忘年の交わりとは何?鄧艾と陳泰の関係性は三国志演義の創作だった?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

忘年の交わりを結んだ鄧艾(トウ艾)と陳泰

 

鄧艾(とうがい)陳泰(ちんたい)はともに魏で活躍した将軍たちです。

 

陳泰と鄧艾(トウ艾)はお互い認め合う仲間

 

この二人は蜀との「狄道(てきどう)の戦い」で共闘することになるのですが、その闘いの後、二人は「忘年の交わり」を結んだとされます。この鄧艾と陳泰はどのような関係だったのでしょうか。先ずは簡単に二人のプロフィールから探ってみましょう。




蜀を滅ぼした名将・鄧艾

吃音で悩まされた鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾は貧しい家に生まれ、加えて吃音(きつおん)を持っていたため周囲に疎まれていました。12歳の時役所に出仕することになるのですが、そこでも出世のコースからは外れていました。

 

地理や地形に精通していた鄧艾(トウ艾)

 

しかし鄧艾は地理や地形にとても詳しく、仕事の合間を縫っては山や沼地を見て、図形を書き、軍営の設置場所を地図に記入していたといいます。

 

司馬懿

 

その才能は都に行った際、当時の権力者司馬懿(しばい)に見いだされ、鄧艾は手腕を発揮していくことになるのです。

 

農業の知識が豊富な鄧艾(トウ艾)

 

農政に通じていた鄧艾は運河の開通や新規開墾など次々に建策し、実績を上げていました。

 

姜維と鄧艾

 

戦にも力を発揮し、諸葛亮(しょかつりょう)の後を継ぎ魏への北伐を行った姜維(きょうい)を度々撃退しています。そしてついには意表を突くルートで蜀に攻め込み、その首都成都を陥落させることになるのです。

 

関連記事:姜維に諸葛亮が期待した「もの」は何だったのか?姜維の評価は難しい

関連記事:姜維の北伐をビジュアル解説!

 




名門出身サラブレッド陳泰

陳羣

 

陳泰の父は魏の法制度を整え、人材登用に力を発揮した名臣「陳羣(ちんぐん)」です。母親は曹操(そうそう)の軍師として知られる「荀彧(じゅんいく)」の娘で、まさに名門のサラブレッドとして生まれました。

 

軍会議で的確に作戦指示を出す陳泰

 

父陳羣が亡くなった際に後を継ぎますが、内政に力を発揮した父とは違い、軍事に活躍することになります。異民族「匈奴(きょうど)」と接する地の長官及び将軍に任命され、異民族の鎮撫にあたっています。

 

異民族に慕われる陳泰

 

そこでは異民族に過酷な処置をすることはなく、愛情を持って接したとされ、異民族から畏敬の念を受けていました。

 

司馬懿の墓

 

後に司馬懿が宮廷を牛耳る曹爽(そうそう)一派に対するクーデターを起こした際には、敗れた曹爽に降伏を勧めています。その後は蜀との最前線に派遣され、鄧艾らと共に姜維の北伐に対抗することになるのです。

 

関連記事:クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件

関連記事:【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?

 

狄道の戦いで「忘年の交わり」を結ぶ

蜀の姜維

 

255年、姜維は再び魏への北伐を開始しました。魏は王経(おうけい)を派遣し、防衛にあたらせますが大敗し、多くの兵を失ってしまいました。王経は退却し、狄道城に籠りますが蜀軍に包囲されます。そこで救援に向かったのは鄧艾と陳泰でした。

 

キラー陳泰

 

結局は鄧艾と陳泰は姜維を撤退させることに成功します。そこで陳泰は鄧艾の才能にほれ込み、二人は「忘年の交わり」を結んだ、と言います。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 魏の皇帝になった曹丕

    はじめての魏

    109話:曹丕が献帝を廃し魏を建国

    西暦219年、曹操(そうそう)から王位を引…

  2. 于禁と李典
  3. 悪の正義バットマン風 曹操
  4. 城を守り抜く満寵
  5. 前人未到のルートで蜀にたどり着いた鄧艾(トウ艾)
  6. 何晏

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP