司馬懿が就任していた太尉とは何をするの?太尉はどの程度の権力がある?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬懿

 

()(220年~265年)の青龍(せいりゅう)3年(235年)に司馬懿(しばい)太尉(たいい
)
に就任しました。

詳細なことは記されていなので、この就任に深い意味は無いと思います。

 

司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負

 

おそらく今まで(しょく)(221年~263年)と戦ってきたことに対しての褒美と考えてよいです。ところで、この太尉(たいい)はどの程度の権力があったのでしょうか。

そう言えば『水滸伝(すいこでん)』の悪役の高俅(こうきゅう)も太尉に就任しています。

 

司馬懿

 

そこで今回は「太尉(たいい)」という役職について解説致します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「司馬懿 太尉」
「太尉とは」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!

関連記事:司馬懿の生い立ちと家系の謎に迫る!司馬懿が生まれた時代背景まで解説

 


 

後漢の太尉

宣誓文を読み上げる藏洪

 

太尉は後漢(ごかん)(25年~220年)には存在していたようです。就任していたのは将軍ではなく文官(ぶんかん)です。

 

陳羣

 

職務は国防担当です。しかし、別に本人が戦場に立って指揮をすることはありません。日本の国防大臣が被災地に行って指揮しないのと一緒です。

 

陳羣

 

中国には「三公(さんこう)」というものがあります。

 

仕事に励んでいる游楚

 

行政担当の「司徒(しと)」、監察・政策担当の「司空(しくう)」、軍事担当の「太尉(たいい)」です。残念ながら、政治的権限は後漢(ごかん)の時期には衰えていました。

 

西洋が好きな霊帝

 

後漢の第12代皇帝の霊帝(れいてい)官職(かんしょく)の売買を奨励していたので、本来の役職の価値が落ちていたのです。曹操(そうそう)の父の曹崇(そうすう)は多額の金銭を支払って、太尉の役職を手に入れたようです。

 

まるで相撲の年寄名跡(としよりめいせき
)
のようです。

 

※年寄名跡とは、日本相撲協会の「年寄名跡目録」に記載された年寄の名を襲名する権利であり、俗に年寄株、親方株とも呼ばれる。

wikipedia

 


 

太尉消滅

曹操

 

建安(けんあん)12年(207年)に、曹操(そうそう)袁尚(えんしょう)を滅ぼして北方を制圧します。翌建安13年(208年)に曹操は丞相(じょうしょう
)
に就任します。

 

曹操丞相えらいねんで!

 

これは荊州(けいしゅう)劉表(りゅうひょう)()(222年~280年)の孫権(そんけん)を討つための就任です。この時に司徒の行政権、司空の監察・政策権、太尉の軍事権を全て自分の手に集中させます。この時に太尉は完全に政治的権限を失って、ただの名誉職に落ちてしまいます。

 

後漢滅亡後も太尉の名称は残って就任するのは、いずれも功績がある家臣ばかりでした。

 

太尉に就任した人物一覧

賈詡

 

(1)曹操(そうそう)曹丕(そうひ)からの信任が厚かった賈詡(かく)

 

鍾繇(しょうよう)

 

(2)馬超(ばちょう)韓遂(かんすい)との戦いで活躍した鍾繇(しょうよう)

 

司馬懿

 

(3)蜀の北伐(ほくばつ)の防衛に成功した司馬懿(しばい)

 

上記の3人は特に有名です。


 

その後の太尉について 宋代

宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)

 

魏が滅んだ後の太尉も名誉職に変わりありません。代表的なものは(そう)(960年~1279年)を舞台にした小説『水滸伝(すいこでん)』の悪役の高俅(こうきゅう)が太尉に就任していたことです。『水滸伝』では高俅が軍の最高責任者として描かれていますが、実際の彼に全く軍事権はありません。

 

宋代に軍政を担当していたのは、知枢密院事(ちすうみついんじ)同知枢密院事(どうちすうみついんじ)簽書枢密院事(せんしょすうみついんじ)の3つの役職でした。

 

童貫

 

『水滸伝』の時期に知枢密院事に就任していたのは、宦官(かんがん)童貫(どうかん)なので、彼に軍事権がありました。

 

童貫

 

太尉の役職は宋の滅亡とともに消滅してしまい、その後の王朝に受け継がれることはありませんでした。

 

【中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説】

水滸伝入門ガイド


  

 

 

三国志ライター 晃の独り言 司馬懿が就いたもう1つの名誉職

三国志ライター 晃

 

以上が司馬懿が就任した太尉という役職の沿革についてでした。

 

司馬懿と曹爽

 

余談ですが司馬懿が就任した名誉職として有名なものは、曹爽(そうそう)が司馬懿を政治から遠ざけるために就けた太傅(たいふ)という役職があります。曹爽は司馬懿の同僚である曹真(そうしん)の息子です。

 

司馬懿、司馬師、司馬昭

 

司馬懿は自身の身を守るために、病気といってずっと屋敷に閉じこもっていました。曹爽もさすがに疑って李勝(りしょう)という人物を派遣して、様子を伺わせますが、司馬懿は難聴や認知症のフリをして、うまく切り抜けました。だまされた曹爽は油断してしまい、狩りに出かけますが、その隙を突いて司馬懿はクーデターを起こします。

 

司馬懿

 

これを司馬懿の「正始の政変」と言います。詳細はいつかまた話します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:軍師・司馬懿と女策士・王異を比較!軍配はどちらに!?

関連記事:もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

【動画】三国志時代の兵士の給料はどれくらい貰えていた?

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負
  2. 太史慈
  3. 孔明の計画をぶちこわす曹真
  4. 皇帝に就任した曹丕
  5. 袁術
  6. 孔明


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP