三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮の幼い日はどんなだった?

諸葛瑾と幼い頃の孔明




諸葛瑾と諸葛孔明

 

諸葛亮(しょかつりょう)字は孔明(こうめい)

蜀の軍師・政治家として名高い人物です。

しかし、彼が劉備に出会うまでの話については、あまり知られていません。

そこで今回は劉備に出会う前の諸葛亮についての話をします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志 Three Kingdomsの諸葛亮がいじわるすぎる!

関連記事:科挙の参考書に載った諸葛亮のヘタうま名文

 

 

諸県の葛氏

諸県の葛氏

 

歴史書『三国志』によると、諸葛亮琅邪(ろうや)陽都(ようと)県のを本籍地にしていることが分かります。

琅邪郡陽都県は現在の山東省沂南(ぎなん)県です。

実は諸葛亮の先祖は最初から「諸葛」という姓ではありませんでした。

「諸葛」姓の誕生の説は2つ存在します。

 

(1)諸県(現在の山東省)出身の「葛」という姓の人が陽都県に移住したところ、たくさんの「葛」姓の人がいたので、

「諸県の葛氏」=諸葛と改姓した。

(2)秦末の農民反乱で功績を立てた葛嬰(かつえい)の孫が、前漢(前202年~後8年)の初めに諸県に封建されたことから諸葛と改姓した。

 

2つのうちどれが本当かは分かりませんが、共通しているのは先祖が諸県に移住していたことです。

 

諸葛亮の家族は父の諸葛珪(しょかつけい)・兄の諸葛瑾(しょかつきん)・弟の諸葛均、叔父の諸葛玄、さらに継母と姉が2人です。

実母は記録の中に出てこないところから、諸葛亮を生んですぐに亡くなったのかもしれません。

 

 

1回目の逃亡 徐州の大虐殺

三国志のモブ 反乱

 

諸葛亮の父の諸葛珪は太山の副知事にまでなりました。

しかし、諸葛亮が幼い時に病気で亡くなりました。

家の主は自然に長男の諸葛瑾に移りました。

けれども、諸葛瑾は20歳程度の若者であるため経済基盤がありませんでした。

そこで諸葛亮と諸葛均、さらに彼の2人の姉は叔父の諸葛玄の任地である豫章(よしょう)(現在の江西省南昌市)に行きました。

一方、諸葛瑾は継母を連れて江南に逃れました。

歴史書『三国志』によると諸葛瑾が江南に行った理由は「戦乱から逃れる」ということでした。

時期や具体的な理由がはっきりしないので戦乱というのが何か分かりません。

ですが、諸葛亮の出身地の琅邪郡から考えられる戦乱というのは1つだけあります。

曹操(そうそう)による徐州の大虐殺です。

徐州の大虐殺は初平4年(193年)に曹操の父の曹嵩(そうすう)が、徐州の知事の陶謙(とうけん)の部下に殺されたので、曹操が報復を口実に領内に攻め込んだ事件です。

この事件でたくさんの民が殺されたのは有名な話です。

こうして見ると、諸葛亮一家が逃げた理由として考えてもよさそうです。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

2回目の逃亡 豫章を追われて荊州へ

豫章を追われて荊州へ逃亡する諸葛亮

 

さて、どうにか叔父の諸葛玄の任地である豫章に身を寄せた諸葛亮でした。

ところが、それもつかの間でした。

間もなく朝廷から朱皓(しゅこう)という人物が派遣されました。

朱皓は諸葛玄が任命されている豫章太守の交代を命令しました。

実は諸葛玄は、朝廷から正式に派遣された豫章太守ではありませんでした。

この時期は袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)が天下を争っていた時代であり、彼らが朝廷を無視して勝手に決めた太守を派遣することが多かったのです。

諸葛玄は袁術から派遣された偽の豫章太守でした。

結局諸葛玄は、豫章太守の座を朱皓に渡した後に、仲の良い荊州の劉表のもとに身を寄せました。

諸葛亮も叔父に従いました。

なお、叔父の諸葛玄は別の史料では悲惨な最期を遂げたことになっています。

 

(1)朱皓と揚州の長官の劉繇(りゅうよう)が結託して諸葛玄を攻撃。

諸葛玄は敗北して、現地住民により殺される。

 

(2)劉繇と朱皓は協力して諸葛玄を攻撃して敗走させる。

ところが劉繇が援軍として寄越した人物が朱皓を殺して仲間内の争いになる。

最終的に再び、朝廷が介入して収束する。諸葛玄の消息は不明となる。

 

以上が歴史書『三国志』に記されている異説であり、小説『三国志演義』も(1)を採用しています。

だが、史料として説得力に欠けているようです。

やはり諸葛玄は普通に明け渡して、劉表のいる荊州に向かったと考えるのが普通でしょう。

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃の独り言

 

諸葛亮は荊州に到着した後は、劉備と出会うまで戦乱に巻き込まれることはありません。

だけど、劉備と出会ってからまた逃げることになるのです。

3回目は民を連れて曹操軍から逃げた逃避行です。

しかし、それはまた別の話にします。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

 

関連記事:諸葛亮の末裔たちの村がある!諸葛八卦村と諸葛亮の子孫についてご紹介

関連記事:【諸葛亮vs司馬懿】ピンチを切り抜けたのは空城の計!

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  




 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介
  2. 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定…
  3. 過労死する諸葛孔明 諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?
  4. 龐統 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運…
  5. 王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか
  6. 劉備を警戒する陳羣 【徹底追及】劉備はどうしてあんないい加減な性格なのか?
  7. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認…
  8. 結婚を喜ぶ孫策 孫策は小喬を手に入れるためにとんでもない行動を起こした!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呂蒙が病気になり心配する孫権
  2. 朱然
  3. 劉備 ゆるキャラ

おすすめ記事

  1. 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!?
  2. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  3. 【1年3ヶ月ぶり】宇治一世 氏の朗読作品「耳で聞いて覚える三国志」の再開お知らせ
  4. 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ
  5. キングダム588話ネタバレ雑学「王賁の槍術って本当に存在するの?」 キングダム53巻
  6. 桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい 桂小五郎(木戸孝允)

三國志雑学

  1. 玉璽
  2. 三国志大学で勉強する公孫瓚
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 黄金ジェット、黄金スペースシャトル
  2. 曹操から逃げ回る劉備
  3. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟

おすすめ記事

占いをする卑弥呼(鬼道) 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【完結編】 丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい! なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 西郷隆盛の征韓論とはどんなもの? 【ネオ三国志】第2話:蒼天航路の曹操と魏武の強 石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP