孫家を支えた朱治は孫呉の功績者でもあるが呉の命運も縮めた?


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

土いじりをする劉備

 

三国志の時代、全ての人物たちが覇者を夢見る時代。全ての人々が最初から力を、土地を、兵力を持っていた訳ではありません。そして同時に、持っていた力をずっと失わなかったわけでもまた、ないのです。

海賊時代の孫堅と孫策

 

父であった孫堅(そんけん)が死に、混乱の中でも再び天下に飛翔した孫策(そんさく)。そしてその孫策を、そして孫呉の飛翔を支えた人物、朱治(しゅち)のお話をしたいと思います。

 

孫堅を支え、孫策を助けた朱治

朱治

 

朱治は元々は県の役人でしたが、孝廉(こうれん
)
に推されて州の従事を行っていた時から孫堅の配下となったようです。孫堅の配下となった朱治は異民族との戦い、董卓(とうたく)との戦いなどで功績を挙げていきます。そして督軍(とくぐん)校尉(こうい
)
となりますが、孫堅が横死(おうし
)
してしまいます。

 

呉の勢力を率いる孫策

 

その後は孫権(そんけん)の息子・孫策(そんさく)を支え、江東(こうとう)の地を基盤として天下に飛翔する手助けをしていくのです。

 

慎み深い、思慮深い性格

呉の孫権は皇帝

 

そして孫策亡き後はまだ若い孫権を支えていった朱治は着実に出世していきます。最終的に安国将軍(あんこくしょうぐん)になりますが、呉郡太守(ごぐんたいしゅ
)
を兼務のまま故郷の故鄣に赴任が認められるなど孫呉でも特例が認められるような、高い功績を持った人物でもあります。しかしそんな身分となっても質素倹約な生活を送り、慎み深く、また孫権の弟で性格にちょっと難があった孫翊(そんよく
)
を諫めるなど、思慮を巡らす人物でもあったそうです。

 

重臣であることが伝わる伝

戦で手柄を立てる朱治

 

そんな朱治は正史三国志にもしっかりと伝が残されています。それは巻にして五十六、朱治朱然呂範朱桓伝(しゅちしゅぜんりょはんしゅかんでん)に残されているのです。

お気づきでしょうか?

 

そう、朱治は巻の一番先に名前があり、そこには「孫堅が別動隊を朱治に率いさせた」「黄巾賊の残党討伐のために援軍として派遣した」と記されているのです。この時点で朱治が如何に孫堅に信頼されて、孫呉でも特別な位置にいたということが伝わってきますね。

 

朱治はマイナー?

赤壁の戦いで活躍する黄蓋

 

ただそんな朱治ですが、残念ながら現代ではそれほどピックアップされていないように思います。調べれば調べるほど孫呉でも黄蓋(こうがい)程普(ていふ)に並ぶ、いや、それ以上かもしれない朱治の存在。それは孫呉の基盤の土地とも言える呉軍太守を長年務めたことからも分かります。そんな朱治はどうして現代ではそれほど注目されないのか?

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-はじめての呉
-