ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
歯痛の中国史


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

若い時の陳羣は何をしていたの?劉備・呂布に仕えていた若き頃の陳羣

劉備を警戒する陳羣


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

陳羣

 

陳羣(ちんぐん)()(220年~265年)の政治家です。中国の公務員試験である科挙(かきょ)以前に行われていた官吏登用法「九品官人法(きゅうひんかんじほう)」を考案した人物として有名です。父は陳紀(ちんき)と言って、後漢(ごかん)(25年~220年)では重職に就いていました。

 

荀彧

 

また、妻は荀彧(じゅんいく)の娘です。つまり、陳羣は生粋のエリートの家柄です。実はあまり知られていませんが、陳羣は若き日は劉備(りゅうび)に仕えていました。

今回は若き日の陳羣(ちんぐん)について紹介します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「陳羣 劉備
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家

関連記事:陳羣は魏を支えた最強人事部長!司馬懿と一緒に働いて無傷だっただけで奇跡的

 


 

劉備に登用される陳羣

陳羣

 

前述したように陳羣(ちんぐん)は生粋のエリートの家柄です。また若い時から地元名士の間でも名前が知れ渡っていました。

 

腐れ儒者気質な孔融

 

孔融(こうゆう)は年少の陳羣を尊敬していたようです。

 

孔融と禰衡

 

ただし、素っ裸男の禰衡(でいこう)は認めていなかったようです。興平(こうへい)元年(194年)に陳羣は劉備(りゅうび)に仕えます。

 

陶謙と劉備

 

劉備は前年に、曹操(そうそう)徐州(じょしゅう)攻撃の際に救援に駆け付けました。そのため、徐州牧の陶謙(とうけん)から預州刺史(よしゅうしし)の位を与えられていました。

 

三国志の主人公の劉備

 

余談ですが「刺史(しし)」とは監察官です。しかし、実際の権限は「牧」と変わりないようです。話をもとに戻します。劉備はこの時に、陳羣を登用します。詳細な経緯は不明ですが、やはり陳羣の家柄を重視したのだと考えられます。

 

陳羣

 

この時代は家柄が何よりも重視されていました。家柄の良い人物を部下に引き入れることは、そこの主人の評価にも繋がります。また、陳羣も徐州を救ってくれた恩人として劉備に仕えたのでしょう。

 


 

劉備に意見が入れられず退職する陳羣

陶謙

 

さて、陳羣が劉備に仕えて間もなくして徐州牧(じょしゅうぼく)陶謙(とうけん)が亡くなりました。新しい徐州牧として誰を迎えたらよいか問題になりました。そこで白羽の矢が立ったのが劉備でした。もちろん劉備は断りました。

 

陳登

 

だが、孔融(こうゆう)や徐州の名士の陳登(ちんとう)が後押しをしました。

 

陳登と劉備

 

ところが、これに反対したのが陳羣でした。彼は劉備が嫌いだからという意味で反対したのではありません。当時の情勢を読んで判断したのです。

 

公孫サン(公孫瓚)

 

徐州の北には公孫瓚(こうそんさん)袁紹(えんしょう)、南は袁術(えんじゅつ)、西には曹操呂布(りょふ)がいました。ましてや、曹操はいつ攻めて来るか分からない状況です。そんな不安定な情勢の時に、他所の土地から来て1年程度の人を新しい主にするのは、いかがなものかと陳羣は考えたのでしょう。

 

劉備を警戒する陳羣

 

ましてや孔融陳登が劉備を徐州太守にするのは、芸能人や元スポーツ選手に政界進出をお願いするのと一緒です。要するに彼らは劉備ブームに乗じて頼んだのです。結局、断りを入れていた劉備ですが最終的には就任を承諾します。自分の意見を聞いてもらえなくて納得しなかったのか陳羣は劉備のもとを去っていきました。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの


 

呂布に仕える陳羣

呂布と劉備

 

劉備のもとを去った陳羣ですが、ニートというわけにはいかなかったのでしょう。間もなく新たなる主人に仕えます。それは呂布(りょふ)でした。呂布は興平(こうへい
)
2年(195年)に曹操に敗れたので劉備を頼って落ち延びました。

 

劉備と呂布

 

ところが、劉備が袁術討伐に行っている隙に徐州を奪いました。劉備はこの時、陳羣の言っていたことを後悔したようですが、すでに後の祭りでした。ちなみに呂布に仕えていた時期の陳羣についての詳細な内容は分かりません。


  

 

 

曹操に仕える陳羣

呂布のあっけない最後

 

建安(けんあん)3年(198年)に呂布は、劉備と曹操の連合軍により敗れて殺されました。この時、陳羣は父の陳紀(ちんき)と一緒に捕縛されて曹操のもとに連れてこられました。陳羣父子は曹操に出会うと頭を下げました。

 

陳羣

 

その後、陳羣は曹操に仕えます。妻が荀彧の娘なので、荀彧(じゅんいく)の推薦もあったのでしょう。もちろん、劉備のもとには2度と戻りませんでした。そして、魏で昇進を重ねていくことになります。

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が若き日の陳羣の話でした。陳羣の考案した〝九品官人法(きゅうひんかんじほう)〟は学会でも長きに渡り研究の対象とされています。本人もここまでのものになるとは思わなかったでしょうね。

 

※参考文献

・渡邉義浩三国志 (図解雑学)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:郭嘉と陳羣を見習えばいじめが無くなるってホント?

関連記事:陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?

 

【己の信念に殉じた軍師・荀彧の特集】
荀彧特集

 

【動画】諸葛亮が曹操を崇拝していた理由


はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 


 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  2. 種子島を目指す衛温 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  3. 諸葛誕 魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?
  4. 五虎大将軍の黄忠 黄忠がすごいのは民衆からの愛され方がすごかったから?正史に書いて…
  5. 朱然と陸遜 朱然って夷陵の戦いでどんな活躍をしたの?
  6. 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?
  7. 司馬懿は何で諸葛亮宛に黄権を好評した手紙を送ったの?
  8. 赤兎馬にまたがる呂布 呂布の凄さをいろんな角度から考察!彼が「やらかした」その時歴史が…

google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 貂蝉
  2. 三国志ライター黒田レン
  3. 幕末 帝国議会
  4. 趙雲と毛利勝永
  5. 孔明
“朝の仕度にながら三国志ver3"

おすすめ記事

合戦シーン(戦国時代の戦) 北条早雲の目には応仁の乱はどのように写っていたのか? 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀はどんな武器を使っていたの?戦国無双から武器を考察してみる 孫子の兵法 曹操 【はじめての孫子】第1回 そもそも孫子って、何? 司馬懿 司馬懿が就任していた太尉とは何をするの?太尉はどの程度の権力がある? 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠 江戸時代の三国志人気は現代以上だった!?当時はなんで人気だったの? ボロボロになった馬超 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP