【最強の軍師 】賈詡の生きざまを考察


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

殿を務める張飛

 

三国志時代には武術だけでなく、それ以外の強さを持った人物たちもたくさん存在しました。頭脳もまた強さの一つ、頭脳明晰という言葉だけでは収まり切れない知恵者たちが数多くいることが分かります。

 

賈詡

 

今回はその知恵者たちの中の中でも、「最強軍師」と呼び名の高い賈詡(かく)について語っていきたいと思います。

それとここでは「厳密に言うと三国志時代に軍師なんて役職は……」とは言いっこなしでお願いしますね!

 

自称・皇帝
当記事は、
「賈詡 最強」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:賈詡が李傕を有名人へと押し上げたアドバイスとは!?

関連記事:【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?


賈詡という人物

賈詡

 

まずは賈クについて簡単に説明していきましょう。

 

賈クは重荷曹操(そうそう)の参謀として活躍しますが、そこに至るまでの経緯として張繡(ちょうしゅう
)
董卓(とうたく)といった曹操の敵としてその知謀を発揮します。言ってしまえば曹操に散々苦労させた人物です。

 

賈詡と曹操

 

特に張繡配下の際に典韋(てんい)や曹操の後継ぎであった曹昂(そうこう
)
らを打ち取ったのも賈クの采配あってこそと言えるでしょう。それにも関わらず後に曹操の配下になっただけではなく、後継者問題に頭を悩ませている曹操にさり気なく助言をするなど、ただ有能な人材であっただけでなく、その有能さから重用されていることにも注目です。

 

賈詡

 

そんな賈クの凄さは果たして有能さだけだったのでしょうか?筆者は賈クの凄さについて、もっと別の点に注目して語りたいと思います。


賈詡のここが凄い!!

賈詡と曹操と張繍

 

賈クはかつて曹操の敵でした。またただ敵だっただけではなく、曹操に何度も苦汁を嘗めさせ、典韋や曹昂の死も賈クの働きがあってこそでしょう。しかし賈クはその後に曹操の配下になり、しかも重用されています。

 

賈詡

 

更に賈クは討ち死にでも暗殺でもなく、無事に天寿を全うするという最期を迎えました。

 

賈詡

 

賈クは曹操に対して様々な献策だけでなく、さり気なく助言を与えたり、軍略面でも貢献してきました。そして同僚たちや主君に疑われないようにか、有力者たちとの交友関係を築くことを避けたり、婚姻関係を結ばないようにするなどの配慮を行っています。

 

これこそが賈クの凄さだと思うのです。


賈クの強さとは何だったのか?

賈詡

 

賈クは本人がとても優秀だった、曹操相手に活躍した、敵であったにも拘らず、引き抜かれて厚遇された……それだけが賈クの凄さ、強さだけではありません。賈クは何度か主君を変えましたが、その全てから重宝され、その上で非常に上手に立ち回って不和を避けました。

 

賈詡

 

これこそが賈クの凄さだと思います。

 

賈詡

 

優秀過ぎて、活躍しすぎて疎まれた人材は多くいます。やむを得ず降ったものの、敵であったことから重用されなかった者も数多くいます。しかしそんな中でも疎まれず、重用され続けた賈クの立ち回り、それこそが筆者が賈クの凄さであり、強みであり、最強軍師の名を与えても良いのではないか?と思ってしまう魅力だと思うのです。


賈詡は悪人だった?評価の分かれる存在

李カク、張済、賈詡

 

さてそんな賈クですが、陳寿(ちんじゅ)からは「やることに失敗無し」とべた褒めされているにも関わらず、裴松之(はいしょうし
)
から李カクらを長安に呼び戻したことなどを非難されて酷評されているという評価の分かれている存在です。

 

賈詡

 

しかしこの頃の賈クの動きを追っていると、決して献帝を良いように使おうとした訳ではなく、あくまで保護するために動いていたと思われます。

 

漢李カク・郭祭り78 献帝

 

実際に「献帝(けんてい)が長安を脱出し、大臣たちが殺されずに済んだのは、賈クの力によるものだった」と評価もされている訳ですしね。主君を何度も変えたのも賈クだけではありませんし、その主君たちにも精一杯努めています。

 

賈ク

 

なので個人的にはあまり賈クだけを悪人扱いするのは避けて欲しい、というのが筆者の個人的な意見です。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は賈クに対して語らせて頂きました。本人が非常に優秀だっただけでは飽き足らず、周囲に疎まれぬように配慮までできた賈ク。そんな賈クは、現代でも通じる最強軍師なのでは……?と、賈クの凄さを再確認した次第です。

 

賈詡(賈ク)

 

たまに悪人のような扱いをされている賈クですが、実際には悪人扱いされないように配慮していたと考えると余計に凄い、そんな賈クの生涯を追いかけてみると、実は苦労人だった面もあったのかもしれませんね。

 

参考文献:荀彧荀攸賈詡伝

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:賈詡が献帝を完璧ガード!長安特別警備隊出動!

関連記事:賈詡のせいで董卓死後、中華が戦乱に陥った!?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

 

関連記事

  1. 夏侯惇
  2. 張角は歴史の表舞台に登場
  3. 太鼓を鳴らす村人(防犯対策)
  4. 法正と劉備
  5. 蜀の皇帝に即位した劉備
  6. 荀彧

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP