関羽と糜芳、両者の関係は如何なものだったのか?

2021年6月5日


 

糜芳と関羽の関係

関羽にネチネチ怒られる糜芳

 

実際に記録を見ていっても、関羽と糜芳の関係が悪かったのかどうかは分かりません。晩年までかなりの期間、劉備の元で働いていた二人ですが、明確に対立していたという記録はないのです。

 

二刀流の劉備

 

また前述したように劉備は糜芳を厚遇していますし、糜夫人のことも考えれば皇帝の外戚です。兄の麋竺は劉備がまだ何も持たない頃から支え、兄弟は曹操の勧誘を受けずに劉備に仕え続けました。

 

関羽と仲がよくない糜芳

 

これを考えるといくら関羽が「糜芳を処罰してくれ!」と劉備に訴えたとしても、そうそう簡単に劉備も糜芳を処罰はできないと思います。

 

関連記事:関羽の死に関わってしまった糜芳の顛末!正当な評価されている?

関連記事:痛恨の裏切り!樊城の戦いで関羽を裏切った糜芳と傅士仁に迫る!

 

糜芳の功績

土いじりをする劉備

 

ここで少し注目して見たのが糜芳の功績です。糜芳に限ってのことではありませんが、劉備の旧臣たちは放浪時代が長かったためか、余り前半の記録が残されていません。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)書類

 

また糜芳は呉に降伏してしまったことからそれまでの功績が無くされてしまった可能性もあります。とは言え、経歴、そして曹操が勧誘したことを鑑みると、個人的に糜芳はそこまで無能ではなかったと考えられます。

 

ただ関羽の性格から考えると、いくつかの考察はできないことはありません。

 

関連記事:糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男

関連記事:神にまでなった超人気者、関羽の評価を考察してみた

 

関羽の性格と照らし合わせると

関羽

 

まず、関羽は基本的に名士が嫌いです。また、関羽は荊州都督に任じられた時から糜芳、士仁を軽視していたともあります。職の上下関係があるといえど、長年付き合いのある糜芳にいきなり見くびった態度を取り始めるということはないでしょうから、もしかしたら実は長い間、糜芳に対する関羽の態度はあまり良いものではなかったのではないでしょうか。

 

五虎大将軍の関羽

 

そもそも一家を挙げて長く劉備の支えをしていた糜芳が、叱責されたからと言って急に敵国に逃げるというのは中々あることではありません。そう思うと出会った頃からずっと関羽は糜芳に対して横柄な態度を取っていたのが、ここに来て爆発した……記録されてはいないけれどそもそも両者の関係性は昔から良くなかった、しかしそれに気付く者は誰もいなかったのか封殺されたか。

 

三国志を語るセンさん

 

記録されてはいない関係性ではありますが、ふとそう考えると、糜芳も結構苦労していたのかもしれないな、なんて思ってしまった次第でした。

 

関連記事:関羽は権謀術数に長けた謀略家?武力の強さは創作?

関連記事:関羽の末裔は皆殺しにされた?史書に残る末裔に迫る

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

三国志の面白さに、人間関係もあると思います。そして人間関係には、当の本人たちにしか分からない関係、記録されてはいない関係もあるでしょう。

 

三国志を楽しく語るライターセン様

 

それを考えると人物に更に深みが出て、新しい見方も出てきて、大変面白くなります。今回は関羽と糜芳の関係性でしたが、皆さんはどう思いますか?

 

センさんが三国志沼にドボン a

 

よろしければ記録されてはいない記録、想像して筆者と共に三国志の沼にもっともっとハマり込んで頂ければと思います……ちゃぷん。

 

参考文献:蜀書関羽伝 麋竺伝 呉書呂蒙伝

 

関連記事:関羽は劉備の配下ではなかった?荊州独立説を考察

関連記事:決して甘いだけではない皇帝・孫権の決断力に思わず惚れ惚れする!

関連記事:糜竺とはどんな人?すべてを捨てて劉備に付き従った忠義者

 

関帝廟

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-関羽
-,