もしも、曹爽が司馬懿に勝っていたら三国志はどうなった?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

()(しょく)()の三つ巴の様相が面白い『三国志(さんごくし)』。

読んでいると次はどんな展開が待っているのだろうとページを繰る手が止まらなくなりますよね。

しかし、その終末にガッカリしてしまった…という人は少なくないのではないでしょうか。

 

司馬懿

 

なぜなら、結局は魏・蜀・呉のどの国も天下統一の志を果たすことができず、魏の臣下であった司馬懿(しばい)がクーデターを起こしたことによって成った(しん)が中華を統一したのですから…。

 

曹爽(そうそう)との権力争いに打ち勝って(しん)の礎を築き上げた司馬懿(しばい)

しかし、もしも曹爽が司馬懿を下していたらいったい歴史はどのようになっていたのでしょうか…?

 

今回は曹爽(そうそう)司馬懿(しばい)との権力争いに勝っていたらどうなっていたのか、そんな世界を妄想してみたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「司馬懿 曹爽」
「if三国志」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略

関連記事:もしも、陳宮が呂布ではなく袁紹を支持して兗州を取らせたらどうなる?【if三国志】

 


 

熾烈な権力争いを繰り広げた曹爽と司馬懿

司馬懿

 

まずは曹爽と司馬懿の権力争いについておさらいしておきましょう。

 

曹爽

 

曹爽は曹叡(そうえい)すなわち明帝(めいてい)から寵愛を受けていた人物で、明帝が崩御して曹芳(そうほう
)
が即位した後には帯剣(たいけん
)
して靴を履いたまま昇殿することを許されるなどの特権を与えられるほどになりました。

 

孔明と司馬懿

 

一方の司馬懿(しばい)も蜀の諸葛亮(しょかつりょう)による北伐(ほくばつ)を防ぎきり、

 

司馬懿と公孫淵

 

遼東(りょうとう)に陣取っていた独立勢力である公孫淵(こうそんえん)を掃討するなどの活躍を見せていたため、魏において絶大な権力を持つようになっていました。

 

何晏

 

曹爽(そうそう)は最初の頃こそ司馬懿(しばい)を父のように慕っていましたが、何晏(かあん)らにそそのかされて権力を独占したいと考えるようになります。

 

司馬懿と曹爽

 

曹爽は司馬懿を名誉職という名の閑職に追いやって司馬懿の権力を巻き上げようとしました。

 

司馬懿

 

しかし、相変わらず軍事に関しては司馬懿が握っていたために曹爽の思い通りにはなりません。

 

弩(ど)を発射させる蜀兵士達

 

そこで曹爽は自信の力を誇示すべく蜀に遠征するのですが大失敗。

 

何晏

 

何晏(かあん)も正体をあらわして政治を独占しはじめ、魏の国内は乱れ始めたのでした。

 


 

病気であると欺いて曹爽を下した司馬懿

年を取った司馬懿

 

なんだかやけくそになってきた曹爽一派。

 

この状況を見ていた司馬懿は罪を擦り付けられるなどして暗殺されるのではないかという不安に駆られ病だと偽って家に引きこもることにしました。

しかし、曹爽は仮病を疑って司馬懿の元に李勝を派遣。

 

司馬懿、司馬師、司馬昭

 

ところが司馬懿は一枚上手でわざと薬をだらだらとこぼして見せたり李勝(りしょう
)
の言葉を聞き間違えたりして耄碌爺(もうろく)を演じて見せたのでした。李勝(りしょう
)
の報告を聞いて曹爽はすっかり安心。

 

司馬懿の墓

 

ある日、曹爽は曹芳と共に明帝の墓参りに出かけました。この機を逃さなかったのが司馬懿。

 

司馬師

 

司馬師(しばし)及び司馬孚(しばふ
)
に命じて洛陽(らくよう)を制圧し、曹爽を降伏させて監視下に置くことに成功します。

 

司馬懿

 

しかし、司馬懿は曹爽を生かしておいてはくれず、謀反を企んでいたとして一族郎党を皆殺しにしてしまったのでした。

 

【400年続いた漢王朝を分かりやすく解説】
はじめての漢王朝


 

血縁を遠ざけていたために乗っ取られた魏

魏の皇帝になった曹丕

 

曹爽の敗因は一体どこにあったのか?

それは、曹丕(そうひ)の時代にまで遡ります。

 

後継者争いをしている曹丕と曹植

 

曹丕(そうひ)は実の弟である曹植(そうしょく)と仲が悪く、クーデターを起こされることを恐れて身内を遠方に封じたり軍事から遠ざけたりしていました。曹爽もまた曹丕の考えを受け継いでいたようで、相変わらず身内を冷遇していたため、曹家が団結することはなく…。

 

司馬懿と曹丕

 

結果、団結力が勝る司馬家に国を乗っ取られてしまったのです。

 


  

 

 

もしも曹爽が勝っていたら曹家は安泰だった?

曹爽とも一切付き合わ傅嘏フカ

身内を遠ざけていた結果、司馬氏にしてやられた曹爽ですが、もしも司馬懿を退けることに成功していたら、魏は安泰(あんたい)だったのでしょうか?

おそらくそれは難しいことだったと思います。

 

曹爽

 

曹爽が身内を冷遇したまま司馬氏を下すことができていたなら、相変わらず曹爽は身内を遠ざけ続けていたでしょう。

結果、司馬懿のように身内の団結力が強い人物が現れれば遅かれ早かれ魏は滅んでいたと考えられます。

 

また、曹爽を司馬懿と争うように焚きつけた何晏も曹爽が司馬懿を排除した後には掌を返して魏を乗っ取ろうと画策していたかもしれません。このように魏には憂いとなる要素が多かったため、曹爽が心変わりをして身内の待遇を改善するようなことでもない限り魏の滅亡を免れることはできなかったでしょう。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライター chopsticks

 

司馬懿との権力争いに敗れた曹爽ですが、もし曹爽が権力争いに勝利していたとしても、魏に明るい未来が訪れていたとは考えにくいでしょう。

しかし、司馬懿が礎を築いた晋は身内を優遇しすぎた結果、滅亡しているわけですから、魏が身内を優遇していれば長期政権を築けていたと一概に言うこともできません。

 

歴史の「if」を考えるにはあらゆる要素を加味しなければなりませんから、いやはや、難しいものですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もしも呂布が悪人・董卓を成敗しなかったら三国志はどうなる?

関連記事:もしも、三国志の蜀に採用されたら働きたい?

 

if三国志

 

【動画】曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら三国志はどうなる?

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 劉備
  2. 土いじりをする劉備
  3. 孫権と張昭
  4. 曹操
  5. 魏から蜀に下る姜維
  6. 鍾会を説得する姜維


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP