荀彧の魅力ってなに?人材ネットワークをフル活用し曹操の覇業を支えた軍師




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明 郭嘉 周瑜

 

三国志の魅力といえば勇猛かつ個性豊かな武将を思い浮かべる人も多いですが、(しょく)諸葛亮(しょかつりょう)()周瑜(しゅうゆ)といった名軍師による高度な頭脳戦も大きな魅力の一つでしょう。

 

司馬懿

 

()の参謀と言えば諸葛亮のライバルであった司馬懿(しばい)を思い浮かべる人も多いでしょうが、

 

荀彧

 

今回は初期の曹操(そうそう)を支えた名参謀荀彧の魅力をお伝えいたします。




名門一族でのスーパーエリートな荀彧

荀彧(はじめての三国志)

 

荀彧(じゅんいく)は人材の宝庫である豫洲潁陰県(よしゅうえいいんけん)の出身であり、生まれたときにはすでに荀氏(じゅんし)の天下に轟いていました。荀氏の名が世の中に広まったきっかけは荀彧の祖父筍淑(じゅんしゅく)がきっかけです。

 

桓帝

 

後漢王朝にて後漢の順帝(じゅんてい)桓帝(かんてい)に仕えていた荀淑(じゅんそう)は、当時朝廷内を牛耳っていた悪評高き梁冀(りょうき)一族を批判したことで、地方に左遷されてしましますがそれがきっかけで評判は大いに高まりました。

 

荀彧

 

また荀淑には8人の子供がおり、いずれも優秀で「八龍」と称されました。そんな名門荀氏の一族に生まれた荀彧は、その名に恥じることのなく名を挙げていきます。

 

関連記事:漢王朝の悲鳴の原因となった跋扈将軍 梁冀とは誰?

関連記事:【三国志の原点】董卓を超えた暴虐者・梁冀と宦官の争いが後漢末の群雄割拠の原因だった?




王佐の才と呼ばれた荀彧

荀イクの叔父・荀爽(三公)

 

荀彧は反宦官である清流派の名士として活躍し、董卓(とうたく)政権下で三公の位である司空(しくう)に任じられた叔父である荀爽と、同じ清流派である何顒(かぎょう)と会った際に王佐の才があると評されています。

 

曹操と荀彧の三顧の礼

 

また曹操はこの何顒に天下を安んじられる人物は、この人物だと評されております。そんな二人が出会うのは、必然だったのかもしれません。

 

関連記事:荀爽(じゅんそう)とはどんな人?たった95日で三公にスピード出世した荀彧の叔父

関連記事:荀彧は三国志の中でもトップクラスの名門だった件

 

曹操と荀彧の出会い

荀彧

 

荀彧が推挙され朝廷にて守宮令という役職につきましたが、董卓の傍若無人ぶりが顕著になると、朝廷から離れ故郷である潁陰県(えいんけん)へと戻りました。その後戦乱の世となることを見通していた荀彧は、「潁陰県は地理的に戦場になりやすい」と周囲に説いたが受け入れられず、荀彧の一族のみで冀州へと逃れていきます。

 

荀彧と袁紹

 

その後荀彧の読み通り潁陰県は、戦火に巻き込まれてしまいます。当時冀州(きしゅう)を治めていた袁紹(えんしょう)は荀彧を厚遇しますが、袁紹では大業をなせないと判断。

 

曹操に仕えることを検討する荀彧

 

次に荀彧が選んだのは、董卓討伐にて名を挙げたえん州(えんしゅう)にいる曹操(そうそう)でした。

 

曹操と荀彧

 

曹操は、荀彧が自分の下に訪れると大喜びし「わが子房である」と周囲に紹介しています。

 

張良

 

子房とは前漢の初代皇帝である劉邦(りゅうほう)の軍師である張良(ちょうりょう)の字であり、

張良と劉邦

 

張良がいなければ、劉邦は天下を取れなかったといわれるほどの人物です。それほどの人物と準えるほどに曹操は喜びました。

 

関連記事:漢帝国樹立に尽くした名軍師・張良は仙人になるために◯◯を取り入れていた!

関連記事:秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 文聘
  2. 魏の占い師・周宣(しゅうせん)
  3. 賈詡
  4. 夏侯玄
  5. 曹仁
  6. 文聘

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典




PAGE TOP