孫呉の家庭内政争!孫峻はどうして孫綝を後継者にしたの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

後継者争いを放置する孫権

 

孫権(そんけん)が後継者問題を放置して起こった結果的に家庭内では終わらず家臣団まで巻き込んだ家庭内政争。

 

孫権の跡継ぎ9歳の孫亮

 

それは孫権が幼帝、孫亮(そんりょう)を後継者としてからも終わることはありませんでした。

 

孫峻

 

孫亮を皇帝としたことで、孫峻(そんしゅん
)
孫綝(そんちん
)
と専横の時代が続いてしまったのですから……しかし孫峻はまだしも、どうして最後に孫峻は孫チンに後を託してしまったのか?

 

今回はその事について、考えてみたいと思います。




孫峻の専横

孫権に気に入られる孫峻

 

まずは孫峻の専横時代をおさらいしましょう。孫峻は孫策(そんさく)、孫権からすると従兄弟の孫になります。そんな孫峻は二宮の変(にきゅうのへん)で孫権から信頼されるようになり、後事を託されます。

 

諸葛恪

 

この際に孫峻は諸葛恪(しょかつかく
)
を推挙し、二人は二大巨頭として孫呉を支えた……のは短い間でした。

 

諸葛恪と孫峻

 

諸葛恪が自身の失敗から専横をするようになったために孫峻はこれを殺害。その一族まで抹殺して専横していくことになります。




一人残す

北伐に失敗する孫峻

 

ただこの際に、諸葛恪と親しい、縁戚でもあった滕胤という人物だけは残し、昇進させました。孫峻がこの時に何を考えていたのかは分かりません。しかしこの後に孫峻自身も北伐を失敗、更に失敗。

 

孫峻の専横

 

失敗に失敗を重ねてしまった孫峻は周囲からの信頼を失い……あったかどうかは知りませんがとにかく失ってしまい、今までやった非道な振る舞いに罪悪感があったのか、疑心暗鬼に陥ります。

 

【呉と孫権が抹殺したい事件・二宮の変】
二宮の変

 

逃走、病死、諸葛恪

行軍する兵士達a(モブ)

 

そんな疑心暗鬼に陥った孫峻。彼が驚きの行動を取ったのは256年。青州・徐州の攻略を行った際に、味方の(重要)呂拠(りょきょ
)
が立派な陣形を整えていました。

 

孫峻「見事な陣形……これは呂拠に殺される!!」

 

諸葛恪に夢で殴られて死ぬ孫峻

 

……良く分かりませんが孫峻、単身逃走。帰ってきた孫峻は自らが殺した諸葛恪に夢で殴られ、そのまま病死。呉の専横した孫峻の、何とも言えない最期でした。

 

孫権が孫峻を起用した理由について

孫権

 

ここで少し、孫峻に孫権が後事を託した理由も考えてみましょう。とは言え、人格にとても難があるとは言え、孫峻は優秀です(特に政争)。また二宮の変で頼りになった相談相手ということもあり、孫権が信頼するのも無理のない事でしょう。

 

孫亮を後継者として指名する孫権

 

何よりも、孫亮の存在です。

 

孫亮を支える諸葛恪と孫峻

 

孫亮は幼帝であり、間違いなくその支えとなる人物が必要な存在なのです。なので信頼できる人物として孫峻を起用したのは、そこまでおかしくないと思われます。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 黄巾賊
  2. 孔明もコペルニクスに似ていた
  3. 呂布に暗殺される董卓
  4. 父・関羽とともに亡くなる関平
  5. 袁術
  6. 新年 劉備 曹操 孔明 正月

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 板倉
    • 2020年 11月 04日

    孫権を徳川に例えると孫静系は松平。孫静の血族繋がりだから、後継者としたら妥当な気がする。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP