ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

もし徐庶が劉備軍に留まっていたら法正と北伐を行った【if三国志】

法正


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

徐庶と出会う劉備

 

徐庶(じょしょ)劉備(ふりがな)荊州(けいしゅう
)
にとどまっていた頃、一度だけ配下として加わっていた時期がありました。しかし徐庶劉備が荊州から去った時、劉備に従わないで、曹操(そうそう)の配下となり、その後劉備の配下に戻ることはありませんでした。

 

上記は正史三国志でも紹介されていますが、もし徐庶が劉備の配下のままでいればどうなったのでしょうか。今回は黒田レンの妄想モード全開で三国志のIFストーリーをお送りしたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由

関連記事:【徐庶ママ酷すぎ】息子の評価が軽くグレるレベル

 


 

史実の徐庶はどうして劉備から離れたのか。

徐庶をゲットする曹操

 

黒田レンの妄想ワールドを語る前にどうして徐庶が劉備の元を離れなくてはならなかったのか。この原因について紹介したい思います。

それは徐庶の母親が曹操軍の捕虜になってしまったためです。徐庶の母親は劉備達が曹操軍の追撃を逃れる逃避行についてきていました。

 

しかし長坂の戦いで徐庶の母親は曹操軍の捕虜になってしまいます。徐庶は母親が曹操軍の捕虜になっていることを知り、母親を助けるために劉備の元を離れていく決意をし、その後曹操の配下となってしまうのです。

 

上記の理由から徐庶は劉備の元を離れていくことになりますが、今回は徐庶の母親が曹操軍の捕虜にならない世界で、劉備の家臣のままでいる徐庶に妄想を膨らませたいと思います。

 


 

徐庶がいれば蜀で龐統が死ぬこともなかった!?

龐統と的盧

 

もし徐庶が劉備の家臣のままでいれば、龐統(ほうとう)が死ぬことはなかったと思います。なぜ徐庶がいれば、龐統が亡くならずに済んだのか。

 

それは龐統が亡くなった原因である蜀攻略戦に彼を連れて行かず、蜀攻略戦には徐庶を軍師として連れて行くことになるからです。なぜならば徐庶の方が龐統よりも知名度が低く、劉璋を油断させることができるからです。そのため劉備は徐庶と一緒に蜀攻略を進めていくことになるでしょう。

 

劉備は蜀を攻略した後、諸葛孔明(しょかつこうめい)を蜀に呼んで、龐統には関羽(かんう)と一緒に荊州の守備を任せることになります。

 

北伐の真実に迫る

北伐


 

劉備軍北伐開始

蜀の劉備

 

劉備は蜀攻略後、史実と一緒で漢中攻略に赴いたはずです。この時の劉備軍の軍師は徐庶と法正(ほうせい)のダブル軍師で漢中攻略を行います。その後劉備軍は荊州を守っている関羽・龐統ペアと連動して北伐を開始。劉備は曹魏そうぎ)を討伐する北伐戦を開始知る前に徐庶を孫権(そんけん)へ派遣して、荊州問題を解決させる手はずを整え、孫権との同盟を強固な物にするはずです。

 

このように孫権へ手を打てば、史実でおきた孫権の裏切りはかなり少ない可能性になったはずです。そして孫権が裏切らない状況を作り出すことができれば、孫権が荊州へ攻撃しないで、曹操軍を討伐するために軍勢を北上していくことになったでしょう。


  

 

 

曹操軍はどう動く

曹操と劉備

 

さて対する曹操軍です。劉備率いる蜀軍が長安へ向けて進軍し、関羽率いる荊州軍が曹魏の北荊州へ攻撃。そして孫権率いる軍勢が合肥へ向けて出陣。

こうなった場合曹操はどうするのでしょうか。レンが考えるパターンは二つです。

 

一つ目は曹操が関羽軍と劉備軍、そして孫堅軍が北上してきたことを知ると3つの軍勢を相手にしなくいといけません。曹操に三つの戦線を同時展開するほどの兵力はないと考えます。そのため曹操は三つの軍勢と戦うことの不利を悟って、華北へ撤退していった可能性がかなり高いといえるでしょう。

 

そして二つ目は曹操が華北へ撤退しないパターンです。曹操は魏の領土である西涼を放棄して関羽軍と孫権軍との対決に全力を注ぐかもしれません。そして関羽軍と孫権軍に全力を注いでいる間、長安の守りを固めて劉備軍の攻撃を防ぐパターンが考えられます。どちらのパターンにしろ徐庶一人が劉備軍に残っていれば、劉備の勢力にとってかなり有利な状況を作り出すことができた可能性が高かったのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は黒田レンの妄想ワールド全開でお送りしました。徐庶が劉備軍に残っただけでこれだけの可能性が広がるのです。歴史にもしは禁忌ですが、妄想するだけならただなので、皆さんももし暇があれば妄想に浸って見るのもいいのかもしれませんよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった?

関連記事:【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 茶を飲む張角(太平道) 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  2. ロバ顔の諸葛瑾 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介…
  3. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ…
  4. 呂布がカバに乗って暴れまわっているシーン(赤兎馬) 【2018年版】『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見!なんとあの文…
  5. ホウ徳、馬超 【涼州の錦vs魏の文官】果たして勝ったのはどっち?
  6. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう) 漢女って何?身体は女、心は漢?たまにネットの海で見かける漢女
  7. 皇帝には、二つの名前があった!?諡号(しごう)とは何?
  8. 曹操から逃げ回る劉備 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 亡くなる周瑜
  2. 張遼 カカロットーーーー!
  3. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  4. 合戦シーン
  5. 雨の中進軍する曹真
  6. 孔明 東南の風
  7. 関帝廟 関羽
  8. 諸葛誕を攻める司馬昭

おすすめ記事

  1. 第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す 袁術君
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】
  3. 【キングダム好きにもオススメ】歴史大河・マンガ「ビン~孫子異伝~」が面白すぎる!
  4. 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる 黒田官兵衛
  5. 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析! 楊儀と魏延
  6. キングダム最新612話ネタバレ予想vol2「金毛は頑張る?それとも瞬殺」

三國志雑学

  1. 劉備の臨終に立ち会う孔明
  2. 織田信長
  3. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬懿
  2. 曹純
  3. 愛馬に乗る張遼
  4. 桓騎(キングダム風)
  5. 三国志の地図(州)
  6. 新選組の土方歳三

おすすめ記事

王昭儀 王昭儀、曹操に愛され曹丕に大事にされた世渡り上手な女性 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀はどんな顔をしていたのか?イケメン男子だったの? 夏侯惇 樊城の戦いに夏侯惇は来るはずだったの?夏侯惇の意外な一面を知る 読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年10月22日〜27日) 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 井上源三郎とはどんな人?剣術の腕や人柄を紹介 廃仏毀釈 織田信長は仏教を保護していた?宗教に対して寛容だった織田信長 曹仁と曹操 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵 【大三国志 攻略6】Lv7の土地攻略、青州より太守機能や最強部隊を一挙公開

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP