コメント機能リリース
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操は漢の忠臣?それとも奸臣?

魏の曹操孟徳




魏の曹操孟徳

 

「治世の能臣(のうしん)、乱世の姦雄(かんゆう)

これは正史三国志武帝紀の注釈に引用されている『異同雑語(いどうざつご)』で、人物鑑定家の許劭(きょしょう)曹操(そうそう)に与えたとされる評です。

一方、後漢書の許劭伝では、許劭曹操に与えた評は「清平の姦賊、乱世の英雄」となっています。

意味が真逆になっておりますね……。

いずれにしても、なんとなく油断のならない人のように言われがちな曹操

本日は、その曹操が漢王室にとっての忠臣だったのか奸臣だったのかを考えてみます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?

関連記事:曹操が三国一の大国・魏を作ることができた秘訣はヨイショだった

 

 

三国志演義のおさらい

 

漢王朝が衰退期にあった頃、曹操や劉備(りゅうび)孫堅(そんけん)親子のような群雄たちが力を持ち始め、やがて魏・(しょく)()の三国が鼎立するようになったという三国志

三国志演義の中では、曹操は漢王室をないがしろにした奸臣として描かれています。

なぜなら、三国志演義劉備の蜀びいきで書かれているからです。

蜀びいきである以上、蜀の敵である魏の礎を築いた曹操は悪いやつでなければならないからです。

 

三国志演義が蜀びいきであるのは、三国志より後の時代、漢民族が北方の異民族による圧迫を受けていた頃に三国志演義が形成されたためです。

三国志は漢王室の血統につらなる劉備が北の強大な魏と対峙する構図ですので、北方異民族に悩まされている人なら劉備の蜀を応援したくなるのが人情

です。

このため、曹操が忠臣であったか奸臣であったかを考える際に、三国志演義に描かれている悪役の人物像は参考になりません。

 

 

正史三国志では

 

正史三国志を見ても、曹操が忠臣かどうかは分かりません。

混沌とした情勢の中であれこれ頑張っている姿が見えるだけで、それが漢のためなのか天下のためなのか自分のためなのかは分かりません。

霊帝を廃位しようとする人たちがいた時に、一緒にやろうと誘われたのを断っていますから、帝室のことを臣下がどうこうするのはよくないことだとは

考えていたかもしれません。

もっとも、それも、成功の見込みが少なくリスクが大きいと判断して保身のために断っただけかもしれません。

一つ確かなことは、袁術(えんじゅつ)が自ら皇帝を称したり、袁紹(えんしょう)が自分の押しの人物を皇帝にまつりあげようとしたりしていたような、漢の皇帝の権威が失墜

した状況の中で、曹操は漢の皇帝を自分の勢力の中に迎え入れて保護し、皇帝を上に戴いていたということです。

これだけ見ると、忠臣なんじゃないかな、というふうに見えますね。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

帝位簒奪を断る

 

武帝紀の注釈に引用されている『魏氏春秋』によれば、夏侯惇(かこうとん)は曹操に次のように言っています。

「天下の者はみな漢王室の命運がすでに尽きていることを知っており、王朝交替がおこると分かっています。

いにしえより、民の害を除き民を帰服させうる者が民の主となるのです。

いま殿下は三十年あまりを征戦に過ごし、その功と徳は広く知れ渡っており、天下の人々は殿下に帰しております。

天に応じて民に従うことをなぜためらうのですか」

これに対し、曹操はこう答えています。

「有政に施す、これまた政をなすなり(『論語』為政(いせい))。もし天命が我にあるならば、私は周の文王になろう」

周の文王は、殷王朝の末期に天下の人心を得ながらも、最後まで殷の臣としての立場を貫いた人です。

周の文王になろうと言ったということは、やっぱり忠臣ですかね? ……否! 否ですぞ!

 

言葉のはしばしに見える曹操の野心

 

周の文王は、自分は終生 殷に仕えましたが、息子が殷を放伐して王朝交替をなしています。

曹操が「私は周の文王になろう」と言ったのは、「息子を皇帝にしてやってくれ」という意味では?

この言葉だけでは曹操の野心を証明する材料が少ないでしょうか。

他にも材料があります。

正史三国志荀彧(じゅんいく)伝には、曹操が荀彧を得た時に「我が子房(しぼう)だ」と喜んだとあります。

子房は、漢王朝の創始者である劉邦(りゅうほう)を補佐したブレーンの張良(ちょうりょう)のあざなです。

荀彧張良に喩えるということは、曹操は劉邦ということになります。

この一言から、曹操がいずれ漢王朝の次の新しい王朝の創始者になろうという志を知ることができます。

まだあります。

正史三国志張郃(ちょうこう)伝には、曹操が張郃を得た時に「微子(びし)(いん)を去り、韓信(かんしん)が漢に帰服したようなもの」と喜んだとあります。

微子は滅び行く殷を去り新しい王朝の周に降伏した人、韓信項羽(こうう)を見限り漢王朝の創始者である劉邦に鞍替えした人です。

曹操、自分が新しい王朝の創始者になる気まんまんです!

若い頃には自分を劉邦にたとえていましたが、年をとってから、どうやら自分の代で王朝交替を成し遂げるのは難しいと判断して、

自分は周の文王になり息子を武王にと考え始めたのではないでしょうか。

こりゃあやっぱり奸臣ですな。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

 

曹操は若い頃からあからさまな比喩を用いながら「俺は新しい王朝の創始者になる男だ!」って吹聴していたんですね。

で、それに我慢できる人はついてきたけど、我慢ならない人は禰衡(でいこう)みたいに「ボクは発狂したので曹操サマには会いに行けません。ウヒョ!」という

態度をとるしかなかったのではないでしょうか。

曹操はいつも自分の野心をほのめかしながら行動し、誰が敵で誰が味方かをあぶり出していたのでしょう。

人物評としては、「乱世の姦雄」が当たっていると思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる

関連記事:そんな!諸葛亮は曹操を目指していた?似てる二人を解説

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 天下三分の計 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…
  2. 司馬昭 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?
  3. 道具を輸送する民人 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!
  4. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  5. 司馬師 衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!
  6. 楽進 楽進はチビだけどスゴイヤツ背が低いのは不利じゃない!
  7. 徐庶 【徐庶ママ酷すぎ】息子の評価が軽くグレるレベル
  8. 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国志 象兵
  2. 出世した韓遂
  3. 顔良と文醜
  4. 城 銅雀台
  5. 荀彧に手紙を送る衛覬(えいき)

おすすめ記事

  1. 【明治の民主化運動】自由民権運動とはどんな運動? 幕末 帝国議会
  2. 【潼関の戦い】関中軍閥にはどんな人がいたのか? 梁興と馬騰
  3. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】 出世した韓遂
  4. 第7話:袁術くん「アファメーション」で願いを叶える方法を学ぶ
  5. 【みんなが知らない諸葛孔明】戦率99%!撤退戦では無敗だった!? 悪い顔をしている諸葛亮孔明
  6. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの? 劉備と呂布

三國志雑学

  1. キレる劉備になだめる黄権
  2. 劉備
  3. 君主論24 曹操
  4. 龐統


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鼻をほじりながら無関心な織田信長
  2. 三国志の地図
  3. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 馬岱

おすすめ記事

諸葛亮孔明とはどんな人物なの?三国志初心者に分かりやすく解説 姜維、孔明 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった! 呂布と劉備 【呂布の心に響いた名言】その肉を飽かしむべし。飽かざれば人を咬まんとす 司馬懿と魏延 【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説 馬騰 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎 廃藩置県とは?中央集権国家を目指した改革を分かりやすく解説 毛沢東(もうたくとう) 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP