 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  8. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変え…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  2. 天才魯粛の生涯!赤壁の勝利は魯粛無しにはあり得なかった?
  3. LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム?
  4. 篤姫の猫好きを例に江戸時代のペットの役割を考えてみよう!
  5. 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント?
  6. 大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【誕生秘話】西遊記は実話だった!?一人の僧侶の苦難の旅を記した記録から始まった 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】 【キングダム】離眼の紀彗(きすい)は、実在しない痛いキャラだった? 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯 『はじめての三国志』の楽しみ方~その1 姜維が剣閣で最期の鉄壁の守りを見せる!! どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの? 【キングダム予想】龐煖久しぶりの登場はレクイエムの序章?

おすすめ記事

  1. 三国時代の経済ってどうなってたの?
  2. 禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏
  3. もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になっていた?
  4. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物
  5. 三国志時代では戦死した遺体はどうしてたの?亡骸を運んだ霊柩車 槥
  6. 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る!
  7. 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  8. 曹丕が早死の原因は呪術?それとも病気?曹丕の死因に迫る

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP