忘年の交わりとは何?鄧艾と陳泰の関係性は三国志演義の創作だった?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

忘年の交わりとは(1P目)




「忘年の交わり」とは?

陳泰と鄧艾(トウ艾)はお互い認め合う仲間

 

陳泰と鄧艾は「忘年の交わり」を結びました。この意味は「年齢が離れている二人が認め合い、親交を結ぶ」という故事成語にあたり、現在でもつかわれることがあります。

 

孔融と禰衡

 

由来は三国時代の少し前、後漢末期に20歳の禰衡(でいこう)の才能に当時50歳の知識人孔融(こうゆう)がほれ込み、親交を結んだことから来ています。ちなみに鄧艾は陳泰より10歳年上になります。

 

関連記事:曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる

関連記事:奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう)

 




しかし鄧艾と陳泰の「忘年の交わり」は創作?

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

鄧艾と陳泰の「忘年の交わり」のエピソードなのですが、実は正史にそのような記述はありません。正史では二人の意見は対立し、結局は陳泰の意見が正しかったことになっています。狄道の戦いで姜維を破ったのは実際は陳泰の力が大きかったようです。

 

三国志演義_書類

 

ではどこから来たエピソードかというと、小説「三国志演義」の創作になるのです。

 

農業の知識を使って富国強兵に努める鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾は「三国志演義」の主役である蜀を滅ぼした武将であることから、小説内でライバルとして優遇されているのでキャラに厚みを持たせるためにつけたしたエピソードだと考えられますね。




その後の鄧艾と陳泰

司馬昭から蜀の討伐を命じられる鍾会と鄧艾(トウ艾)

 

度重なる姜維の北伐撃退した後、魏は蜀の征討に乗り出します。その責任者に任命されたのが鄧艾でした。

 

鍾会

 

鄧艾は鐘会(しょうかい)と共に蜀を攻めますが、姜維の守る剣閣を落とすことが出来ません。

 

毛布に包まり崖を転げ落ちる鄧艾(トウ艾)

 

そこで鄧艾は迂回ルートである前人未到の地を強行軍し、蜀の首都成都を落とします。

 

鍾会に謀反の疑いを讒言され処刑される鄧艾(トウ艾)

 

功を上げた鄧艾ですが、その功を誇るあまり謀反の疑いをかけられ、結局は殺されてしまいます。一方陳泰は前線を離れ、中央で人事などを担当することになります。父と同じような内政担当大臣として歩むことになり、天寿を全うすることが出来ました。

 

鄧艾(トウ艾)と共に謀反の疑いで捕まる鄧艾と鄧忠(トウ忠)

 

残念ながら謀反の疑いをかけられていた鄧艾についてどう思っていたのかは伝わっていません。

 

関連記事:鍾会に出ていたこれだけの死亡フラグ!長生きしたい人は絶対に鍾会の真似をしないでください!

関連記事:姜維の最大の功績は鄧艾・鍾会を破滅させたこと?

 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

 

「忘年の交わり」が創作だったのは残念でしたが、生まれの違う二人が認め合う姿は胸をうつものがありますね。「三国志演義」の歴史上の人物のキャラを立たせるテクニックはすごい!と思います。

 

関連記事:崖から飛び降り蜀に侵攻?鄧艾による成都攻略はどうやって成功したの?

関連記事:魏の名将、鄧艾と屯田の深い関係とは?

 

【蜀漢平定の功労者 トウ艾】
トウ艾

 




< 1

2

関連記事

  1. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  2. 何晏
  3. 賈詡
  4. 荀彧
  5. 徐晃

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP