三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

南北宋

【岳飛】現存している出師の表の執筆者は諸葛亮ではなく岳飛だった

岳飛(南宋の軍人)




孔明による出師の表

 

現在、成都(四川省成都市)には武侯祠(ぶこうし)という祠があります。

三国時代(220年~280年)の蜀(221年~263年)の政治家の諸葛亮(しょかつりょう)を祀っていることで有名です。

武侯祀には〝出師の表(すいしのひょう)〟というものがあります。

 

これは諸葛亮が建興5年(227年)に魏(220年~265年)を北伐する時に、君主の劉禅(りゅうぜん)に奉った文書です。

諸葛亮の忠義心が表れた文書として知られており、戦前の日本ではこの文書を読んで泣かない者は〝不忠者〟のレッテルをはられたようです。

筆者は読んでも泣けないので〝不忠者〟〝非国民〟のようです。

 

『は〇しのゲン』で例えるのなら、町内会長から白い目で見られる存在です。

 

話がすごく逸脱したので戻ります。

さて、現存している出師の表は諸葛亮の直筆ではありません。

執筆したのは全くの別人だったのです。

では一体どこの誰なのでしょうか。

 

関連記事:【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1

関連記事:【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 Part.1

 

 

執筆者は岳飛

岳飛(南宋の軍人)

 

武侯祠の出師の表の執筆者は南宋(1127年~1279年)の人です。

そんなに後年の人物なのかとびっくりされるかもしれませんが、それが事実です。

執筆したのは岳飛(がくひ)という南宋の武人です。

 

世界史の教科書でご存知の読者もいるかもしれませんが、知らない人もいるので、ざっくりと解説します。

岳飛は一平卒から全軍を指揮する将軍にまで成りあがった人物です。

日本で例えるなら、豊臣秀吉です。

 

岳飛が生きていた南宋初期は、北方の金(1115年~1234年)という国と戦争が続いていました。

南宋朝廷では主戦派と講和派で争いになっていました。

岳飛は主戦派の筆頭の人物でした。

 

しかし、朝廷では皇帝の高宗(こうそう)や宰相の秦檜(しんかい)を筆頭に講和派が多数を占めていました。

結局、講和派が勝利して岳飛は講和の邪魔になるとみなされて殺されました。

この悲劇と死ぬまで主戦派であったことから、岳飛は中国史上最大の英雄と称賛されています。

 

現存している出師の表は、紹興8年(1138年)に岳飛が武侯祠を参拝した時に執筆したようです。

 

 

識字能力のある将軍

 

岳飛は上記の内容から分かるように、武人にしては珍しく識字能力を持っていました。

「えっ?」と思うかもしれませんが、本当の話です。

 

中国の武人は識字能力無しが〝当たり前〟でした。

具体的な例を出せば、三国時代の蜀の武人の王平(おうへい)が識字能力が無かったことで有名でした。

 

岳飛のようなタイプが異質だったのです。

もちろん、岳飛以外にも識字能力のある武人も数えればたくさんいますが、今回は関係無いので話しません。

 

ところで1つの問題が生じます。

誰が岳飛に識字能力を培わせたのでしょうか。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

岳飛の家庭教師

 

岳飛の家庭教師は周侗(しゅうとう)という人物です。

岳飛は周侗から教えを受けたようですが、残されている史料からは弓や弩の話ばかりであり、学問の話はでてきません。

学問は独学のように執筆されています。

 

しかし、これは岳飛を天才のように描くための誇張表現の可能性が高いです。

1人で学んだとは考えられません。

そこでもう少し調べてみました。

 

すると清代(1644年~1911年)に執筆された『説岳全伝』という小説では周侗が学問・武術という家庭教師という扱いになっていました。

『説岳全伝』によると、次のような話になっています。

 

幼少期の岳飛にほれこむ

 

妻・子ども・弟子も失った周侗は王家村に行きました。

村長の王明(おうめい)は息子の王貴(おうき)やその悪友たちに手を焼いていた。

王貴は正史では岳飛を裏切る部下ですが、『説岳全伝』では義兄弟という扱いになっています。

 

周侗は王貴たちの根性を叩きな直そうと言って引き受けました。

スパルタ教育の結果、王貴と悪友たちは真面目になりました。

 

そんなある日、周侗が留守の間に小テストをさせられていた王貴は、偶然来ていた岳飛に小テストを押し付けました。

従来(?)、頭が良かった岳飛は全ての小テストを仕上げると帰りました。

 

用事を済ませて戻って来た周侗は、小テストを見るが、王貴たちが書いたとは思えない内容だったので問い詰めました。

すると、王貴たちは白状します。

 

一方、呼び出された岳飛は叱られると思ったが逆に周侗からほめられて、「今日からここで学びなさい」と言われました。

岳飛は周侗に莫大な感謝をしたという話でした。

 

宋代史ライター 晃の独り言

晃(あきら)akira

 

もちろん『説岳全伝』の話を筆者は全面的には受け取りません。

『説岳全伝』はかなり、荒唐無稽な小説だからです。

ただし、モチーフとする以上、周侗が岳飛の学問の師であったと考えてもよいのではないのでしょうか。

だから、あのような出師の表が執筆できたのではないでしょうか。

 

関連記事:【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!!

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 落書きをする宋江(水滸伝の主人公) 宋江ってどんな人?水滸伝の主人公であり中途半端ヤ〇ザの微妙な最期…
  2. 岳飛(南宋の軍人) 岳飛とはどんな人?実は和平を邪魔した将軍だった
  3. 岳飛(南宋の軍人) 【岳飛故事とは】岳飛の背中の入れ墨や名前の由来を解説
  4. 徽宗は北宋の第8代皇帝 【北宋】徽宗皇帝ってどんな人?Mrノープラン国を滅ぼした第8代皇…
  5. 趙匡胤は北宋の初代皇帝 趙匡胤ってどんな人?豊臣秀吉のように民衆に愛された皇帝
  6. 宋銭 お金と紙幣 宋銭はどんな風に使われていたの?突入、消費経済時代へ!
  7. 【保存版】岳飛を映画化したオススメ作品5選
  8. 水滸伝って何? 書類や本 宋代の文学作品『宋名臣言行録』とは?分かりやすく解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 岳飛(南宋の軍人)

おすすめ記事

  1. 第5話:三国夢幻演義 龍の少年「別離の日」配信中
  2. 【お知らせ】はじめての三国志の運営スタッフの裏側
  3. 典韋は「悪来」って曹操に呼ばれたけど褒め言葉なの? 典韋にボコボコにされる成廉
  4. 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男
  5. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬兵器
  6. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿臣

三國志雑学

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  3. 騎馬兵にあこがれる歩兵
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 政(始皇帝)
  2. 大和朝廷を建国したカムヤマト
  3. 曹操と夏侯惇

おすすめ記事

とっても地味な孫権の息子達7名を一挙紹介 【忠誠心はどっちが上】太史慈と趙雲を今夜比べてみた!? 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック 漢王朝成立の歴史を美麗に描く!おすすめの映画3本をご紹介 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜ってどんな人!?評価が定まらない最後の将軍 関羽と周倉 ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP