関羽の末裔は皆殺しにされた?史書に残る末裔に迫る




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

陸雲

 

偉人の末裔は国や時代を問わず注目されるものです。特に人気のある人物であればあるほど、末裔の生涯が気になります。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

そんな中で三国志の人気キャラである関羽(かんう)の子孫は皆殺しにされたという記述があります。そこで今回は関羽の子孫やその末裔がどうなったのかを見ていきましょう。




関羽の息子たち

関平

 

関羽の子どもは正史では関平(かんぺい)関興(かんこう)の2人です。三国志演義では関索(かんさく)という三男がいますが架空の人物とされています。

 

関羽を捕縛する馬忠

 

関平は演義において養子という設定で、それなりに見せ場があります。しかし、正史では樊城(はんじょう)を攻めた際に従軍し、関羽と一緒に捕らえられ処刑された記述しかありません。また、これが初陣だったとも言われている悲運の人物。

 

関羽と周倉

 

関平は演義での活躍ぶりからか演義に登場する周倉(しゅうそう)とともに3人セットで関帝廟(かんていびょう)に祀られるようになりました。

 

関興と張苞

 

次男の関興は演義において張飛(ちょうひ)の息子・張苞(ちょうほう)と義兄弟の契りを結ぶと2人揃って父の仇を討ち、青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)蛇矛(だぼう)を取り返します。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

その後も北伐において活躍する姿が描かれていますが、正史にはほぼ記述がありません。ただ、馬良(ばりょう)の死後、弱冠20歳にして侍中と中監軍に任じられています。侍中は皇帝の質問に答えたり、上奏される書類の取次をする役割です。

 

荀彧に手紙を送る衛覬(えいき)

 

曹操(そうそう)配下では荀彧(じゅんいく)司馬懿(しばい)がこの役職についていることから、関興が若くして期待されていたことがわかります。しかし、残念ながらその数年後には若くして逝去。長命であったなら蜀の中心人物になっていたでしょう。

 

関連記事:周倉は赤兎馬並みにハイスペックだった!周倉の化け物伝説を紹介

関連記事:周倉の武力はいかほどのものだったのか?魏・呉・蜀の大物を掻き回した能力に迫る




関羽の孫

正史三国志_書類

 

関羽の孫にあたるのは関興の息子である関統、(かんとう)関彝(かんい)の2人ですが、いずれも正史、演義ともにほとんど記述がないためどんな人物だったかはわかりません。

憤死する麋竺(モブ)

 

関興が若くして亡くなったことで関統が後を継ぎますが、関統は子どもがいない状態で逝去してしまいます。このままでは関羽の血筋が途絶えると危惧した劉禅(りゅうぜん)が弟の関彝を後継し、さらに自身の娘を嫁がせています。

 

関連記事:出師の表が広まった理由は劉禅がおバカだったから?

関連記事:劉禅を泣かせた出師の表のこぼれ話

 

関羽の娘

孫権に激怒する関羽

 

関羽には孫権(そんけん)が自身の息子と結婚させようとした娘がいます。実名は不明で演義においても孫権との縁談で話題に上る程度です。

 

男気溢れる趙雲

 

しかし、民間伝承においては趙雲(ちょううん)に武術を習い南中征伐(なんちゅうせいばつ)(雲南)へ向かうなどストーリーが創作されている人物です。

 

関銀屏

 

関銀屏(かんぎんぺい)関三小姐(かんさんしょうしゃ)(関羽の三番目の姉御という意味)というあだ名で親しまれ、物語の中心舞台となる雲南では実際にお墓も建てられています。

 

関連記事:関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士

関連記事:趙雲最大の逸話「劉備の息子を助けた」はそんなに大事ではなかったかも

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 桃園の誓012
  2. そろばんを叩く関羽
  3. 黄権
  4. 戦争で奮闘する雷銅
  5. 趙雲
  6. 星彩

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP