ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蜀の黄忠と厳顔のジジコンビは活躍してたの??

黄忠 厳顔 張郃


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

黄忠

 

蜀の国の中で老人になっても活躍した人物といえば、蜀の五虎将軍の一人・黄忠(こうちゅう)が有名だと思います。

そしてもう一人・蜀の厳顔(げんがん)黄忠についで老人で戦場に赴いて活躍した有名な人物でしょう。

さてこのジジコンビ(黄忠と厳顔)は結構な歳だったはずなのに本当に戦場で活躍したのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延と黄忠は中途採用組で出世を果たした勝ち組だった!?

関連記事:関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?

 


 

三国志の時代の平均年齢は一体いくつ??

三国志の葬式

 

黄忠や厳顔の活躍を紹介する前に三国志の時代の平均年齢は一体いくつなのでしょうか。

レンの手元に三国時代の平均年齢のデータがないので、webで調べてみると情報が乗っていましたので引用させていただきます

 

さて三国志時代の平均年齢は著名な人物だと結構長生きしており、約50~70歳まで生きているそうです

とんでもなく長生きしており、現代よりも衛生環境が整っていないのにも関わらずすごいなと感心してしまいました。

ここで三国志の時代の平均年齢を紹介した所で黄忠と厳顔のジジコンビの活躍を紹介していきたいと思います。

 


 

黄忠と厳顔のジジコンビの活躍とは??

 

三国志の蜀のジジコンビ黄忠と厳顔が活躍したのでしょうか。

三国志時代の平均年齢が約50~70歳とあり、弓矢や武器を握って敵兵を撃ち殺すことなんてできたのでしょうか。

その点このジジコンビは老齢になっても戦って活躍しています。

黄忠と厳顔が活躍したのは漢中での戦いです。

三国志演義では黄忠と厳顔がコンビを組んで、魏の名将と名高い張郃(ちょうこう)夏侯尚(かこうしょう)等の将軍達を打ち破ることに成功しています。

また黄忠においては定軍山の主将・夏侯淵(かこうえん)を討ち取る大活躍もしています。

 

このように黄忠と厳顔のジジコンビは老人でありながら、武器をとって敵兵をバタバタと打ち倒して戦っていたそうです。

現代の老人達が黄忠や厳顔のように若いものを打ち倒している姿を想像するとゾッとするのはレンだけでしょうか。

 

【三国志をより深く知る】
はじめての三国志をより分かりやすく


 

黄忠においては敵陣に切り込む活躍も

夏侯淵vs黄忠

 

黄忠においては定軍山での大活躍の他にも活躍している場面があります。

それは劉備(りゅうび)が大敗北した夷陵の戦いです。

三国志演義によるとこの戦いに黄忠も参加したそうです。

 

この戦の時劉備張飛(ちょうひ)の息子・張苞(ちょうほう)関羽(かんう)の息子・関興(かんこう)を褒めたそうです。

この時劉備

「黄忠が老人でちょっと頼りないよね」

みたいなニュアンスで黄忠を馬鹿にしちまったそうなんです。

 

黄忠は劉備のこの発言で自分が馬鹿にされたと怒り、部下を率いて敵陣へ突撃。

黄忠は敵兵をバタバタと斬り殺して若者達に匹敵するほどの活躍を見せることに成功するのでした。

このように血気盛んで若者にも匹敵(ひってき)するほどの働きを見せた黄忠なのでした。


  

 

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

三国志ライター黒田レンのひとりごと

 

蜀のジジコンビはふたり揃って老いてなお血気盛んな将軍達でした。

しかし三国志には今回紹介した黄忠や厳顔の他にも老人でありながら活躍している将軍達が数多く存在します。

 

例えば蜀の廖化(りょうか)は黄忠や厳顔よりも長生きし、蜀の滅亡時まで戦い抜いて活躍した老将軍です

他にも孔明(こうめい)のライバルとして立ちふさがった司馬懿(しばい)も老いてなお魏軍を率いて前線で戦い、

見事な戦術指揮して戦いを勝利に導いた人物です。

このように三国志には色々な老将軍達が登場するので興味のある方は調べてみてはいかがでしょうか。

 

【参考文献】 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

関連記事:103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 袁術 最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの?
  2. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  3. 呂布の裏切りについて考察してみた
  4. 曹操 女性の敵? 鄒氏 【宛城の戦い】背後にあった女性(鄒氏)の謎と想像の考察
  5. 本当は蜀と同名を結びたい孫権 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  6. 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち…
  7. 劉焉 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  8. ボロボロになった馬超 馬超の活躍は蜀に来るまでがピーク?晩年の錦馬超の抱えていた悩み

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 爽やかな荀彧
  2. 曹丕
  3. 袁紹VS公孫瓚
  4. 陳勝・呉広
  5. 皇帝に就任した曹丕
  6. 泣く子も張遼
  7. 劉雄鳴は三国志の仙人
  8. 孟嘗君

おすすめ記事

  1. 沖田総司とはどんな人?本当にイケメンで彼女はいたの? 沖田総司 幕末
  2. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析 張飛が使う蛇矛
  3. 武田二十四将とはどんな人?武田信玄の武将たちを紹介 武田二十四将(馬場信春)をメイン
  4. 月刊はじめての三国志2019年7月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 公孫瓚
  5. 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの? 解煩督 呉
  6. 于禁はどこで自分の土下座画を見たのか? 于禁を虐める曹丕

三國志雑学

  1. 後宮にいる美女の階級事情
  2. 司馬懿と曹操
  3. 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く
  4. 影の薄い孫権


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. かぼちゃと孫権
  2. パワハラをする張飛
  3. キングダム52巻
  4. 水魚の交わり
  5. 朝まで三国志2017表情 kawausoさん04 哀
  6. 李元昊

おすすめ記事

手作り賈詡のお面を作っていただきました。 BOOK☆WALKERにて『#君主論』の販売を開始しました。 織田信長 織田信長の功績はつまるところ何なの?信長の3つの功績を紹介 関羽を油断させる陸遜 荊州奪還戦!実質的に関羽の首を取ったのは呂蒙ではなく陸遜だった? 超爽快シミュレーションRPG「三国志CROSS」の後半イベント『帝ちんの宝貝ザクザク祭』がスタート 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった シリア 関羽 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ 李牧 【キングダム】李牧の最後の死にザマは悲惨で救いがないって本当?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP