袁紹と袁術が親戚同士ならどうして共闘して天下を狙わなかったの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁術

 

三国志序盤の「やられ役」である、袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)

 

微妙に歴史全体にからんでくるわりには

「どうぞみなさん、好きなところから攻めてきてください!」と言わんばかりのスキだらけな構えで中原に横たわる印象ばかりが残っている二人です。

 

袁術と袁紹

 

ところでこの二人、名前に「袁」の字が共通で入っているところからもわかるとおり、実は親戚どうしだったりします。たしかに「反董卓(とうたく)連合軍」の時は、この二人はいちおう共闘っぽい動きをしています。となると当然、このような疑問が湧いてくるのではないでしょうか。

 

袁術

 

「親戚どうしで、それぞれが中国大陸の重要拠点の領主だったならば、どうして『袁』氏どうしで同盟を組み、覇業に乗り出さなかったのだろう?」

 

美化された袁紹に羨む袁術

 

これについては、袁紹と袁術の二人の「関係」をよく調べれば調べるほど、「共闘できなかった」理由があることがわかってきます。どちらかといえば、二人のうちのもっぱらいっぽうの、勝手なふるまいのせいで、この二人は最初から憎み合いつぶし合わざるをえない状況になってしまったのでした。




まずはおさらい!袁紹と袁術の関係性と哀しき「マウント取り合い」の宿命

黄巾賊を率いて暴れまわる何儀(かぎ)

 

まずは事実関係の整理から。袁紹と袁術を生んだ「袁」氏はもともと名門中の名門。そもそも三国時代の最初のほう、黄巾(こうきん)の乱から十常侍(じゅうじょうじ)の陰謀に至る経緯のところでも、漢王朝の重要人物として、袁紹がウロチョロと登場してきます。

 

何進

 

上司の何進(かしん)将軍が暗殺されるのを止められなかったり、あんまりいいところがないのが気になりますが。ともかく、劉備(りゅうび)曹操(そうそう)と比較すると、最初から出世コースに乗っていることがわかります。

 

袁紹

 

そんな袁紹と袁術の関係はというと、諸説ありますが、どうやら「イトコどうし」だったようです。もっともこのあたりは、袁氏の中でも、本家と分家との間で養子縁組が複雑で、袁紹と袁術のどちらが「本家」に近い血筋なのか、よくわからないところがあるのですが。

 

袁紹

 

ただし重要なことは、本人たちがどう考えていたか、です。その点では、袁紹のほうがどうやら自分こそ袁氏の正流だと自負していたようですし、周囲もそう見ていたっぽい。

 

怒る袁術

 

問題は、袁術がそれに対して、「いや、自分こそが正流じゃ!」と、ことあるごとに発言し、マウントを取ろうとしていた様子という点です。

 

関連記事:孫策が袁術のもとから離れたのは本当に皇帝になったのが原因なの?

関連記事:袁術配下の紀霊が三国志演義では名前通りキレイになった理由




袁紹と手を組む戦略と「逆」ばかりを衝いた袁術のヒネクレ戦略

袁紹と袁術は仲が悪い

 

これがただの親戚間の仲違いで済んでいのたなら、まだよかったのですが。厄介なのは、袁紹と袁術がともに天下を狙えるポジションについてしまってから。

 

袁術

 

袁術は揚州(ようしゅう)という、洛陽や長安に近い絶好の場所に拠点を築き、袁紹は河北という、肥沃で広大な土地に拠点を築きます。どちらも同時代のライバルたちから見て一歩有利なスタート地点。

 

先読み袁術

 

もしこの二人が、親戚どうしで同盟を結び共闘をすれば、圧倒的に有利な展開になったはず。ところが、ここから袁術の怪行動が始まります。

 

献帝

 

  • 袁紹が献帝(けんてい)の擁立を認めない立場をとると、袁術は献帝を支持する
  • 袁紹が公孫サン(こうそんさん)と対立すると、なぜか袁術は公孫瓚と同盟を組み支援をする

 

袁術

 

どう見ても袁紹がやろうとしていることの「逆張り」を狙っているとしか思えない行動ばかり。どうやら袁術の側は、なぜか最初から「袁紹を潰してやる!」という気概満々で登場してくるのです。

 

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

なぜなのか?

 

もう、同族どうしのマウントの取り合い、合理的な戦略があったというよりは「オレのほうが袁氏の正流じゃ! 袁紹を潰してやる!」という感情が先行しての不合理な選択としか思えないところがありますが。

 

関連記事:【意外な事実】袁術は本当に伝国の玉璽を持っていた!

関連記事:【if三国志】もしも、袁紹と袁術がラブラブだったら?

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. ゆるい許褚
  2. 旅馬 三国志
  3. 黄月英
  4. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜
  5. 皇帝に就任した曹丕
  6. 張嶷

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP