王莽の政策は失敗したけど、光武帝の政策はなぜ成功したの?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

王莽と光武帝の政策(1P目)




光武帝の政策とは?

村人(農民)

 

ここで光武帝の政策の一部を見ていきましょう。光武帝の時代には民衆が他国へ逃亡、流民となっていたことによってまず農民の数が足りず、人口も減少していました。

 

光武帝(劉秀)陰麗華

 

このため光武帝は奴隷解放を何度か行うことで民の数を増やし、農村部の人口を増やすことで国力の増強を図りました。

 

洛陽城

 

また光武帝は政治的思想に儒教を取り入れ、洛陽(らくよう)において儒学を講じさせるなどの学政策も取り入れています。……これらはあくまで一部ではありますが、光武帝の政策は王莽のやろうとした(そして失敗した)政策と似通った部分があるのはお気づきでしょうか?

 

関連記事:後漢の初代皇帝・光武帝ってどんな人?牛に乗って挙兵した皇帝

関連記事:光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だったの?




光武帝と王莽の違いとは?

 

光武帝と王莽、全てではないものの二人がやった政策が成功と失敗という二つに分かれた理由はどこにあるのか。そこには「理解」と「理解されるための時間」があると思います。

 

当たり前ですが新しいことを始めようとする時、周囲は混乱します。馴染むまでに時間が必要で、その間の時間は不満が、失敗が出るでしょう。しかし結果が出始め、馴染みだすと評価はされていきます。

 

結果として「良いことをした」となるのです。王莽の政策は(全てが完ぺきとは言い難いですが)性急過ぎました。性急すぎる上に王莽の時代が早急に終わってしまったことで、その結果が出る前に終わってしまっているのです。対して光武帝は全てが同じではないものの、他人の理解を得ながら、ゆっくりと政策を行っていった……こうした背景があるからこそ、二人の政策は成功と失敗という明暗が出てしまったのではないかと思います。




後漢王朝のプロパガンダ

炎上する城b(モブ)

 

因みに前時代を打倒して新しい時代を開くと、基本的に前の時代は悪く言われます。前の時代が悪でないと、それを打倒した新しい時代が正義でなくなるからです。後の世の正当化、というのは良くある話ですね。王莽の時代は全てが正しかったとは言えません。

国中に混乱を招き、その混乱を招いた張本人と共に滅んだとも言えるでしょう。ただし全てが失敗ではなかった。その失敗の背景には色々な理由があり、そしてその失敗から後の世は学ぶことができた。そう思って見るとまた、歴史の別側面が見えてくると思うのですが、どうでしょうか?

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は王莽と光武帝についてお話させて頂きました。王莽もまた、近年ではその人物評価が見直されている人物の一人です。個人的に王莽のやったこと全てが実は良かったこと、とは思えません。しかし良い所は少なからずあったのでは、と考えることはできます。そう考えるとまた後の世も面白く見えて、更に後の三国志までその影響が出てくるのですから……歴史って、面白いですね。

 

参考文献:漢書王莽伝 後漢書光武帝紀上 光武帝紀下

 

関連記事:【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!

関連記事:【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介

関連記事:王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス

 

【400年続いた漢王朝を分かりやすく解説】
はじめての漢王朝

 




< 1

2

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 鄧禹と光武帝
  4. 簒奪する王莽
  5. 光武帝

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP