孫策が袁術のもとから離れたのは本当に皇帝になったのが原因なの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁術、孫堅(犬)

 

父である孫堅(そんけん)を突如亡くし、袁術(えんじゅつ)によって孫堅の部隊は吸収されてしまう。

 

呉の小覇王・孫策

 

十七歳であった孫策(そんさく)はいずれ孫家を復興することを望みながら、袁術の元で力を蓄え反旗を翻す日を待つ……そしてその日はついにやってきた!

 

孫策は皇帝・袁術について語る

 

となるのが孫策の天下への名乗りの定番ですが、実は孫策は袁術を裏切りたくなかった?

 

そのきっかけはあの皇帝となった瞬間!?

ということで今回は袁術と孫策の縁の切れ目について、妄想たっぷりでお届けします。




孫策の臥薪嘗胆

袁術と孫堅

 

まず確認しておきたいのが孫策が袁術の元を離れるまで。始まりは孫策の父である孫堅が、袁紹(えんしょう)と袁術対立の際に袁術側に付いたこと。

 

孫堅逝く

 

しかし孫堅は戦闘の最中、貢租(こうそ)によって殺害されてしまいます。孫堅の部隊は解散され、袁術軍に吸収。このため孫策は袁術庇護の元、雌伏(しふく)の時を生きることになりました。

 

山越族から信服される黄蓋

 

そして194年、袁術に対し父の軍の返還を求め、1000人ほどの兵を取り戻します。この中に黄蓋(こうがい)韓当(かんとう)程普(ていふ)といった孫堅股肱(ここう)の配下たちがいたのでした。

 

呉の勢力を率いる孫策

 

197年に孫策は独立、この際に一時袁術の配下にいた周瑜(しゅうゆ)魯粛(ろしゅく)を連れて駆けつけます。こうして孫策の飛躍が始まるのです。

 

関連記事:頑張れ、孫策!独立への道のりを解説

関連記事:孫策は嫉妬深く陰険な人物だった?




袁術の躍進

袁術

 

袁術は名家袁家の子であり、袁紹とは同族に当たります。

 

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

が、反董卓(とうたく)連合軍時に袁術と袁紹は対立していき、曹操(そうそう)にボコボコにされたり、徐州(じょしゅう)に侵攻しようとしたら陶謙(とうけん)が死んで劉備(りゅうび)に取られて敵対されたり、何気に呂布(りょふ)をそそのかせて劉備を徐州から追い出したりと頭の回ることもやっていく中、皇室の権力はどんどん落ちていきます。

 

袁術君08 コンフォートゾーン」から抜け出す05 董卓

 

そもそも黄巾(こうきん)の乱が起こるほどに乱れた世、董卓らの暴虐、そこに196年に献帝を曹操が保護したことで漢王朝の権力は、実際には「曹操の権力」になってしまいました。

 

メタ認知について学ぶ袁術

 

ここで袁術、漢王朝の天命ここに尽きたと判断。そこまでは良かったとしてもとんでもないことをやらかします。

 

関連記事:これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

関連記事:【意外な事実】袁術は本当に伝国の玉璽を持っていた!

 

袁術、皇帝になる(自称)

袁術

 

197年正月、袁紹は寿春(じゅしゅん)を都と定めて(ちゅう)王朝を起こし、皇帝となりました。しかし皇帝とは本来、天に定められし尊き身分の者。実績があるから、身分がちょっと良いからでは皇帝になんか曹操……じゃなかった早々なれません。

 

献帝を保護する曹操

 

もっと言えばこの時代、献帝(けんてい)という皇帝が曹操に保護されて、きちんと生きているのです。

 

袁術

 

結果として周囲からは大反発を喰らい、挙句の果てに重税に次ぐ重税で民衆からも大顰蹙。袁術は滅びへの道をスキップして進んでいくことになったのでした。

 

関連記事:閻象とはどんな人?袁術の暴挙を止めようとした恐れを知らない人物

関連記事:すばらしきかな袁術!袁術のグッドな逸話を一挙公開

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 蜀の皇帝に即位した劉備
  2. 強くなる関羽
  3. 徐晃
  4. 軍事面でも才能を発揮する諸葛恪
  5. ボロボロになった馬超
  6. 曹操と呂布と劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP