ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹叡が有能だったのは本当?曹叡を歴史上の人物でも例えてみる

孔明をdisった文章を送りつける曹叡


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹叡

 

曹叡(そうえい)は魏(220年~265年)の第2代皇帝です。明帝(めいてい)とも呼ばれていますが、曹叡が有名なのでこの記事では曹叡で通します。

 

曹丕

 

曹叡は祖父の曹操(そうそう)・父の曹丕そうひ)と比べたら影が薄いという印象がありますが、調べてみると曹叡が祖父や親に負けない人材であると分かります。そこで今回は正史『三国志』をもとに曹叡がどれほど有能であったのか解説します。

 

※記事中のセリフは現代の人に分かりやすく翻訳しています。

 

自称・皇帝
当記事は、
「曹叡 有能」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選

関連記事:史実の曹休の生涯を解説!曹休は曹叡から引退勧告疑惑もあり?


敗北ムードでも慌てることなし

北伐でやりあう曹叡vs孔明

 

魏の太和2年(228年)に蜀(221年~263年)の諸葛亮(しょかつりょう)が国境に侵入して、天水・南安・安定の三郡を攻略しました。諸葛亮の第1次北伐です。この時、三郡の民も呼応して反乱を起こします。

 

洛陽城

 

『魏書』という書物によると、この時に洛陽ではどんな対処をしてよいか分からずに大混乱に陥りました。しかし曹叡は全く慌てる気配が無く逆に落ち着いており、「諸葛亮は蜀の山を頼りに守備していたのに出撃してきた。これは『孫子』の兵法に合致した内容である」とコメント。

 

どういう意味なのかは『孫子』「虚実」篇という個所を読まないと分からないのですけど、要するに曹叡は本拠地が、がら空きと考察しているのです。

 

孫子の兵法 曹操

 

曹叡の祖父である曹操は生前、『孫子』研究をしており、自分で注釈を作るほど熱心でした。おそらく曹叡は祖父の注釈付きの『孫子』を読んで、諸葛亮の軍の弱点をすぐに見抜いたのでしょう。さらに曹叡は「諸葛亮は勝ちムードなので退却することを分かっていない。この機会を利用すれば我々の勝利は間違いない」と言って自ら出陣を決めます。

 

手柄を立てる張コウ(張郃)

 

こうして張郃(ちょうこう)曹真(そうしん
)
郭淮(かくわい)が出陣。諸葛亮の命令を無視して街亭の山頂に布陣していた馬謖(ばしょく)を撃破して勝利しました。


デマを流されても知らん顔をする曹叡

曹叡

 

諸葛亮の第1次北伐の防衛に成功した曹叡は洛陽に帰還します。だが、帰ってくるとビックリ!

 

なんと、都では自分が死んだというデマが流れていたのです。それどころか曹叡に従軍した部下が、かつて曹丕と後継者争いをした曹植を新皇帝に擁立しようと企てたという話まで盛られています。ところが曹叡は普通にピンピンして帰ってきたので、みんな唖然・・・・・・

 

卞夫人 曹操

 

曹操の奥さんである卞夫人(べんふじん)(当時は卞太后)も悲しんだり喜んだりと複雑です。卞夫人は曹叡にデマを流した人物を処罰しようと提案します。しかし曹叡は、「都の人がみんな言っていたんでしょう。どうやって処罰するのですか?」と逆に疑問視します。史料はそこで終わっているので、それ以上は分かりませんがおそらく処罰は行われなかったと筆者は推測しています。

 

なんとも心の広い男です!


曹叡を歴史上の人物で例えたら?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

曹叡を歴史上の人物で例えたら誰に該当するか?そんな史料があるのかと思うかもしれませんが、実はあるのです。

 

『世語』(別名『魏晋世語』)という史料でした。郭頒(かくはん)という人物が執筆したものであり、正史『三国志』では裴松之が注として持ってきています。『世語』によると曹叡と部下はもともと接触が乏しかったので、即位当時から曹叡がどんな人物なのか部下の間で噂になっていました。曹叡即位からしばらくすると、劉曄という人物が曹叡に会うことになります。

 

劉繇は一日中曹叡と会見して帰ってきました。みんなは「陛下はどんな人でした?」と尋ねます。

「秦(前778年~前206年)の始皇帝と前漢(前202年~後8年)の武帝の部類です」と劉曄は答えました。

 

始皇帝

 

始皇帝武帝に共通しているのは具体的には(1)法律重視、(2)匈奴対策などです。劉繇が曹叡とどのような会話をしたのか史書は語っていませんが、おそらく上記の内容について話したので、このような評価が出たと考えられます。


三国志ライター 晃の独り言 全ては劉曄の計画だった

三国志ライター 晃

 

上記の劉曄(りゅうよう
)
の話には続きがあり、劉曄は最後に「ただし、資質について陛下は始皇帝武帝には及びません」と言っています。

 

筆者は劉曄の言ったこと全てが真実とは思っていません。なぜなら劉曄は尋ねられても、本心を隠して別の答えを出す人物で有名です。『傅子』という書物によると、晩年はこの性格を曹叡に嫌われたことが記されています。

 

推測の域に過ぎませんが、おそらくこうだったのではないでしょうか?

 

劉曄は面会して話した時に曹叡の才能が親の曹丕を圧倒的に越しており、祖父の曹操に近いと感じたのかもしれません。ただし、同僚に真実を話すとビビったり、政変が起きる可能性もあります。

 

だから、例えに古い始皇帝と武帝を出したのです。彼らは劉曄からすれば約100~200年前の人物。現代の日本で例えるなら、明治・江戸時代の人間を例えに出すのと一緒です。さらに評価も一段階下げておけば、聞いた同僚は「そうですか。分かりました」しか返事が出来ません。

 

曹叡に面会出来たのは劉曄だけだったのですから、本当の曹叡を知っている人は誰もいません。

 

全ては劉曄の計画通りだったということでした。

 

※参考文献

・石井仁『魏の武帝 曹操』(初出2000年 後に新人物文庫2010年)

・立間祥介『諸葛孔明―三国志の英雄たちー』(岩波新書 1990年)

 

はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。

今回の記事に異論・批判・反論がある人はどんどん来てください。なんでもいいですよ!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹叡は本当に司馬懿を信頼していたのだろうか?

関連記事:卑弥呼の使者はどうやって魏の曹叡の面会を果たすことが出来たの?

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 孔明 司馬懿 陸遜 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  2. 袁紹 もしも、陳宮が呂布ではなく袁紹を支持して兗州を取らせたらどうなる…
  3. 後継者争い 劉協と劉弁 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…
  4. 龐統 「連環の計を見破った以上、龐統よりも徐庶のほうが上じゃね?」とい…
  5. 楊儀と魏延 もしも、諸葛亮の後継者が魏延だったら三国志はどうなる?
  6. 郭嘉 vs 法正 郭嘉と法正って似ている所あったの?
  7. 袁術と周瑜と孫策 孫策・周瑜の断金の交わりを生み出したのは袁術のおかげだった!?
  8. 蜀の劉備 【三顧の礼】諸葛亮の天下三分の計「隆中対」を読む

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操 孔明をチェック
  2. 陸遜
  3. バリバリビジネスマンの坂本龍馬
  4. 井伊直政
  5. 蔡琰
  6. 黄蓋
  7. 木牛流馬

おすすめ記事

  1. キングダム608話ネタバレ予想「王翦が李牧と手を組まない5つの理由」 キングダム54巻amazon
  2. 中央集権国家を目指した版籍奉還とは?【前半】 明治天皇
  3. なぜ董承は死んだ!?後漢の忠臣の最期は召使いの裏切りだった!! 董承
  4. 【祝】月間150万PV達成!はじめての三国志より感謝の言葉
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第26話「誰がために城はある」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  6. 関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの? 関羽

三國志雑学

  1. 凌統
  2. 曹操と虎豹騎
  3. ボロボロになった馬超
  4. 朱然によって捕まる関羽
  5. 郭嘉


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 邪馬台国と魏軍の兵士
  2. キングダム
  3. 朝まで三国志2017表情 kawausoさん04 哀
  4. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)
  5. 魯粛
  6. 皇甫嵩にコンプレックスを抱く董卓
  7. 冒頓単于と劉邦

おすすめ記事

沖田総司 幕末 沖田総司とはどんな人?本当にイケメンで彼女はいたの? 法正 性格の悪さで名高い?軍師法正の逸話からその性格を分析してみよう! 項燕 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将! 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】 はじめての三国志 4コマ劇場 「難攻不落の門」 曹操にコテンパにされる袁紹 官渡決戦は寛治vs猛政統治モデルの激突だった! 外交官でもあり、財神にもなった子貢 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない魯の救世主 魯粛 魯粛が孫権を煽ったから○○の戦いを決断することができた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP