キングダム
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

周倉の武力はいかほどのものだったのか?魏・呉・蜀の大物を掻き回した能力に迫る

周倉とホウ徳




周倉

 

関羽(かんう)の臣下として名の知れた武将である周倉(しゅうそう)。しかし、彼は『三国志平話(さんごくしへいわ)』や『三国志演義(さんごくしえんぎ)』などの『三国志(さんごくし)』をモデルとした作品の上でだけ登場する架空の人物です。

 

それでも、彼の人気は絶大なもので、『三国志』をモデルにしたゲームなどにも登場しています。

 

そんな彼のゲーム内での武力は高く設定されることが多いようで、使い勝手が良いと評されているようです。ところで、この周倉は『三国志演義』ではどのくらいの武力を持つ武将として描かれているのでしょうか?

 

今回は、周倉の武力について徹底検証してみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:孫権はどうして同盟者・関羽を攻撃したの?

関連記事:ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

 

 

趙雲にボコボコにされる程度の能力

周倉と裴元紹

 

周倉は元々黄巾賊(こうきんぞく)の一員でしたが、黄巾の乱が鎮められて以降は臥牛山(がぎゅうざん)で山賊として生計を立てていました。

 

この経歴だけを見ると「周倉はしょうもない人だったのだな…」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、彼は関羽の噂を聞いては一喜一憂し、関羽に会うことすら叶わない自分の境遇を嘆くピュアボーイ(?)だったのでした。

 

関羽と周倉

 

そんな周倉でしたが、関羽の千里行に行き合ったことにより彼の運命は一変!関羽の右腕としての周倉の生活が始まります。しかし、初めて関羽から仰せつかった臥牛山で留守を任せていた裴元紹を迎えに行くというお使いを果たそうと出かけたところ、なんと山賊狩りをしていた趙雲(ちょううん)に出くわしてしまいます。

 

敵襲だと思った周倉は手勢と共に趙雲を倒さんと飛び掛かりますが、趙雲は周倉一味をバッタバッタとなぎ倒していき、手も足も出ず…。結局、周倉は趙雲から逃げだすのですが、逃げ出した先にはちょうど周倉を迎えに来てくれていた関羽と張飛(ちょうひ)劉備(りゅうび)がいました。そこで周倉は劉備に挨拶し、趙雲のことを警告したのですが、劉備にとっては朗報以外の何ものでもなく…!

 

このエピソードに鑑みるに、周倉の武力は趙雲には遠く及ばなかったということが窺えますね。

 

 

孫権を出し抜く程度の能力

周倉

 

続いて、関羽が荊州に陣取り、魯粛(ろしゅく)が交渉を申し込んできた場面に移ります。魯粛は一対一の会談を申し込んできたのですが、実はそこには孫権(そんけん)の陰謀が渦巻いていました…。関羽と魯粛の会談は最初こそ和やかに進んでいたものの、本題に近づくにつれてヒートアップ。

 

そこで横やりを入れたのが周倉でした。「天下の地は徳ある者のものだ!呉が独り占めして良いものではない!」これを聞いた関羽は周倉の罵声に負けないくらいの大声で周倉を怒鳴りつけ、周倉を会談の場から退出させました。

 

しかし、これは孫権の陰謀を見破っていた2人の小芝居。周倉はすぐに水軍に相図して岸に呼び寄せ、関羽は魯粛を人質にして船に乗り込み荊州に帰って行ったのでした。これは武力というよりも知力?連携力?という感じですかね。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

龐徳を捕まえる程度の能力

周倉とホウ徳 

 

ここまでご紹介したエピソードを読んで「周倉ってそんなに武力が無いのでは…?」と思った人は少なくないかもしれません…。そこで最後に、周倉の活躍ぶりが窺える名エピソードをご紹介しましょう。

 

これは、関羽が龐徳(ほうとく)を迎え撃ったときの話です。曹操(そうそう)に仕えていた龐徳は自らの覚悟を示すべく、棺を作って決死の出陣をします。そんな龐徳は関羽の左腕に矢を命中させ、戦いを優位に進めていきました。

 

ところが、手ごわい関羽がそんなことでやられるはずもなく、水攻めによって龐徳軍を絶体絶命の窮地に陥れます。そのとき、周倉は部下に龐徳の船を転覆させ、得意の水練によって龐徳を生け捕りにすることに成功!敵将を水中で捕縛する周倉、なかなかやりますね!

 

…あれ?

「これも武力と呼べるものでは無い」

という幻聴が聞こえてきますね。

 

水練がうまいのだって立派な武力ですよ…!

 

三国志ライターchopsticksの独り言

chopsticks f

 

周倉の有名なエピソードとして3つのお話を取り上げてみたのですが、結局のところ周倉の武力は趙雲より低いということくらいしか明らかにできませんでした。

 

しかし、関羽が大事な局面において重要な役割を周倉に任せていたということからは関羽からの厚い信頼を得ていたことが窺えますし、やはり周倉は頼りがいのある強い武将という設定だったのでしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情

関連記事:周倉の被っているあの帽子は何て言う帽子?

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 張飛の男気人生 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑
  2. 尹夫人 曹操 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  3. 三国志の主人公・劉備 何で日本人は三国志が好きなの?
  4. 一騎打ちをする太史慈と孫策 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由と…
  5. 杜夫人 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人
  6. 孫子の兵法 曹操 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何?
  7. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  8. 謝夫人 孫権の妻 孫権の妻たちは意外と知られてない?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 范増
  2. 朱然
  3. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  4. 織田信長
  5. ボロボロになった馬超
  6. 茶を飲む張角(太平道)

おすすめ記事

  1. 蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる 龐統
  2. 法正が生きていたら夷陵の戦いは敗北はなかった?軍師法正と夷陵の戦い 法正
  3. 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于
  4. ブサメン軍師、龐統(ほう統)|鳳雛と呼ばれたホウ統 龐統
  5. 便所のネズミから蔵のネズミに!李斯の華麗なる転身 ネズミで人生を変えた李斯
  6. キングダム 527話 ネタバレ予想:話槍と鉄槌

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 呉の孫権
  3. 城 銅雀台
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫姫
  2. 呂蒙が病気になり心配する孫権
  3. 篤姫

おすすめ記事

孫権 弔い出陣 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか 黄蓋 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 子供 桃園 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ) 島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情 あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP