キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

司馬炎は滅呉するまでに時間がかかった理由は?呉は手強かった?

解煩督 呉


司馬炎(はじめての三国志)

 

三国時代を終わらせて中華の統一王朝を実現させた司馬炎(しばえん)。彼は父・司馬昭(しばしょう)が蜀を滅亡させていたので、中国のほとんどを手中に収めていました。それなのに三国時代最後の大国・呉を滅亡させるまでにかなりの時間を要しています。

 

すぐに呉を滅亡させる力を持っていたのにどうして時間がかかったのでしょうか。

 

自称・皇帝
当記事は、
司馬炎 滅呉」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題

関連記事:司馬懿の孫の司馬炎は何をした人なの?謎の占田法・課田法など解説

 


 

晋帝国建国

司馬炎に気に入られる孫秀

 

司馬炎司馬昭の跡を継いで晋王の位に就任。

 

皇帝曹奐

 

その後司馬炎は魏の皇帝・曹奐(そうかん)から皇帝の位を譲られ、王から皇帝の位へ就任し、晋帝国を作り上げます。この時点で晋帝国は魏の領土に加え、蜀を併合していた為、中国のほとんどを手中に収め、三国時代の呉の領土だけが晋の国土となっていない地域でした。

 

晋は中国のほとんどを手にしていたにもかかわらず、中華統一を成功させたのは、司馬炎が皇帝の位に就任してから15年後でした。どうして晋が天下統一するまでに15年もの歳月を要したのでしょうか。

 


 

帝国の制度作りが大変だったから??

悩む司馬炎

 

司馬炎はどうしてすぐに孫呉を討伐して中華統一を図らなかったのか。その理由の一つとして国家の体制を整える為に多くの時間が割かれた事が挙げられます。司馬炎は魏の制度を踏襲しつつ、晋特有の新しい法律を作成しています。

 

例えば魏は皇族間の力がほとんどなかったため、司馬家が台頭した時、皇帝を助ける皇族が居ませんでした。そのため司馬炎は皇族たちを王へ就任させて、領土と兵力を与え、皇帝に何かあった時に助けてくれるようにします。

 

また農業政策に力を入れ、占田制・課田制と言われる独特な制度を作り上げます。このように新しい法律を作っていた為、呉を討伐して天下統一するのに時間がかかった可能性があります。

 

しかし司馬炎が呉を討伐して天下統一を速やかに行えなかった理由はほかにもあります。


 

権力争いと後継者問題が絡む

幼い司馬衷

 

晋帝国が樹立した時、司馬炎は40歳以上だったそうで、次世代の皇太子を冊立してもいい年齢でした。司馬炎は自分の跡を継ぐ人物として司馬衷を皇太子にします。だが司馬衷(しばちゅう)はどうしようもないポンコツで、重臣達からも見放されていました。

 

羊コ 羊祜 魏と晋

 

そのため晋の名将・羊祜(ようこ)(孫呉討伐案を計画し、提案するも途中で死亡)や杜預らが中心となって、司馬炎の弟・司馬攸(しばゆう)を皇太子にするべく画策。彼らは司馬攸が孫呉討伐の総司令官として任命され、孫呉の討伐を果せば、司馬炎の皇太子として申し分ないであろうと考え、司馬攸を孫呉討伐の総司令官として任命してくれるように司馬炎へ要請します。

 

 

反対する賈充

 

だが司馬炎の側近・賈充(かじゅう
)
が孫呉討伐へ大反対します。どうして賈充は孫呉討伐へ反対したのか。

 

曹髦の暗殺許可を出す賈充

 

賈充が孫呉討伐に反対したのは司馬攸が総大将になって孫呉を滅ぼすと、その手柄で司馬攸が皇太子になり側近である羊コや杜預(とよ
)
が登用され自身が失脚する事を恐れた為です。

 

賈充は自らが握った権力を手放さない為、杜預羊祜らの計画を頓挫させるため、彼らの孫呉討伐作戦に反対していました。これら重臣たちの権力争いと後継者問題が絡んだ事が原因で、孫呉討伐作戦が大幅に遅れることになったのです。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

結局司馬炎は杜預や羊祜らの孫呉討伐案を却下し、賈充を呉討伐の総大将へ任命。

 

賈充は呉討伐の総大将に就任することを嫌がりましたが、司馬炎の圧力に抗えず、孫呉討伐の総大将を拝命。その後賈充率いる孫呉討伐軍が呉の皇帝・孫晧(そんこう)を降伏させて、天下が統一されることになります。

 

もし司馬炎が羊祜や杜預らの孫呉討伐案を採用し、司馬攸を孫呉討伐軍の総司令官に任命していればどうなったのでしょうか。まず司馬攸が司馬炎の皇太子任命されることになったのは間違えないと思います。

 

斉王になる司馬攸

 

そして司馬攸が二代目晋の皇帝へ就任すれば、国内を安定させることになったと思われます。

 

■参考文献 SB新書 三国志「その後」の真実 知られざる孔明没後の後伝

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:司馬炎の息子は一体何人いたの??

関連記事:能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる…
  2. 蜀の姜維 姜維が剣閣で最期の鉄壁の守りを見せる!!
  3. 孔明 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ
  4. 孫権に煽られて憤死する陸遜 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝より…
  5. 剣を持って戦う徐庶 趙雲隊500騎で「八門禁鎖の陣」を破った徐庶の作戦指導の功績を考…
  6. 司馬懿仲達 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  7. 三国志大学で勉強する公孫サン(公孫瓚) さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  8. 孔明もコペルニクスに似ていた 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. スーパーDr華佗
  2. キングダム53巻
  3. 荀彧と袁紹
  4. 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  5. 袁術の最後
  6. 豊臣秀吉 戦国時代2

おすすめ記事

  1. はじめての三国志コミュニティをリリースしました! バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  2. 中国の歴史書は二十一史?それとも二十四史どんなことが書いてあるの? 幕末 魏呉蜀 書物
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【3/20〜3/27】
  4. 明智光秀は千利休として生き延びた? 千利休
  5. 郭嘉は劉備の命の恩人?地獄で仏のアドバイス 蜀の皇帝に即位した劉備
  6. 榎本武揚とはどんな人?榎本武揚が建国した蝦夷共和国など紹介 榎本武揚

三國志雑学

  1. 周瑜と陸遜
  2. 亡くなる孫堅
  3. 劉備
  4. 宦官


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 程普
  2. 渋沢栄一
  3. 関羽と関索
  4. 毛沢東(もうたくとう)
  5. 于禁
  6. 宦官

おすすめ記事

二刀流の劉備 夷陵の戦いに至るまでの経緯は?夷陵の戦いまでの蜀の動きと経緯 もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの? 三国志 象兵 三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍 司馬懿 ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪 kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が載る理由?」 三条実美 三条実美とはどんな人?尊王攘夷派だが岩倉具視と仲が悪かったエリート 華雄(かゆう) 華雄って強い将軍?それとも雑魚将軍?華雄の強さを考察

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP