ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
姜維特集


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

蒋琬、漢中にて北伐を開始!その時、姜維と費禕は何を考えていた?

蒋琬(しょうえん)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

過労死する諸葛孔明

 

蜀(221年~263年)の建興12年(234年)に丞相諸葛亮(しょかつりょう)はこの世を去りました。後を継いで丞相になったのは諸葛亮の部下の蔣苑(しょうえん)でした。実はあまり知られていない話なのですが、蔣苑も諸葛亮と同じく魏(220年~265年)への北伐を行っています。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

蔣苑と言えば魏への北伐は行わずに政治に専念していた印象があります。しかし、これは小説『三国志演義(さんごくしえんぎ)』の影響によるものです。そこで今回は蔣苑の北伐とその時の姜維費禕の考えについて解説します。

 

自称・皇帝
当記事は、
姜維 漢中」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:姜維の北伐失敗と蜀の衰退

関連記事:諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略

 

 

漢中に出陣!

蒋琬(しょうえん)

 

延康元年(238年)に蒋琬漢中(かんちゅう)に出陣しました。ちょうど遼東で公孫淵(こうそんえん)が魏に反乱を起こしていた時なので好機と捉えたのでしょう。もちろん突発的な考えではありません。蔣苑は諸葛亮が行った遠征の方式では道が険阻で運送が困難であることから、兵糧が長続きしないと前から考えていました。

 

「陸上が難しいのなら、水上から攻めよう!」と蔣苑は結論を出します。

 

 

蒋琬の北伐プラン

軍事面でも才能を発揮する諸葛恪

 

蜀の延熙4年(241年)に魏では大事件が起きていました。全琮(ぜんそう)諸葛瑾(しょかつきん)諸葛恪(しょかつかく)朱然(しゅぜん
)
歩隲(ほしつ)などの名だたる呉(222年~280年)のメンバーが魏に攻撃を仕掛けていたのです。呉は手強く最終的には司馬懿(しばい)が出動して撃退することになりました。

 

蒋琬(しょうえん)

 

蔣苑はこのスキに乗じて、魏興・上庸の攻略を目指して漢中から出陣しました。姜維(きょうい)には別動隊として涼州に出撃してもらいます。さて、これは一見すると蜀と呉の共同作戦と思われるかもしれません。しかしながら、両者は全く無関係の偶然です。それどころか蔣苑はこの偶然を利用しています。

 

三国時代の船 走舸

 

蔣苑のプランは魏の攻撃だけではなく、呉と魏が争っている間に、水上で移動して長きに渡り劉備(りゅうび)孫権(そんけん)の間で問題になっていた荊州も奪うことでした。

いわゆる「漁夫の利(ぎょふのり
)
」です。

 

三国時代の船 蒙衝

 

まさに、諸葛亮ですら考えもしなかった大胆な作戦!これが成功すれば、間違いなく大勝利・・・・・・それどころか、歴史の教科書には蔣苑の名前が載っていたでしょう。でも、運命は残酷なものでした。

 


北伐の失敗と費禕と姜維の考え

蒋琬(しょうえん)

 

残念ながら、蔣苑の北伐は失敗に終わります。その理由は蔣苑が病気になったからでした。やはり諸葛亮の後継事業となると、かなりの激務だということが分かります。しかも、蔣苑に北伐を断念させた人物がいたのです。

 

蒋琬と姜維と王平

 

それはなんと味方である姜維と費禕でした。彼らは蔣苑に北伐中止を頼みました。2人が蔣苑の北伐をどう思っていたのか史料は何も語っていません。だが、費禕は後年、姜維に次のように語っています。

 

「私たちは丞相(諸葛亮)にすら及ばない存在だ。丞相ですら北伐は無理だったのだぞ。まずは国や民を治めることが大事だ。戦をするのは能力ある人物の登場を待ちましょう・・・・・・」

 

北伐したくてたまらない姜維

 

とにかく、費禕は戦に対して消極的な平和主義だったことが分かります。一方、姜維はどうでしょうか?彼は平和主義ではありませんが、北伐のルートが諸葛亮ルートを踏襲しているので、蔣苑の方針には反対と考えられています。

 

延熙6年(243年)に費禕は大将軍・録尚書事(宰相)となります。さらに翌年、姜維も録尚書事に任命されます。蔣苑はまだ存命していましたが、その時点で宰相が決まることは彼の病気が重篤だっと分かります。そして、蔣苑は病気が快復することなく延熙9年(249年)にこの世を去りました。

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

蔣苑の後を継いだ費禕はその後、自分から魏に対して北伐を行うことはありません。

 

北伐に積極的だった蔣苑に中止を要請したのも、蜀の軍事力では到底勝利は得られないと費禕独自の分析があったと考えられます。また、蔣苑の病状を見て、とてもじゃないが北伐なんて続けられないと思ったのでしょう。

 

費禕に悪気は無かったと筆者は考えています・・・・・・

読者の皆さんはどう思われますか?

 

※参考文献

・満田剛「蜀漢・蔣苑政権の北伐計画について」(『創価大学人文論叢』18 2006年)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延がいれば陳倉の戦いは勝てた?それとも負けた?史実の北伐を解説

関連記事:もし徐庶が劉備軍に留まっていたら法正と北伐を行った【if三国志】

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. ヨイショをする曹操 兗州人がパッとしない理由は地元群雄が壊滅したからだった
  2. 公孫康 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧…
  3. 羅貫中と関羽 関平の実の親って誰!?関羽?関定?
  4. 呂蒙 【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙
  5. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  6. 蜀の劉備 【三顧の礼】諸葛亮の天下三分の計「隆中対」を読む
  7. 賈詡(賈ク) 賈詡は歴史を陰から操る天才である!世界史上稀にいるタイプだよね
  8. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孟嘗君
  2. キングダム
  3. 司馬懿
  4. 孫権 劉備 対立
  5. 孔子に一番叱られたペラペラが仇になった宰我 宰我、孔子
  6. 宦官VS外威 三国志
  7. 真田丸 武田信玄
  8. 三国志 武器

おすすめ記事

  1. 武田信玄の駿河侵攻戦はどうやって攻略をしたの? 真田丸 武田信玄
  2. 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは? 孫晧(孫皓)
  3. 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 西遊記 孫悟空
  4. 馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ 馬超の兜にフォーカス
  5. 【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの?
  6. キングダム605話最新ネタバレ予想vol2「信と羌瘣は回復するのか?」 キングダム54巻amazon

三國志雑学

  1. 鍾会を説得する姜維
  2. 黄巾賊を撃退する太史慈
  3. 劉備 呂布 裏切り


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 法正に敗れる夏侯淵
  2. 孔融と禰衡
  3. 曹丕
  4. ブチ切れる曹操
  5. 楊修
  6. 陳寿(晋)
  7. 明智光秀 麒麟がくる

おすすめ記事

月刊はじめての三国志 2019年1月号 司馬家 月刊はじめての三国志2019年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 韓信vs孔明 韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった! 魏曹操と魏軍と呉軍 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!? 太史慈 【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ! 丁奉(ていほう) 丁奉の能力を数値化してみた(呉書丁奉伝を参考) 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP