キングダム657話ネタバレ「解放の意味」レビュー考察

はじめての三国志_ページネーション

こちらは3ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

キングダム657話ネタバレ(1P目)




キングダム657話ネタバレ「解放の意味」

張飛の男気人生

 

「蒙武、お前の本当の力を見せてみろ。お前の背負っているものの力もあわせて挑んで来い」

「お前が背負うものごと打ち砕くのが、俺の望みだ」

 

その瞬間、蒙武の背後に昌平君が移りブチ切れた雰囲気の蒙武が、怒りの一撃を満羽にHITさせます。これは強力、聖闘士星矢方式で追い詰められた蒙武のコスモ爆発か?




キングダム657話ネタバレ「おとぼけ寿胡王」

孟獲に変装する帯来洞主(南蛮族)

 

同じ頃、寿胡王の本陣の最終防衛ラインをファルファル騰が突破していました。あわてふためく楚兵に対し寿胡王は余裕で

 

「見えておるわい、秦虞の為に潰れ役になるなどと、秦と魏はいつの間にここまで仲良くなった」

などと、とぼけていますが、部下は什虎城への撤退も考えるべきと言っています。




キングダム657話ネタバレ「魏の井闌車出撃」

洛陽城

 

同じ頃、閑を潰していた什虎城の守備兵はビックリ仰天していました。魏の別動隊の率いる井闌車(せいらんしゃ)が幾つも什虎城に突進してきていたのです。守りを固める什虎兵ですが、確か5000人しかいないはず、魏の井蘭車の大軍に対応できるのでしょうか?

 

煽り:今頃、のこのこやってきた魏の井蘭車、このまま什虎城を包囲し、ジ・エンドなるか?

それとも、寿胡王が戻ってきて籠城戦か、待て次号!

 

キングダム658話予想

kawauso

 

今回は、kawausoの予想がすんなり当たりそうです。やはり、満羽は過去に祖国から捨てられた事実があり、それを古参兵が語ろうとして制止されました。恐らく満羽は、祖国を信じ仲間を信じる蒙武の本気を知りたいのでしょう。

 

全身全霊を持って背負う事を放棄した自分を蒙武に否定してもらいたいのです。だから、落馬直後を討つような卑怯な事をしなかったのだと考えます。龍范は、ゴテゴテした鎧から重騎兵だと見ていましたが、これもあたりでした。

 

だとすると、残りの什虎3将軍の過去は何なのか気になりますね。特に、半勃起の千斗雲には、どんな過去があるのか…

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

ようやく動き始めたキングダム、満羽&蒙武戦は近いうちに決着するのでしょうか?

本拠地の什虎が攻められている以上、いつまでも野戦をするわけにはいかない感じもしますけど…

 

前回記事:キングダム656話ネタバレ「興味がある」レビュー考察

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム657話ネタバレ予想「蒙武は満羽を倒せるか?」

関連記事:キングダム656話ネタバレ予想vol2「蒙武vs満羽」はどうなる?

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 




< 1 2

3

関連記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. キングダム55巻
  3. キングダム53巻
  4. 昌平君
  5. キングダム52巻

コメント

  • コメント (7)

  • トラックバックは利用できません。

    • 当たるも八卦当たらぬも八卦
    • 2020年 10月 21日

    kawausoさんは他人の創作物語の先行き予想が当たっただの外れただのに一喜一憂したい人なんだねーw

    • 匿名
    • 2020年 10月 18日

    予想が当たりましたー
    ネタバレとは予想することですかね?

    • 匿名
    • 2020年 10月 16日

    全てを失った満羽は武人としての死に場所を求めていて、一国の大将軍として国と国民を背負って戦っていた、かつての自分に似ている蒙武に討って欲しいんだと思うけど。

    死に場所を求めているのは皆同じで、彼らに楚に与えられた什虎城や楚国民を守る気なんて最初から無いだろうし、千斗雲や寿胡王らも自分が満足するまで戦えたら、死に場所を得たいという点では同じだと思う。

    満羽や寿胡王は蒙武と騰が相手をするからいいとして、千斗雲と玄右は対等に渡り合える相手がいない(新登場の龍范が千斗雲を倒せる力が無いとしてだけど)から、長引くようなら李信と王賁辺りが助っ人に呼ばれそうだけど。

    • にい
    • 2020年 10月 16日

    玄右は、魏に襲いかかり
    満羽は、秦に襲いかかり
    千斗雲は………
    城から一直線に遠ざかり
    録鳴未と、乱美伯が襲ってくれなかったら
    何処へ行くつもりだっだんだろ。。。

    城の前が平野で、戦闘が繰り広げられている
    …とすると、井闌車はその戦乱の中を抜けて来た?

    それとも城の後ろや横も、だだっ広い平野で
    川、堀、崖、山に守られぬ
    平野にポツンと建てられた城だった?

    しかし、見張りにも気づかれず
    井闌車軍団はやって来る

    地形も、布陣も、戦略も、何もかも
    よくワカラナイ。。。

    • 匿名
    • 2020年 10月 15日

    予想が当たりそうとかどうでもいい
    外れれば無視。当たれば予想した通りとか言うだけ
    くだらんなー

    • 匿名
    • 2020年 10月 15日

    テンポが悪い、内容薄い、長い。
    主人公不在はもっとさらっとやって欲しいなー
    六国まだどこも滅んでないよ、先は長いしもそっとテンポよく

    • 匿名
    • 2020年 10月 15日

    魏って金持ち国家なんかね(黄金の鎧ってクソ重そう+装備の重量で役に立つのか疑問)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP