「歴史の陰に女あり」にしては多すぎ!忠臣・賈充の女性たちが強烈な件




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

女性に溺れる司馬炎

 

晋の皇帝・司馬炎(しばえん)というと「よくわかんないけどなんかめっちゃ大きい後宮を作った人」とか言われてしまうことがあります。いやいや女性関係以外にも色々やったんだよ……と言いつつも、それはまた別の項目で。

 

そんな司馬炎の忠臣であり、晋の王朝に一族込みで(強調)関わってしまった賈充(かじゅう
)
……今回はその賈充の周囲のキョウレツな女性たちとその逸話をご紹介しましょう。




賈充の母・柳氏

曹髦

 

賈充の母は柳氏という人物で、礼儀や節義を重んじる性格でした。そんな彼女は、いや、だからこそ皇室に対する思いも強かったのでしょう。

 

皇帝の位を降ろされる曹髦

 

皇帝である曹髦(そうぼう
)
を殺害した成済(せいせい)のことを常日頃から罵っていました。三国志ファンの皆様なら知っていることでしょうが、成済は賈充の部下であり、司馬昭(しばしょう
)
を打ち倒そうと兵を挙げた際に賈充の命令で殺害したのです。

 

曹髦の暗殺許可を出す賈充

 

このため柳氏は従者たちに陰では笑いものにされていたと言われているので、これは周知の事実でありながら、母親だけが知らないことだったと思われます。

 

後に柳氏が死ぬ前に賈充が「何か言い残すことはありますか」と聞くと「李婉のこと以外にあるのか」と罵られたと言われていますが、この李婉は賈充の前妻のこと。次に賈充の妻たちについて見ていきましょう。

 

関連記事:賈充こそ本当は董卓や李儒レベルの悪人?歯切れの悪すぎる「曹髦事件」と「成済事件」をまとめてみた

関連記事:【魏の歴史事件簿】曹魏の4代皇帝曹髦の時代起きた事件をざっくりご紹介!?




賈充の妻たち(先妻・李婉、後妻・郭槐)

 

賈充には先妻・李婉(りえん
)
と、後妻・郭槐(かくかい
)
という妻たちがいました。この他に名前が伝わっていない側室たちが何人かいたと思われますが、特に伝わっているのがこのお二人。

 

李豊と張緝

 

先妻である李婉は李豊(りほう
)
の娘で、父親が司馬一族排除のための陰謀を企てていたことが発覚したために、離縁されて流罪とされていました。後に賈充が娶った郭槐は、郭淮の姪です。

 

後に晋が建った際に李婉は許されるのですが、李婉は賈充の元には帰りませんでした。これには既に再婚していた郭槐が嫉妬深く、許さなかったとも言われています。

 

李婉が亡くなった際にはその娘が賈充との合葬を願うも、郭槐の娘である賈南風(かなんぷう
)
(皇后)が許さなかったとあるように、子の代にまで確執は続いていたようです。

 

関連記事:李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポンコツなのか

関連記事:【郭淮と陳泰】姜維の北伐を見事に防いだ最強タッグを考察

 

先妻、李婉

 

さて李婉の話から参りましょう。彼女は美しく、そして才気に溢れていた女性とされています。それが良く分かる逸話が一つ。

 

ある日、郭槐は賈充に李婉がどんな女性か知りたいので会いに行きたいと言いました。

 

賈充は「彼女は気が強くて才気があるから行かないほうがいい」と行ったにも関わらず、郭槐は李婉に会いに行きます。豪華な支度をしていったとあるので、後妻の意地というか、嫉妬もあったのかもしれません。

 

しかし李婉を見るなり郭槐は力が抜け、拝んでしまったと言います。これを郭槐から聞いた賈充は「だから言ったのに」と言ったとか……もしかして賈充も奥さんを見る度に拝んでいたのでしょうか?

 

ともあれこんな不思議パゥワーのある女性と思われていた李婉、中々に凄い女性ですね。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 韓遂
  2. レッドクリフ
  3. 三国志に出てくる海賊達と甘寧
  4. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  5. 現代風巫女さん大喬
  6. 敗北する馬岱

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP