郭汜とはどんな人?実は猛将!董卓軍ナンバー2の猛将

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

郭汜とはどんな人?(1P目)


対決 呂布VS郭汜 董卓軍ナンバー2の猛将!?

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

さて、『英雄記』によると郭汜はこの時、呂布と一騎打ちを行ったことが記されています。残念ながら一騎討ちは呂布が圧倒的に上であり、郭汜は部下に助けられながら逃げ帰ることになります。

 

華雄(かゆう)

 

しかし一騎討ちするということは郭汜は、かなり腕に自信があることが分かります。『三国志演義』だと董卓軍ナンバー2の猛将は華雄ですが、実際は郭汜だったのですね。

 

袁術に助けを求める呂布

 

一騎討ちでは勝った呂布ですが、不意打ちをくらったことからわずか10日で長安は陥落。呂布は袁術(えんじゅつ)のもとへ逃走、王允は郭汜たちの手により殺されました。

李カク(李傕)と郭汜と献帝

 

そして賈詡の提案通り、皇帝は李傕・郭汜の手で操られる存在になってしまいます。


李傕との不和

樊稠

 

協力しあっていた董卓軍残党でしたが、やがて醜い内ゲバを開始!興平2年(195年)に長安襲撃の功労者の1人である樊稠を殺害。

 

李カク(李傕) 樊稠、李傕

 

裴松之が史料として採用している『九州春秋(きゅうしゅうしゅんじゅう
)
』という書物によると、樊稠は韓遂(かんすい)が反乱を起こした時に追い詰めながらも見逃したのです。それを李傕に追求されて殺されたと言われています。

 

賈詡

 

また、理由は不明ですが李蒙も興平2年(195年)に殺害されています。賈詡も張済も嫌気がさしてしまい、李傕・郭汜には一切関わりません。さて、郭汜も最初は李傕との関係は良好であり、郭汜が李傕の屋敷まで飲みにいくほどの仲の良さでした。

 

李カク(李傕)

 

ところが郭汜の妻は、李傕のことを良く思っていません。李傕が夫の郭汜に妾を紹介する可能性を考えていたのでした。そんなことがあったら夫婦間に亀裂が入ってしまいます。そこで郭汜の妻は夫と李傕の仲を裂くことに決めます。

 

李傕

 

ある日、郭汜のもとに李傕から贈り物が届きます。中身は分かっていませんが、おそらく食べ物だったのでしょう。早速、開けようとした郭汜でしたが、「外からのものです。何が入っているか分かりません」と郭汜の妻が止めます。郭汜の妻は用意していた毒薬を贈り物にこっそりと混入して、それを郭汜に見せつけました。

 

李カク(李傕)と郭汜

 

「あなたが普段から李傕殿と親しくすることを私は疑問に思っていました」と郭汜の妻は、郭汜の猜疑心をあおりました。それを聞いた郭汜はこの件以降、李傕を疑うようになります。

 

郭汜

 

しばらくして李傕と郭汜は一緒に酒を飲みました。毒を盛られたかもしれないと思った郭汜は用意していた解毒剤を飲みます。ちなみに解毒剤は糞をしぼったものです。汚い話でスイマセン・・・・・・詳細なことは記されていませんが、おそらく李傕の前で飲んだのでしょう。李傕はカチンときて2人は完全に仲違いします。


楊彪を斬ろうとするが・・・・・・

李カク(李傕)と郭汜

 

郭汜と李傕は長安で戦闘を展開。両軍とも死者が増加しました。

 

献帝を欲しがる郭汜

 

郭汜は最初、献帝(けんてい)を自陣に入れようとしますが、李傕に先を越されます。やがて両軍とも疲弊してきたので、李傕は郭汜に講和するため大臣を派遣しました。ところが郭汜は彼らを捕縛。

 

楊彪(ようひょう)

 

郭汜は捕縛した大臣たちをもてなして、李傕を倒す策を尋ねます。この時、楊彪(ようひょう)が「部下たちがお互いに闘って、1人は帝を人質に、1人は大臣を脅迫・・・・・・こんなことが許されますか?」と言い返しました。

 

袁術と楊彪

 

怒った郭汜は楊彪を斬ろうとしますが、周囲が止めたのでやめました。楊彪は袁紹(えんしょう)と同じく4代に渡り宰相を輩出した弘農楊氏出身。楊彪を斬れば人望を失うことになるのです。


没落と暗殺

李カク(李傕)と献帝

 

やがて李傕と郭汜の壮絶な権力闘争に嫌気がさした献帝は長安から脱出。李傕と郭汜の醜い争いは張済が間に入って和解に持ち込みます。その後、李傕・郭汜・張済は献帝をかつての首都洛陽まで護衛することになりました。しかし郭汜は途中で心変わり。

 

献帝

 

再び献帝を手に入れるために李傕と手を組んで朝廷の軍を攻撃。朝廷の軍は壊滅的打撃を受けます。だが、献帝はどうにか脱出して逃げることに成功。

 

献帝を保護する曹操

 

その後献帝は李傕・郭汜から1年に渡り、逃亡して曹操に保護されました。当時の曹操はまだ弱小軍閥でしたが、献帝を手に入れたことにより求心力が一気に増しました。

 

 

一方、李傕と郭汜は献帝を失ったことにより一介の地方軍閥に没落。そのまま衰退していくだけでした。建安2年(197年)に李傕と郭汜は、曹操が派遣した裴茂(はいぼう)により討たれます。裴茂は裴松之の先祖です。

 

郭汜

 

李傕はその時に捕縛されて処刑、郭汜は逃げる途中で部下の伍習(ごしゅう)により殺害されました。享年不明。世間を震撼させた董卓軍の残党は、建安2年(197年)までに、ほとんどが消滅したのでした。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

中学時代によくプレイしていた「三国志戦記2」というゲームがありました。あのゲームにも郭汜は登場するのです。鍛えたらかなりの猛将として使えました。ゲーム制作に携わった人は、おそらく正史『三国志』を読んでいたのでしょう。ちなみに李傕もいたのですけど、彼は鍛えても思った以上に強くはなりませんでした(笑)

 

※はじめての三国志では、コメント欄を解放しています。この記事以外のことでも、何か気になることがあったら気軽にコメントしてください。お答え出来る範囲でしたら回答いたします。

 

関連記事:【李傕・郭汜祭り 1日目】凶悪!董卓を上回る暴君李傕の履歴書

関連記事:賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?

関連記事:虎牢関の猛将呂布より出世していた胡軫とは何者?

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 文醜
  2. 郭援
  3. 長坂の戦いでの趙雲
  4. 三国志 まとめ
  5. 禰衡

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP