馬超の活躍は蜀に来るまでがピーク?晩年の錦馬超の抱えていた悩み


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

今回は三国志演義(さんごくしえんぎ)と正史では扱いが全く違う武将の一人、馬超(ばちょう)の活躍について話してみたいと思います。三国志演義の馬超は華々しいシーンも多く、美丈夫であることも相まって非常に戦うシーンが印象強いですよね。

 

馬超の仲間入り

 

しかし実際に三国志、正史で馬超は一体どんな活躍をしているのか?今回は正史の馬超の活躍を追いながら、晩年の馬超の悩みについても話したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「馬超 活躍」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:馬超には帝位につくチャンスはあった?ムチャとは承知で一度マジメに検証させてください!

関連記事:馬超はメンタルが弱い?馬超孟起のメンタルが弱かった理由

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



父、兄弟の復讐に燃える熱血漢の実際

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

三国志演義の話から始まってしまって恐縮ですが、まずはこちらから。

 

馬騰

 

馬超は馬騰(ばとう)の息子、馬家の嫡男です。父親である馬騰は馬家の子であり、同時に羌人の血も引いている人物でした。これに関してですが、元々は馬騰の父親である馬平が家が貧しくて妻が娶れず、最終的に羌人の娘を娶って跡継ぎを作ったとあります。

 

馬騰

 

言ってしまうと異国人の血を引いていたためか、容貌が優れている馬超は錦馬超と呼ばれました。

 

曹操を絶対殺すマンとしてなった馬超

 

さて演義では父親の馬騰、二人の弟が曹操に殺されたことで復讐を誓い、戦い続けるイケメンと描かれている馬超。いよいよ正史の馬超の方を追っていきましょう。

 

 

 

思い切りのいい……いや良すぎる馬超の姿がここに!

処刑を下す曹操

 

まず結論から言うと順番が逆になります。三国志演義の話では父親を殺されて曹操(そうそう)と敵対しますが、正史の馬超は曹操と敵対して父親を殺されるのです。

 

馬騰

 

元々涼州にいた馬騰は、董卓(とうたく)長安(ちょうあん)遷都後に出仕して対反乱異民族で功績を挙げます。この頃、馬騰は後述する韓遂(かんすい)と仲違いをし始め、曹操の仲裁で一度は矛を治めます。その後は漢王朝によって馬騰は曹操の影響下に位置に置かれて手柄を立てていきますが、手柄を上げる馬騰を警戒したのか曹操は軍勢を解体させた上で馬騰を都に呼びました。

 

馬超と韓遂

 

その間に曹操は漢中討伐を始めるのですが、父親の軍勢を引き継いでいた馬超は曹操の行動に疑心暗鬼になり、曹操は漢中ではなく自分たちを攻めにくるのだと思い込んで、古くからの知己である韓遂を誘って反乱を企てます。

 

が、韓遂はこの時に曹操に我が子を人質に出していたのでいい返事がもらえず……なんと馬超は韓遂に

「私は父を捨てて韓遂殿を父とします!だから韓遂殿も子供を捨てて私を子供と思って下さい!」ととんでもないことを言いだして、反乱を起こします。

 

当然、息子が反乱を起こしたので馬騰は……となるので、どちらかというと思いこみと疑心暗鬼からきっぱり父親を捨てる思い切りの良い人物……それこそが、正史の馬超の最大の活躍シーンというのはちょっと言い過ぎでしょうか?

 

 

転々とした後に劉備の元に

ボロボロになった馬超

 

しかし馬超は曹操相手に敗北、韓遂とは喧嘩別れに終わります。その後は涼州を取るも報復され、張魯の元に身を寄せます。涼州奪還のために張魯に何度も馬超は兵を借りますが上手くいかず……馬超は次第に張魯の配下に馬鹿にされるようになり、馬超もそんな状況に鬱々とした感情を抱いていた模様。

 

その後、馬超の評判を聞いた劉備は馬超を自軍に迎え入れます。

 

この馬超の劉備の元に来る下りは、三国志演義の方では後々「五虎将軍」と呼ばれるようになるなどしていますが、この五虎将軍の下りは残念ながら創作。これは正史三国志の蜀書において、五虎将軍の五名が「関張馬黄趙伝」として一巻にまとめて記述があることから創作されたようです。

 

張遼・楽進・李典

 

ちなみに蜀の五虎将軍に対抗するように、魏の五将軍というものも創作されていますが、このメンバーは張遼(ちょうりょう)楽進(がくしん)于禁(うきん)、張コウ、徐晃(じょこう)の五名です。

この五名も魏書で「張楽于張徐伝」と一緒に記述されていることからそう呼ばれたようですね。

 

入蜀後の馬超の姿は……

五虎大将軍の馬超

 

さて蜀にやってきた馬超、正史ではここまで敗北続きでほとんど活躍らしい活躍はありません。ようやく蜀で活躍を見せてくれるかと思いきや……実際にはここ蜀でも、馬超の活躍はないのです。

 

孔明

 

そしてそんな馬超の、蜀でのこんなエピソードがあります。ボウヨウという人物が蜀にいました。しかしボウヨウは諸葛亮によって野心を警戒され、劉備によって左遷されます。

 

馬超と羊

 

ボウヨウは左遷前に馬超の元へ寄って、一緒に劉備(りゅうび)に謀反しようぜ!と呼びかけます。この後に馬超はこの件を劉備にすぐ報告、ボウヨウは左遷では済まされず処刑されます。

 

この記述の所に「馬超は常に自分の置かれている状況に不安を持っていた」とあるのです。もしかしたら馬超は蜀でも手柄を上げられず、その機会も与えられず、始終警戒されているような不安を抱えて生きていたのではないでしょうか。

 

ともあれ演義で華々しく戦い、なぜかかなりいきなり病死する馬超に対し、蜀に行くも活躍なく病死する正史……この比較は三国志を見ていく上で、非常に興味深い違いですね。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

いかがでしょうか、正史の馬超と三国志演義の馬超、かなり違いますよね。ですが筆者は正史の「もう親は捨てましたから謀反しちゃいましょう!」とか言い出す馬超がこれはこれで嫌いではないのです。

むしろ三国志演義の親孝行息子みたいな馬超の方にちょっと違和感を覚えちゃったり……皆さんは、どちらの馬超がお好みですか?

 

参考文献:

蜀書 馬超伝 ボウヨウ伝

馬超 wikipedia

 

関連記事:馬超は許チョにビビって何にもできなかった!?一騎打ちもウソ?

関連記事:馬超がかっこいい!入蜀後の功績が少ない理由は血筋の良さが五虎将軍随一だから?

 

馬超特集

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-三国志の雑学
-