魏の名将、鄧艾と屯田の深い関係とは?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

屯田民だった若き鄧艾(トウ艾)

 

魏の(とうがい)()と言えば蜀を滅ぼした名将として知られています。軍事に秀でた鄧艾ですが、実は内政にも力を発揮していたのです。特に関係深いのは「屯田(とんでん)」。鄧艾と屯田はどのような関係があるのでしょうか?




農地の開墾に欠かせない?屯田とは

農業の知識を使って富国強兵に努める鄧艾(トウ艾)

 

屯田の歴史は前漢の武帝(ぶてい)の時代にさかのぼります。当時は漢の領土の辺境はまだ未開の地でした。

 

 

漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)

 

しかし、隣接する異民族の脅威に絶えずさらされている地でもありました。そこで行われたのが「屯田」でした。これは兵士を辺境に派遣し、平時は農地の開墾や農作業を行いながら、戦時には兵士として戦わせる、というものでした。

 

棗祇(そうし)食料・兵糧担当

 

これにより、辺境地の防衛、食料の確保、新しい土地の開拓など軍事と内政の課題を解決させる画期的な政策だったのです。この兵士に行わせる屯田の事を「軍屯(ぐんとん)」と呼びました。

 

関連記事:世界史レベルの三国志!英傑たちは隣の異民族とどう付き合ったの?

関連記事:匈奴とは何?彼らと三国志の繋がりについて解説




曹操が屯田を導入

献帝を傀儡化する曹操

 

196年、曹操(そうそう)も屯田を導入することになりました。当時の曹操は皇帝「献帝(けんてい)」を傀儡(かいらい)とし、領土も拡大していました。

 

肉を食べる曹操

 

そんな中、当時の中原(中心地域)では戦乱が相次ぎ、流民の増大と農地の荒廃に悩まされていました。そこで発生するのが「食料不足」でした。

 

村人(農民)

 

その問題を解決するため、流民に土地を与え、開墾をしてもらう事を思いついたのです。流民は生活が安定し、政府は食料を得ることが出来る、画期的な政策だったのです。曹操の屯田は兵士でなく、民が屯田を行うので「民屯(みんとん)」と呼ばれます。

 

関連記事:塩こそ最大の税金、塩の帝国漢王朝

関連記事:規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志

 

鄧艾も屯田に参加

農業の知識が豊富な鄧艾(トウ艾)

 

後の名将、鄧艾は早くに父を亡くし、母子で貧しい生活を送っていました。

 

三国志の武器 霹靂車 曹操

 

そんな時、曹操が鄧艾の故郷、荊州(けいしゅう)を攻略します。そこで鄧艾は故郷から離れ、汝南の地に屯田民として移住することになります。

 

鄧艾

 

当時は戦乱で発生した流民を強制的に屯田のために移住させることがありましたが、鄧艾の一家もそのような強制的に屯田として連れて行かれたと考えられます。なんにせよ、鄧艾一家は農民として開墾をしながらそこで暮らすことになるのです。

 

関連記事:鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る

関連記事:大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット

 

鄧艾、役所に召し出され、農政を担当する

鄧艾

 

鄧艾は12から13歳の時役所に召し出されます。そこで鄧艾は農政をつかさどる部署に配属されます。

 

吃音で悩まされた鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾は吃音(きつおん)を持っており、周囲に疎まれたため、なかなか出世することが出来ませんでしたが、ある趣味を持っていました。それはあちこちを歩き、地図を作製することでした。

 

祁山、街亭

 

山や沼を見て、「どこに軍営を置けばいいか」「ここを開墾すれば農地が開けるのでは」など、自分の地図にメモをしていったようです。周囲には奇特な目で見られていましたが、それがのちの出世につながるのです。

 

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの?

関連記事:どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る

 

司馬懿に才能を見いだされる

司馬懿

 

鄧艾は周囲には認められませんでしたが、苦学して出世し、都で当時の魏の権力者、司馬懿(しばい)に謁見する機会が与えられます。そこで司馬懿に才能が認められ、中央政府で働くことになります。

 

関連記事:姜維・鍾会・鄧艾はどんな最期を迎えたの?何も解決しなかった悲運な英雄たち

関連記事:蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹昂(曹昴)
  2. 郭嘉
  3. 皇帝曹奐
  4. 自分は天才肌だと勘違いする鍾会
  5. 英雄曹操とナポレオンを比較
  6. 毛布に包まり崖を転げ落ちる鄧艾(トウ艾)

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 3月 17日

    若い頃の馬援の屯田話を思い出した。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP