司馬瑋とはどんな人?先走り過ぎた八王の乱の一人

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

司馬瑋の人物像(1P目)




賈南風の判断が、早い!

行軍する兵士達b(モブ)

 

この際に司馬瑋の側近が「このまま宮中に乗り込み、賈一族を取り除きましょう」と進言するも、流石に司馬瑋はそれには応じませんでした。そもそも司馬瑋がここまで来たのは賈南風あってのこと、すぐさま切り捨てるように動くことはできなかったのでしょう。

 

敵対勢力を殺害する賈南風

 

しかし賈南風の判断は早かったのです。賈南風は司馬瑋が権力を握るのを嫌がって「司馬瑋が詔を偽造して司馬亮と衛瓘を殺害した」ということにしました。

 

司馬衷の即位&賈南風の皇后就任

 

そして賈南風の言いなりとなった恵帝・司馬衷は今度は司馬瑋逮捕の詔を出したのです。

 

関連記事:【新解釈・三國志】NO斬首!と叫ぶ孔明、三国志で斬首はどんな刑罰

関連記事:宮刑とは?罪人か成功者か?二つの顔を持つ刑罰




二人目の犠牲者・司馬瑋

泣きながら冤罪を訴えるも処刑される司馬瑋

 

一夜にして罪人となった司馬瑋、泣きながら冤罪を訴えるも死罪となり、処刑されました。享年21歳、司馬亮と衛瓘は名誉回復の盛大な葬儀が行われるも、司馬瑋はただの罪人で終わりました。

毒酒を飲み自害させられた賈南風

 

彼の名誉回復は賈南風らが処刑されて10年も経った頃です。賈南風という存在と手を組み、政敵を取り除こうとした結果、利用しつくされて捨てられた。司馬瑋のやり方も短慮ではあったと思いますが、何よりも印象に残るのは賈南風。

 

粛清を繰り返す賈南風

 

裏切らせ、利用し、終わったらすぐに処分する……悪女であると同時に、苛烈さが漂います。八王の乱はその名の通り「八人の王の生涯」がメインではありますが、そこに至ったキーウーマンはやはり賈南風ということを実に印象付けてくれる存在ですね。正に稀代の悪女……賈充(かじゅう)お父さん見てる?貴方の娘ですぞ。

 

関連記事:党錮の禁とは何?刑罰なの?それとも皇帝の命令なの?分かりやすく解説

関連記事:死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争




司馬瑋という人物

司馬瑋

 

因みに司馬瑋が司馬亮らに遠ざけられた理由の一つに、性格が粗暴だった、という経緯があります。確かに彼の人生を見ていると粗暴というか、考えが少し先走り過ぎているという面も見受けられます。

 

楚王に封じられた司馬瑋

 

しかし見直して欲しいのは彼が享年21歳であるということ。彼は幼少期は賢く、物事を早く理解したとあります。それだけにやや知識や考えが先走ることもあったのでしょう。ですがもしかしたら、もう少し長生きしていればその性格も落ち着き、彼の良い面を引き出せたのではないか……とも思います。

三国志を語るセンさん

 

彼の地元、()の地では良く施しが行われたので、民は司馬瑋が亡くなった時とても悲しみました。司馬瑋は決して、粗暴さと短慮さで早死しただけの人物ではなかったのではないでしょうか。

 

また同時にそういった未来ある人物を死に追いやってしまった晋王朝時代……暗雲は、ますます黒くなるばかりです。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

司馬瑋の死後、賈一族が政治に入ってくることになります。その一方で、張華(ちょうか)などの優秀な人材も政治の場に入ってきました。こうしてひとまず落ち着くかと思いきや、そこに新たなる混乱のウェーブを巻き起こすのはやはり賈南風。彼女の起こす混乱の沼は、待て次回!とぷん!

 

参考文献:晋書列伝第十 列伝第二十九

 

関連記事:禰衡大喜び?刑罰はフンドシ一丁で受ける決まりだった魏

関連記事:これはキツイ!健康が回復するかで刑罰が決まる保辜(ほこ)

関連記事:こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介

 

【中国史上最も醜い争い】
八王の乱

 




< 1

2

関連記事

  1. 三国志を統一した司馬炎
  2. 王賁
  3. 破竹の勢いで呉を攻める杜預
  4. 衛カン(衛瓘)
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. はじめての晋

    何で曹操は漢中で劉備に負けたの?

    これまで、劉備(りゅうび)対曹操(そうそう…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP