三国志演義のあらすじを分かりやすく紹介


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

三国志は実際に昔あった話でもあり、作り話でもあります。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

それは史実にもとづいた『正史三国志』とそれに脚色を加えた『三国志演義』という本があるから。「三国志」という場合、まずは『三国志演義』の話だと思って大丈夫です。

 

ドラマティックな『三国志演義』のあらすじを紹介しましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「三国志演義 あらすじ」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超の一騎打ちの強さは正史と三国志演義じゃ全然違う?

関連記事:【三国志演義】赤壁の戦いではどうして孫権より周瑜の出番が多いの?


腐敗した漢王朝

張譲(宦官)

 

長期にわたって中国を統治していた漢王朝は、張譲(ちょうじょう)を中心とした10人の宦官(去勢された官吏)、「十常侍(じゅうじょうじ)」たちに権力を握られていました。

 

疫病が蔓延している村と民人

 

賄賂や不正が横行し、民衆は飢えや伝染病に苦しむ状態となっていました。


黄巾の乱

張角は歴史の表舞台に登場

 

そんな中、漢王朝の没落ぶりに心を痛めていた張角(ちょうかく)は、妖術を身につけ、多くの人の病を治し、風や雨を呼ぶことができるようになります。

 

暴れる黄巾党と張角

 

張角は大賢良師と名乗って太平道という新興宗教を創設。彼は漢王朝に反乱を起こします。

 

黄巾賊を率いて暴れまわる何儀(かぎ)

 

太平道の人間は頭に黄色い頭巾を被るようにしたことから、「黄巾の乱」と言われています。

 

李典と于禁、黄巾賊

 

張譲たちは、全国に勅令を出し、黄巾党の討伐を命じます。


黄巾討伐軍

黄巾賊を撃破する皇甫嵩

官軍は皇甫嵩(こうほすう)朱儁(しゅしゅん)盧植(ろしょく)などが活躍し、官軍は少しずつ拠点を取り返します。官軍には、若き官僚の曹操や義勇軍として参加の劉備、孫権の父の孫堅も参加していました。

 

張角逝く

 

彼らの功績や張角の病死によって、反乱は鎮圧されます。しかし、漢王朝がすでに力を失っていることを露呈してしまった出来事となりました。


朝廷の混乱

王族ボンビーから一転セレブ09 霊帝

 

黄巾の乱が鎮圧されて数年後に、霊帝が崩御します。しかし、霊帝の崩御によって朝廷に紛争が勃発。霊帝の皇后である何氏(かし)が、息子を少帝として即位させます。

 

何進

 

何氏の兄である何進(かしん)は十常侍の排除をもくろみますが、逆に返り討ちに。

 

宦官を倒す袁紹

 

それに対して袁紹(えんしょう)が宮廷に兵を入れて十常侍を殺害。

 

董卓

 

続いて董卓(とうたく)が大軍を率いて上洛し、少帝と陳留王を保護。董卓が実権を握ることになります。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操
  2. 魯粛、周瑜、劉備
  3. 蜀の姜維
  4. 郭嘉の本
  5. 鮮卑賊
  6. 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP