李術とはどんな人?孫権に恨まれて殺された男


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫権に気に入られる孫覇

 

アルハラ君主孫権(そんけん)、しかし、孫権が腹を立てて殺した人物というのはそんなに多くありません。黄祖(こうそ)は孫家全体の仇でしたし、個人としては孫権の政治を批判して死罪になった沈友(しんゆう)等がいる位です。ところが、そんな我慢強い孫権ですが、どうしても殺さずにはおけない程に恨み、遂には城ごと(ほふ)ってしまった人物がいます。その名は李術(りじゅつ)と言い廬江太守(ろこうたいしゅ)でした。ですが、どうして李術はこんなに孫権に恨まれてしまったのでしょうか?


民が逃げるのは貴様に徳がないからだ!by李術

李術

 

李術は豫州汝南郡(よしゅうじょなんぐん)の出身で、孫策の時代に廬江太守に任命されました。しかし、孫策が死ぬと後を継いだ孫権を認めようとせず、曹操が任命した揚州刺史の厳象(げんしょう)を殺して独立傾向を強めました。そればかりか、李術は孫氏からの逃亡者や謀反人を次々と廬江で匿うようになります。

 

孫権は李術に書簡を送り、逃げた罪人を捕まえてほしいと要請したところ、李術は「徳があれば人は従い、徳が無ければ去っていくのが自然の摂理(せつり)だ、捕らえてやる事は出来ない」と(うそぶ)いた返事を送りました。この、お前は徳がないから住民が逃げるのだという李術の上から目線に、孫権は激しく腹を立てる事になります。


崩壊寸前だった孫呉

炎上する城b(モブ)

 

今回の逸話は正史三国志を補う、江表伝のもので、本当かどうか真偽不明です。しかし、覇王であった孫策の死後、無名の孫権が後を継いだ事で、領地の住民や豪族が不安を感じて続々と逃げ出すという事は当時としては普通の事だと思います。

 

張昭

 

事実、張昭(ちょうしょう)は、孫権が孫策の死をいつまでも嘆いて泣いているのを叱責して、今は非常時なので感傷的になっている暇はないとして、喪服を脱がせて平服に着替えさせ、賊を平定するという象徴的な意味がある馬上に乗せるという事をやっています。

 

李術にブチ切れる孫権

 

このような孫呉が崩壊するかも知れないという状態の時に、李術にお前には徳がないと上から目線で言われたわけで孫権としては激しく恨むに足る状況でした。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将


曹操に李術をチクる事を思いつく孫権

呉蜀と魏に二股をかけている孫権

 

このように李術にバカにされた孫権は、自ら李術を討伐する事を決意します。

 

しかし、李術も孫権も、一応漢の臣下という立場であり黙って討伐軍を出すと、それが問題にされかねない恐れがありました。そこで、任命権者の曹操に対し李術を処罰するので許可してくれという手紙を書いて、曹操に出したのです。


恨み爆発の孫権の手紙

幕末 魏呉蜀 書物

 

その手紙は以下のような内容でした。

 

厳刺史(げんしし)は、昔あなたが任命した人物であり私を推挙してくれた恩人でもあります。廬江太守の李術は凶悪な男であり、漢の制度を軽んじて法律を破り、無道にも厳刺史を殺害し、ありとあらゆる不法行為をしています。ここは、可及的速(かきゅうてきすみ)やかに李術をブッコロ!して。社会のゴミを懲らしめるのが妥当でしょう。

今、私が李術を討つというのは、大きい視点では国家に蔓延(はびこ)る巨悪をルンバ(掃除)し小さい視点では私の恨みを晴らす事になり、これは大変スカッとします。これは天下の道理というもので、私は毎日、毎夕李術がブッコロ!になる時を待ちわびるものです。

とは言っても、お気をつけ遊ばせ!あのズルい李術の事なので、きっとブッコロ!が近くなれば嘘八百を並べて泣き叫び救援を求める事でしょう。あなたは宰相の地位にあり万人がひれ伏す尊い立場です。願わくば李術を捕らえても、あやつのたわごとに耳を貸しませんように、頼むよホントに

内容に納得がいかないkawauso様

 

多少誇張して、話を面白く盛っていますが、とにかく、俺に恥をかかせた悪党の李術をブッコロ!にするので、了承しておいてくれよというのです。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 戦で手柄を立てる朱治
  2. 孫皓と張俊
  3. 韓当(かんとう)
  4. 孫堅の身代わりになり逃走する祖茂
  5. 周瑜と程普
  6. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP