広告

荊州奪還戦!実質的に関羽の首を取ったのは呂蒙ではなく陸遜だった?

2019年2月10日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

敗れる関羽雲長

 

関羽(かんう)を捕らえたのは呂蒙(りょもう)であるということは『三国志(さんごくし)』ファンの多くが知る事実です。特に『三国志演義(さんごくしえんぎ)』に基づいた作品から『三国志』ファンになった人には関羽ファンが多いので、関羽を捕らえた呂蒙のことが忌々しくてたまらないという人もいるのではないでしょうか。

 

ヒゲ袋にヒゲを大切に保管する関羽

 

 

しかし、実は呂蒙の力だけでは武神・関羽を捕らえることはできませんでした。呂蒙が関羽を捕らえられたのは、後に夷陵の戦い(いりょうのたたかい)で蜀軍を壊滅させる陸遜(りくそん)の力があったからなのです。

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



呂蒙、荊州奪還戦の最中に病気に(?)

呂蒙が病気になり心配する孫権

 

呉と蜀は赤壁の戦い以来同盟関係にあり、呉はその当時自分の領土を持っていなかった蜀に荊州を貸してあげていました。しかし、蜀は自分の領土をゲットしても呉に荊州を返してくれません。それどころか、武神・関羽を荊州(けいしゅう)に配置して威圧してくる始末。この状況に呉はとてもヤキモキしていました。

 

しかし、「このままではアカン!」と呂蒙が立ち上がります。その頃関羽は魏の曹仁(そうじん)が守る樊城(はんじょう)攻めに夢中で、呉に対する備えがおざなりになっていました。このことに目を付けた呂蒙は孫権(そんけん)に次のような内容の手紙を送りました。

 

「関羽は樊城を攻めていますが、荊州に多くの兵を留めています。おそらく私呂蒙が留守を狙っていると警戒しているからでしょう。私は最近病気がちなので治療をするために建業に帰るということにしようと思います。関羽がこれを聞けば、おそらく荊州の兵を襄陽に差し向けるでしょう。大軍を川に浮かべて日夜走らせ、空になった荊州を襲えば、南郡を下して関羽を捕らえることができます。」

 

この手紙を読んだ孫権はさっそく「呂蒙は病気になっちゃったから(棒)」と触れ回り、呂蒙を前線から撤退させました。呂蒙の思惑通り関羽はすっかりそれを信じ、荊州に置いていた兵のほとんどを魏との戦に投入してしまったのでした。

 

 

 

呂蒙の代わりに誰が指揮を執る?

呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜

 

「敵を騙すにはまず味方から」という言葉もあるからか、味方である陸遜も呂蒙の病気をすっかり信じていました。そのため、呂蒙が建業に戻る際、陸遜はすぐにお見舞いに駆け付けました。このとき、呂蒙は代理の武将を誰にしようか悩んでいたのですが、ちょうど駆けつけてきた陸遜が適任だと考えます。それは、陸遜が有能な武将であるのにもかかわらず、まだ関羽にその存在を知られていなかったからです。

 

関羽

 

 

陸遜、関羽を油断させるためにお手紙を送る

関羽に手紙を送る陸遜

 

陸遜は呂蒙の代わりに任地に赴き、さっそく関羽に手紙を送りました。その内容は大変恭しいもので、「いやぁ、ご高名な関羽様の隣に配置されるなんて、本当に恐れ多いことです。」といった関羽へのゴマすり全開のものでした。この手紙を読んだ関羽はすっかり気を良くしたようで、「呉はもう俺にビビって完全に荊州を諦めたようだな」と完全に勘違いしてしまいました。

 

陸遜特集

 

 

 

関羽が樊城を攻めている間に荊州を奪還

関羽を討ち取る陸遜

 

陸遜は関羽が油断しているさまをすぐに孫権に報告し、「今なら関羽を捕らえる」と進言します。これを受けて孫権はすぐに呂蒙と陸遜を先鋒として派遣しました。呂蒙と陸遜は商人のふりをして進軍を続け、南郡に攻撃を仕掛けてあっさりゲット。関羽が留守にしているうちに関羽軍の家族を保護するなどの善政を敷いて荊州を完全に乗っ取ることに成功します。帰る場所を失った関羽は激しい抵抗を見せたものの、ついに息子・関平とともに捕らえられてしまったのでした。

 

関帝廟

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライター chopsticks

 

その後関羽は首をはねられ、呂蒙は関羽を捕らえて荊州奪還を果たしたということで孫権からこの上ない称賛と恩賞を与えられます。しかし、今度は本当に病にかかって程なく亡くなってしまいました。このことについては「関羽の呪いではないか…?」とまことしやかに囁かれていますが、もし関羽が呂蒙を呪うならば、陸遜も一緒に呪うべきなのではないでしょうか。陸遜が出てこなければ関羽もあそこまで油断をすることは無く、荊州を乗っ取られることはなかったはずですからね。

 

関連記事:陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実

関連記事:もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?

 

濡須口の戦い特集バナー

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
chopsticks

chopsticks

清朝考証学を勉強中。 銭大昕の史学考証が専門。 片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。 好きな歴史人物: 諸葛亮、陶淵明、銭大昕 何か一言: 皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

-陸遜
-, ,