陸遜のエピソードは他の武将よりまとも?三国志演義の不思議


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

呂蒙を慰める孫権

 

三国志演義には色々な武将が登場しますが、良く言われるのが「蜀の引き立て役」。特に呉では周瑜(しゅうゆ)魯粛(ろしゅく
)
呂蒙(りょもう
)
と歴代都督(ととく
)
諸葛亮(しょかつりょう
)
の引き立て役のような扱いになってしまうのがお約束となっています。

 

陸遜

 

しかしそこで湧き出る疑問、陸遜(りくそん)はそこまで引き立て役ではない……?

今回はこの疑問点についてお話したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「陸遜 エピソード」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 


三国志演義の周瑜~美男な諸葛亮の引き立て役~

周瑜

 

智勇兼備の美男子である周瑜ですが、三国志演義の周瑜はあくまで諸葛亮の引き立て役。活躍するもそれ以上に諸葛亮が活躍するので、結果として諸葛亮には絶対に勝てないと知って憤死してしまいます。

周瑜

 

諸葛亮を殺そうとして失敗する上に、なぜか後任の魯粛(ろしゅく
)
に難題を押し付けたりなどする性格的にも良くない描写も挿入されていて、むしろ周瑜ファンが慟哭(どうこく)しそうな感じに描かれているのは否めないところですね。


三国志演義の魯粛~お人好しすぎる~

魯粛

 

三国志演義の魯粛は何というかお人好しの一言。本来なら関羽(かんう)ともやり合う弁舌(べんぜつ
)
、知略の持ち主であるにも関わらず、そんな描写はほとんどカットされているためか、諸葛亮に良いように扱われてしまうお人好しな人というイメージです。

袁術を励ます魯粛

 

とはいえ良い人であることはイメージとして残るので、まだ周瑜に比べれば扱いが良いという声も……?


三国志演義の呂蒙~最期が壮絶~

関羽の呪いで殺される呂蒙

 

三国志演義の呂蒙はどちらかというと関羽(かんう)の被害者と言うべきでしょうか。関羽を討ち取ったもののその関羽に呪われ、孫権(そんけん)を罵った後に全身から血を噴き出して死ぬという壮絶すぎる最期を迎えます。

甘寧と凌統と呂蒙

 

実際には民衆にも細かく気を配る人物なのですがそれらのエピソードがあまり描かれていないのが残念ですね。


良く扱われていない歴代都督

孫権に煽られて憤死する陸遜

 

さてここまで述べてくると陸遜の最期もそりゃあ悲惨なんだろうな……と思いますが、実は陸遜は正史の方が悲惨な最期を迎えています。何よりも二宮の変(にきゅうのへん)という陸遜最大の鬱エピソードがばっさりカットされているからか、変な改編などもそこまでありません。

陸遜

 

陸遜というと関羽の討伐にも関わっただけでなく、夷陵の戦い(いりょうのたたかい
)
の呉の最大の功労者。その陸遜はどうして三国志演義での被害者になってないのでしょうか?

 

それについてちょっと考えてみました。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 李儒と三国志(はてな)
  2. 呉蜀赤壁の戦い
  3. スピリチュアルにハマる光武帝
  4. 孔明による出師の表
  5. 孫策、陸遜、顧邵、他
  6. 曹操と劉備(相撲)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP