曹操が断ったクーデター?合肥侯擁立事件とは?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

合肥侯擁立事件とは?(1P目)




クーデターの失敗

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

王芬や許攸が立てた計画は、霊帝が故郷の河間郡に巡幸する為に洛陽を離れた隙に、合肥侯を擁立して洛陽を占拠するというものでした。

 

黒山賊

 

王芬等は、クーデターの兵力を得る為に霊帝に対し、黒山賊(こくざんぞく)を討伐するので兵力を与えて下さいと上奏します。霊帝は許可を出し王芬等は朝廷の兵力を手中に収めました。

 

次第に巨大化していく黒山賊と張燕3

 

こうして、霊帝巡幸の行列は河間に向かうのですが、出発して間もなく赤い光が天を東西に分ける異常気象が起きます。

 

史官は「これは天下が真っ二つに割れるという凶事です」と霊帝に進言したので急遽(きゅうきょ)、巡幸は中止になり、同時に黒山賊征伐も中止され、王芬は兵力を返さざるを得なくなります。

 

憤死する麋竺(モブ)

 

こうして、王芬には朝廷から出頭命令が出たので計画が露見したと知った王芬は自殺。許攸は追及を免れる為に、袁紹(えんしょう)の下に身を寄せ、そのまま軍師となりました。

 

司馬懿の墓

 

ちなみに皇帝が洛陽を留守にした間に洛陽を乗っ取るという手法は、司馬懿(しばい)が曹爽を追い落とした高平陵(こうへいりょう)の変と同じです。

 

関連記事:高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?

関連記事:許攸とはどんな人?自慢癖が身を滅ぼした官渡決戦のキーマン




最後まで正体不明な合肥侯

 

もちろん擁立された合肥侯も処分されたでしょうが、どんな処分が下されたのか?

 

そのそも、合肥侯が誰だったかについては、記録が無く分からないそうです。そして、新しい合肥侯が立つ事もなくその後の合肥に侯が出現する事はありませんでした。これは、霊帝が事態を重く見て合肥侯そのものを置かなくなったのかも知れません。

 

関連記事:我ら十常侍!でも、なぜか12人います!その理由とは?

関連記事:十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】




三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

未遂に終わったクーデターですが、その後クーデターに関与した許攸が逃げ込んだ袁紹は、袁術(えんじゅつ)と共に宦官皆殺しにして、結果として王芬や陳逸、周旌の念願を叶える形になります。中常侍もなかなか執念深いですが、清流派官僚の復讐心もしぶといものですね。

 

参考文献:正史三国志

 

関連記事:【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁術だった!?

関連記事:党錮の禁とは何?刑罰なの?それとも皇帝の命令なの?分かりやすく解説

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1




< 1

2

関連記事

  1. 曹丕と曹植
  2. どケチだった王戎
  3. 荀彧に手紙を送る衛覬(えいき)
  4. 城を守り抜く満寵
  5. 王昭儀

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP