ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

もし徐庶が劉備軍に留まっていたら法正と北伐を行った【if三国志】

法正


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

徐庶と出会う劉備

 

徐庶(じょしょ)劉備(ふりがな)荊州(けいしゅう
)
にとどまっていた頃、一度だけ配下として加わっていた時期がありました。しかし徐庶劉備が荊州から去った時、劉備に従わないで、曹操(そうそう)の配下となり、その後劉備の配下に戻ることはありませんでした。

 

上記は正史三国志でも紹介されていますが、もし徐庶が劉備の配下のままでいればどうなったのでしょうか。今回は黒田レンの妄想モード全開で三国志のIFストーリーをお送りしたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由

関連記事:【徐庶ママ酷すぎ】息子の評価が軽くグレるレベル

 


 

史実の徐庶はどうして劉備から離れたのか。

徐庶をゲットする曹操

 

黒田レンの妄想ワールドを語る前にどうして徐庶が劉備の元を離れなくてはならなかったのか。この原因について紹介したい思います。

それは徐庶の母親が曹操軍の捕虜になってしまったためです。徐庶の母親は劉備達が曹操軍の追撃を逃れる逃避行についてきていました。

 

しかし長坂の戦いで徐庶の母親は曹操軍の捕虜になってしまいます。徐庶は母親が曹操軍の捕虜になっていることを知り、母親を助けるために劉備の元を離れていく決意をし、その後曹操の配下となってしまうのです。

 

上記の理由から徐庶は劉備の元を離れていくことになりますが、今回は徐庶の母親が曹操軍の捕虜にならない世界で、劉備の家臣のままでいる徐庶に妄想を膨らませたいと思います。

 


 

徐庶がいれば蜀で龐統が死ぬこともなかった!?

龐統と的盧

 

もし徐庶が劉備の家臣のままでいれば、龐統(ほうとう)が死ぬことはなかったと思います。なぜ徐庶がいれば、龐統が亡くならずに済んだのか。

 

それは龐統が亡くなった原因である蜀攻略戦に彼を連れて行かず、蜀攻略戦には徐庶を軍師として連れて行くことになるからです。なぜならば徐庶の方が龐統よりも知名度が低く、劉璋を油断させることができるからです。そのため劉備は徐庶と一緒に蜀攻略を進めていくことになるでしょう。

 

劉備は蜀を攻略した後、諸葛孔明(しょかつこうめい)を蜀に呼んで、龐統には関羽(かんう)と一緒に荊州の守備を任せることになります。

 

北伐の真実に迫る

北伐


 

劉備軍北伐開始

蜀の劉備

 

劉備は蜀攻略後、史実と一緒で漢中攻略に赴いたはずです。この時の劉備軍の軍師は徐庶と法正(ほうせい)のダブル軍師で漢中攻略を行います。その後劉備軍は荊州を守っている関羽・龐統ペアと連動して北伐を開始。劉備は曹魏そうぎ)を討伐する北伐戦を開始知る前に徐庶を孫権(そんけん)へ派遣して、荊州問題を解決させる手はずを整え、孫権との同盟を強固な物にするはずです。

 

このように孫権へ手を打てば、史実でおきた孫権の裏切りはかなり少ない可能性になったはずです。そして孫権が裏切らない状況を作り出すことができれば、孫権が荊州へ攻撃しないで、曹操軍を討伐するために軍勢を北上していくことになったでしょう。


  

 

 

曹操軍はどう動く

曹操と劉備

 

さて対する曹操軍です。劉備率いる蜀軍が長安へ向けて進軍し、関羽率いる荊州軍が曹魏の北荊州へ攻撃。そして孫権率いる軍勢が合肥へ向けて出陣。

こうなった場合曹操はどうするのでしょうか。レンが考えるパターンは二つです。

 

一つ目は曹操が関羽軍と劉備軍、そして孫堅軍が北上してきたことを知ると3つの軍勢を相手にしなくいといけません。曹操に三つの戦線を同時展開するほどの兵力はないと考えます。そのため曹操は三つの軍勢と戦うことの不利を悟って、華北へ撤退していった可能性がかなり高いといえるでしょう。

 

そして二つ目は曹操が華北へ撤退しないパターンです。曹操は魏の領土である西涼を放棄して関羽軍と孫権軍との対決に全力を注ぐかもしれません。そして関羽軍と孫権軍に全力を注いでいる間、長安の守りを固めて劉備軍の攻撃を防ぐパターンが考えられます。どちらのパターンにしろ徐庶一人が劉備軍に残っていれば、劉備の勢力にとってかなり有利な状況を作り出すことができた可能性が高かったのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は黒田レンの妄想ワールド全開でお送りしました。徐庶が劉備軍に残っただけでこれだけの可能性が広がるのです。歴史にもしは禁忌ですが、妄想するだけならただなので、皆さんももし暇があれば妄想に浸って見るのもいいのかもしれませんよ。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【異聞】徐庶は劉備の人徳なんかどうでも良かった?

関連記事:【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得
  2. 曹洪と曹操 ケチで有名だった曹洪の子孫はどうなったの?ケチが災いし処刑されか…
  3. 三国志の英雄(魏 呉 蜀) 中国だけじゃない? 世界の三国時代・古代琉球・朝鮮半島・ブリテン…
  4. 京劇コスチューム趙雲 もしも趙雲が劉備の配下じゃなかったら?if三国志を考察してみ…
  5. 関帝廟 関羽 横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適?…
  6. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部
  7. 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい…
  8. ネズミで人生を変えた李斯 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
  2. 嬴政(始皇帝)
  3. 饅頭を作る孔明
  4. 公孫サン(公孫瓚)
  5. 織田信長
  6. リトルグレイ(宇宙人)と遭遇して興奮する曹操
  7. 三国志 まとめ
  8. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后

おすすめ記事

  1. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード 甘寧と呂蒙と凌統
  2. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3) 張良と劉邦
  3. 武帝とはどんな人?漢王朝の絶頂期を築いた皇帝はバイオレンスだった? 武帝は前漢の第7代皇帝
  4. 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生 蔡琰
  5. 【病は気から?】姜維が諸葛亮に延命祈祷を勧めた理由 病気がちな孔明
  6. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 「斉」の旗を持った兵士

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 曹操女性の敵3
  3. 費禕
  4. 魏延の謀反を察する孫権


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術祭り
  2. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
  3. 孫晧(孫皓)
  4. 法正と劉備
  5. おんな城主 直虎

おすすめ記事

法正に敗れる夏侯淵 【定軍山の戦い】法正たちが大活躍!夏侯淵っていつのまに死んじゃった? 孫権に煽られて憤死する陸遜 二宮の変を考察!二宮の変は陸遜の殺害が目的だった? 井伊直弼には家紋が二つあるのはどうして? 法正と劉備 劉備を唯一なだめられた、法正(ほうせい)ってどんな軍師? 劉表に反旗を翻する張羨 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者 本多忠勝 本多忠勝の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある良玄寺と浄土寺へのアクセス方法 援軍に向かう陳表軍 樊城の戦いは魏の援軍が要だった!魏の援軍たちとその数を知る 張昭 VS 孫権 孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP