103話:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!

三国志 月

 

漢中に逃げ戻った張郃(ちょうこう)は、曹洪(そうこう)に激怒されます。

しかし、今、張郃を斬った所で士気が下がるだけですので、

曹洪は、再度チャンスを与えて張郃に葭萌関を攻略するように命じます。

 

葭萌関(かぼうかん)は、孟達(もうたつ)が守っていましたが、

張郃の武勇の前に蹴散らされほうほうの体で、葭萌関に籠城しました。

 

孟達:「張郃が撃ってでました大ピンチです!援軍を送ってください」

 

孟達の援軍要請を受けた孔明(こうめい)は葭萌関に

黄忠(こうちゅう)と厳顔(げんがん)の老将コンビを派遣する事に決めました。

 

前回記事:102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る

[adsense]

 

老将コンビを派遣され落胆する孟達

英雄 雷

 

ところが、孟達達は、やってきた黄忠と厳顔を見て落胆の色を隠しませんでした。

 

孟達:「なんだよ、援軍というから期待したのにジジイが二人か」

 

それを聞いて、黄忠と厳顔は憤慨します、、

 

黄忠:「お前達!年寄りだからと馬鹿にしおったな!!

いいだろう明日は目にもの見せてくれるわ!」

[adsense]

 

黄忠と厳顔の老将コンビは張郃をフルボッコ

黄忠 厳顔 張郃

 

黄忠と厳顔は、翌日、張郃の軍勢に二手に分かれて突撃し、

張郃を散々に撃ち破りました。

 

孟達は、「どうだ顔」をする黄忠と厳顔に

ただ、ひたすら頭を下げるしかありませんでした。

 

衝撃記事:キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば黄忠

 

老将コンビを派遣したのは孔明の策略だった

孔明 軍師

 

実は、これは孔明の策略でした、、年寄り扱いされると、

激怒する黄忠と厳顔の性格を巧みに利用して発奮させたのです。

 

再び、漢中に逃げ帰った張郃を今度こそ曹洪は追放しようとします。

 

曹洪は何で張郃を許したの?

孔明 司馬懿 役職

 

ですが、今、追放したら劉備(りゅうび)に降るだけですと、

配下の将が止めるので、曹洪は、ガマンして、張郃を許し、

交代して夏候尚(かこう・しょう)と韓浩(かんこう)を指名して再び、

葭萌関を攻撃させる事にしました。

 

ここで出て来る韓浩とは、長沙の太守だった韓玄(かんげん)の弟で、

彼は兄の仇である黄忠を討つべく出てきたのです。

 

夏候尚・韓浩 対 黄忠・厳顔

雷 三国志

 

韓浩、夏候尚がやってくると、厳顔は、黄忠に言いました。

 

厳顔:「黄忠殿、、魏は、近くの山に食糧を置いております、、

ここは、負けたフリをして、敵を葭萌関におびき寄せ、

そこで、一網打尽にしましょうぞ」

 

黄忠:「おお!厳顔殿、それはよい、老いぼれを演じて欺いてやりましょう」

 

黄忠と厳顔は、それまでの元気はどこへやらで、

少し戦うと、退却して引き上げるという事を繰り返します。

 

夏候尚:「なんだ、、黄忠、厳顔は勇将と聞いていたが、、

戦えば、直ぐ逃げる老いぼれではないか、、

張郃殿も、よく、こんな老いぼれに破れたものよ」

 

夏候尚と韓浩は調子に乗って、深追いを繰り返します。

そうして、魏軍は葭萌関に接近していました。

 

黄忠と厳顔は、いい所なしで命からがら、

葭萌関に逃げこんで門を閉じてしまいました。

 

夏候尚:「はっ!老いぼれどもめ、口ほどにもない、あすには総攻撃ぞ」

夏候尚と韓浩は大笑いして、その日は宴会して眠りにつきました。

 

黄忠と厳顔が先手を打つ

黄忠イラスト0005 kiki

 

そして、夜中、黄忠と厳顔は、手勢を率いて魏軍に突撃しました。

 

突然の奇襲に夏候尚も韓浩は飛び起きましたが、

もう、大半の兵は、蜀軍に追い散らされて逃げていました。

 

黄忠:「どうだ?若造共、ワシたちの老いぼれた演技は上手かったか?」

 

黄忠と厳顔の鬼のような形相に、夏候尚も韓浩も凍りつき、

取るものも取りあえず、逃げのびるのが精一杯でした。

 

厳顔は、その隙に魏軍が放り出した食糧を山から回収します。

敵を撃ち破り、大量の物資も手に入れた大勝利です。

 

黄忠は更に魏軍に挑んでいく

e28c6576e9f022d7d5756bdd2b35de5e_m

 

さらに、黄忠は天蕩山(てんとうざん)に10万の兵力で

陣取る夏候徳の陣に攻め上ります、この夏候徳とは夏候尚の兄弟です。

 

ここは魏軍の大食糧庫であり、逃げた夏候尚も韓浩もここで

兵を借りて、再び黄忠に襲いかかります。

 

黄忠に、韓浩が「兄の仇!」とばかりに襲いかかりますが、

たった一撃で、黄忠に斬られてしまいます。

 

さらに、天蕩山は、山のあちこちから火の手があがりました。

これは、別行動を取っていた厳顔が火を放ったものでした。

 

厳顔、あっさり夏候徳を討ち取る

野心家 ロウソク

 

夏候徳は、応戦しますが、厳顔にあっさり討たれてしまいます。

大将を失った天蕩山の魏軍は総崩れになり、敗走しました。

 

蜀軍は、10万人分の食糧を手に入れる大勝利を得ました。

 

老将コンビ、黄忠・厳顔の大活躍でした。

 

お年寄りだからって馬鹿にしてはいけません。

 

次回記事:104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

[adsense]

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 最弱武将と対峙する張飛
  2. 太史慈
  3. 曹休
  4. 曹丕

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP