張衛とはどんな人?曹操を一度は撃退した五斗米道教祖、張魯の弟




魏晋世語では大シカと鼓角で破れる張衛

魏志(魏書)_書類

 

武帝紀では曹操が智謀で一方的に勝っているように見えますが、正史三国志張魯伝が引く魏晋世語では、また少し違う陽平関の攻防が描かれています。

 

空腹の三国志の兵士(兵糧)

 

張魯は五官の(じょう)を派遣して降伏したが、弟の張衛が山を横切って陽平城を築いて防御したので曹操軍は進めなかった。張魯は巴中に遁走したが曹操は兵糧が尽きたので帰還しようとした。

 

ここで幕僚の郭諶(かくじん)

 

「張魯はすでに降伏し、降伏の使者も手元に留めています。張衛は同意していませんが、張魯は巴中に逃げてバラバラで個別撃破が可能です。軍を深く進軍させれば必ず勝利し退却したなら追撃されて大敗するでしょう」このように述べて退却に反対した。

 

陳羣の指摘に戸惑う曹操

 

曹操は、郭諶を疑い実行しなかったが、夜間に野生の大シカ数千頭が張衛の軍営に突撃して軍営を破壊、張衛は大いに驚いた。

 

野生の鹿が張衛の陣営を叩き壊す事故が発生(動物)

 

その夜、高祚らは進路を間違い張衛の手勢とバッタリ遭遇した。

 

敵が味方を呼ぶための太鼓を奇襲の合図だと勘違いする張衛

 

高祚は鼓と角笛を鳴らし軍兵を集めようとしたが、張衛は突撃の合図と勘違いし、すでに自軍が曹操軍に包囲されていると思い込み観念して投降した。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)書類

 

魏臣世語では、曹操は実力で勝利したのではありません。そして張衛も大シカの襲撃で弱気になり、さらにたまたま道に迷った高祚の軍勢と遭遇し、鼓と角笛の音を包囲殲滅の合図と信じ込んで降伏するなど、マヌケな状態で降伏を余儀なくされています。

 

関連記事:劉璋が張魯に勝てなかったのは劉璋が弱虫だからではない?

関連記事:楊柏とはどんな人?馬超に金メッキする為に盛られた悪党




三国志演義では許褚と一騎打ちして戦死

史実では許褚に敗れる張衛

 

正史三国志では活躍できない張衛ですが、三国志演義では最後まで兄の降伏に逆らい、曹操軍の許褚(きょちょ)と一騎打ちして破れ、戦死するという最後になっています。これはこれで派手な扱いで読者の記憶に残る演出かも知れません。

 

関連記事:劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上

関連記事:もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?




三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

今回は、五斗米道の教祖、張魯の弟、張衛について書いてみました。彼が陽平関に数キロの砦を築いて曹操軍を一度は退却させたのは事実のようです。

 

朝まで三国志2017表情 kawausoさん03 怒

 

しかし、長期に渡り戦を経験していないブランクもあり、大シカ数千頭が陣営を破壊したり、太鼓や角笛を包囲殲滅の合図と思うなど最後は不甲斐(ふがい)ない調子でした。

 

参考文献:正史三国志

 

関連記事:北方謙三『三国志』の五斗米道・張衛は被害者?張飛に出会い天下を夢見た儚い最期

関連記事:張魯の死後、五斗米道はどうなったの?

 

【泣く子も黙る張遼】
張遼

 




< 1

2

関連記事

  1. 曹操を逃す関羽

    デザイン担当:よりぶりん

    80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす

    紅蓮の炎に包まれる自分の軍団を見たら、誰で…

  2. キレる曹操2
  3. 曹仁 三国志 ゆるキャラ
  4. 順調に将軍まで出世する陳武
  5. 徐庶をゲットする曹操
  6. 反乱を起こす郝萌(かくぼう)と曹性

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 6月 06日

    野麋数千頭。(張魯伝より)

    麋は大型の鹿の事。ヘラジカやトナカイぐらいの大きさと思ってください。ただ中国にはこのサイズのシカが居ないので、中国原産の四不像(しふぞう)の事だと考えられてます。

    封神演義のスープーシャンのモデルが四不像。四不像は四不象とも書かれます。

    野麋数千頭。(張魯伝より)
    ↑話を戻すと野良スープーシャン数千が襲来したと言う解釈でも通るんじゃないのかな?いや流石に無理か(笑)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP