呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

諸葛亮と司馬懿って結局どっちが優れているの?

孔明 vs 司馬懿




夜の五丈原で悲しそうにしている孔明

 

三国志(さんごくし)文官(ぶんかん)の中でも一番の知名度を誇っている諸葛亮(しょかつりょう)

 

司馬懿

 

そして三国志を終焉に導いた晋王朝(しんおうちょう)の基礎を築いた司馬懿(しばい)

 

孔明 vs 司馬懿

 

諸葛亮(しょかつりょう)司馬懿(しばい)は何度も戦場で対決していますが、諸葛亮が先に死んでしまった為、決着をつけることができませんでした。では諸葛亮と司馬懿一体どちらが優れているのでしょうか。

 

正史三国志(せいしさんごくし)などの資料から二人の優劣を決めてみたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「司馬懿 諸葛亮」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い

関連記事:蒋琬の政策とは?諸葛孔明とは違う政策を考えていた!?

 

 

諸葛亮の得意分野とは!?

孔明

 

諸葛亮(しょかつりょう)司馬懿(しばい)のどちらが優れているのか紹介する前に二人の得意な分野を紹介していきましょう。まずは諸葛亮からです。

諸葛亮の得意分野はいったい何なのか。

 

劉禅と孔明

 

それは政治と外交です。諸葛亮は劉備(りゅうび)の死後、劉禅(りゅうぜん)が皇帝になると(しょく)丞相(じょうしょう)へ就任。諸葛亮は蜀の丞相へ就任すると、蜀の内政をすべて任されることになります。

 

夷陵の戦いで負ける劉備

 

(しょく)劉備夷陵の戦い(いりょうのたたかい)で敗北したため、国力が大きく減少。そのため諸葛亮は夷陵の戦い(いりょうのたたかい)で減少した蜀の国力を復興さるため、塩や鉄が生産される山を開発。

 

孔明

 

また諸葛亮は蜀の特産品になっている錦の生産を奨励し、利益を挙げていきます。

 

孔明君のジャングル探検

 

更に諸葛亮は劉備死後、反乱を起こした南中の異民族の討伐を行い、南中に住んでいる住民を益州へ移住させて人口の増加を図ります。このように諸葛亮は減退した蜀の内政を整頓しつつ、国力の増加政策を次々と行う事で、夷陵の戦いですり減った蜀の国力を増加させることに成功。

 

孔明

 

上記の事から諸葛亮は国の内政を行わせることに優れた能力を発揮した人物でした。次に諸葛亮の得意分野の一つ、外交について紹介したいと思います。

 

 

諸葛亮の得意分野その2:外交面

孔明インタビュー

 

諸葛亮の得意分野の一つである内政面については紹介しました。ここでは諸葛亮の得意分野その2として、外交面について紹介したいと思います。

 

蜀の皇帝に即位した劉備

 

劉備は孫呉(そんご)と同盟することで三国の一つである蜀を建国することが出来ました。劉備(りゅうび)の勢力が孫呉と同盟したのは赤壁の戦い(せきへきのたたかい)が始める前です。

 

魏曹操と魏軍と呉軍

 

当時の劉備勢力は曹操(そうそう)軍にボコボコにされて敗走し、一定の土地をもっていない流浪の勢力でした。対する孫呉は劉備と同盟した当時、江東一帯を保有してる大勢力でした。

 

劉備と孫権同盟

 

史実ですと孫呉と劉備は同盟を締結して、赤壁の戦い曹操軍を打ち破ることに成功します。しかし劉備は自分の勢力とかけ離れて強大な孫呉と同盟をできたのか。それは諸葛亮のおかげです。

 

孔明

 

諸葛亮は単身孫呉の元へ赴いて、荊州まで遠征してきた曹操軍の勢力を分析し、孫権(そんけん)を説得して曹操と戦う決断を促すことに成功します。このように諸葛亮は外交面においても実績を残していた人物でした。

 

では司馬懿はいったい何が得意なのでしょうか。

 

【はじめての三国志人物事典データベース】
はじめての三国志人物事典データベース

 

司馬懿の得意な事その1:戦術面

司馬懿

 

司馬懿の得意な事とは一体何なのでしょうか。それは戦術と謀略面において優れていた人物でした。ここでは司馬懿の戦術において紹介したいと思います。

 

司馬懿と諸葛亮孔明のトランプ勝負

 

司馬懿は諸葛亮と何度も北伐(ほくばつ)戦でぶつかりますが、勝利を得ることなく引き分けに持ち込んでいました。司馬懿は諸葛亮率いる蜀軍へ戦いを挑んで勝つのではなく、蜀軍の弱点をつかんで持久戦に持ち込む事で勝利を得ていました。

 

では蜀軍の弱点とは一体何なのでしょうか。それは兵糧(ひょうろう
)
です。

 

兵糧を運ぶ兵士

 

司馬懿は蜀軍が益州本国から輸送できる兵糧数が少ない事を把握し、あえて蜀軍と戦うことをしない戦術を行います。その結果司馬懿は第五次北伐戦で諸葛亮と戦う事をしないで、砦を築いて持久戦を取った事で諸葛亮に勝利。

 

孟達を討伐する司馬懿

 

司馬懿は諸葛亮との戦いでは地味な持久戦をしていますが、諸葛亮との戦い以外では積極的に攻撃を行っています。

 

公孫淵

 

例えば、司馬懿は()から独立した公孫淵(こうそんえん)を討伐する戦を任されることになります。

 

司馬懿と公孫淵

 

司馬懿は公孫淵討伐戦においては、諸葛亮と戦ったような持久戦を取らないで積極的に攻撃を行い、公孫淵(こうそんえん)を短期間で滅亡させてしまうのでした。

 

司馬懿

 

このように司馬懿は戦術面において優れた能力を発揮した人物でした。

では次に司馬懿の得意な謀略について紹介したいと思います。

 

司馬懿の謀略とは?

司馬懿と曹叡

 

司馬懿の得意な謀略についてここでは紹介していきたいと思います。司馬懿は明帝(めいてい)曹叡(そうえい)死後、曹芳(そうほう)が皇帝になると皇族の一人・曹爽(そうそう)と一緒に曹芳を盛り立てていくことになります。

 

司馬懿と曹丕

 

司馬懿は曹芳の時代、曹操(そうそう)曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)三代の君主に仕えて実績を残していた事から、君主権力を上回る権力を持っていました。曹爽は司馬懿から力をそぎ落とし、君主に権力を集中させる「中央集権制」を目指します。

 

司馬懿と曹爽

 

こうして司馬懿と曹爽は政権の運営方法の違いで対立していくことになります。司馬懿は曹爽の「中央集権制」の計画を成立させないため、魏の名士勢力を集め、自らの権力を強化することに注力していきます。

 

その後司馬懿は曹爽を油断させるため、政界から引退することを表明。

 

司馬懿、司馬師、司馬昭

 

曹爽は司馬懿が政界引退した後、彼の様子が気になったので、曹爽派の李勝(りしょう)を司馬懿の元へ向かわせて司馬懿の様子をうかがうことにします。司馬懿は曹爽派の李勝がやってきたことを知ると芝居を打って耄碌(もうろく
)
ジジイを装います。

 

年を取った司馬懿

 

李勝(りしょう)は司馬懿が耄碌(もうろく
)
している様子を曹爽へ報告。曹爽は司馬懿が耄碌している事に油断し、弟と一緒に皇帝とお墓参りへ向かいます。

 

司馬懿の墓

 

司馬懿は曹爽兄弟が皇帝と一緒に墓参りに行ったことを知るとすぐに耄碌ジジイの芝居をやめて、洛陽城(らくようじょう)の城門を閉鎖し、曹爽兄弟の官職を解任。

その後司馬懿は洛陽(らくよう)に駐屯していた兵士をゲットすると、帰ってきた曹爽兄弟を幽閉して殺害してしまうのでした。

 

司馬懿

 

こうして司馬懿は曹爽兄弟を殺害した後、魏の権力を握ることになり、魏の最高権力者として君臨することになり、晋王朝の礎を築くことになります。

このように司馬懿は謀略面においてもすぐれた力を発揮しています。

 

孔明と司馬懿

 

さて内政と外交に優れた諸葛亮と戦術・軍事に優れた司馬懿。

一体どちらが優れているのでしょうか。

 

史実通りならば司馬懿!!

司馬懿

 

三国志の時代は国が統一されていなくて、国境で頻繁に戦が起きていた時代でした。そのため史実であれば、軍事と謀略に優れている司馬懿が国家にとっても必要で、諸葛亮よりも優れていると思います。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は諸葛亮と司馬懿のどちらが優れているのかを紹介しました。

 

三国志ライター黒田レン

 

ここではレンの妄想で、戦術面と謀略面に優れた能力を発揮した司馬懿に軍配を挙げました。

 

魏延と孔明

 

しかしもしも魏延と諸葛亮の間柄が良好で、諸葛亮が魏延に軍事全般を任せていれば、諸葛亮の内政と外交の才能はかなり重宝されていたと思います。

また中華を統一した国家の草創期や安定期であれば、諸葛亮の才能は真価を発揮したのではないでしょうか。

 

チビってしまう司馬懿と孔明

 

皆様も今回レンが紹介したように諸葛亮と司馬懿の優れている所を比較してどっちが優れているのか考えてみるのも新しい三国志の楽しみ方ではないでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮の逸話ってなに?司馬懿も恐れた孔明の逸話を紹介

関連記事:諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

【動画】【三国志史上優秀な人物】司馬懿仲達の凄さ


はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 王基(おうき)ってどんな人?軍事・政治で非凡な能力を見せた魏の武…
  2. 蜀の魏延 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…
  3. 正妃 卞夫人 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  4. 三国時代の船 楼船 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いら…
  5. 法正に敗れる夏侯淵 【定軍山の戦い】法正たちが大活躍!夏侯淵っていつのまに死んじゃっ…
  6. 沙摩柯 甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王
  7. 徐晃と夏侯淵 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった?
  8. 陸遜 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操と夏侯惇
  2. 陸遜
  3. 魏の移民政策のプロ、田豫(でんよ)
  4. 孔明君のジャングル探検
  5. ネズミで人生を変えた李斯
  6. 程昱(ていいく)

おすすめ記事

  1. 陶淵明はどんな人?働きたくないでござる酒を愛したニート系詩人
  2. 【第一次濡須口の戦い】赤壁より人数が多い三国志史上屈指の会戦 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  3. キングダム587話ネタバレ予想印鑑はどこに押していたの? キングダム45
  4. 橋本左内の壮絶な人生を年表で解説!
  5. 高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介
  6. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ 三国志ライター黒田レン

三國志雑学

  1. 司馬懿仲達
  2. 魯粛
  3. 曹操と夏侯惇
  4. 曹丕
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 殷の大様002
  2. 亡くなる袁紹
  3. キングダム
  4. 黄巾賊を撃退する太史慈
  5. 光武帝 三国志
  6. 狗奴国は邪馬台国と対立
  7. 三国志に出てくる海賊達と甘寧

おすすめ記事

黄金ジェット、黄金スペースシャトル 【黄金ジェットの謎】南アメリカ最大の謎・黄金スペースシャトルに迫る【HMR】 王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!? 張遼 カカロットーーーー! 100話:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは? 幾島とはどんな人?篤姫の尻を叩いて将軍後継者問題を進めた女スパイ そろばんを叩く関羽 みんな~!数学の時間だよ~!算木を使って問題を解いてみよう 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP