魏の鄧艾の戦績とは?北伐の防衛と蜀討伐で強さを見せつけた漢の生涯




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

前人未到のルートで蜀にたどり着いた鄧艾(トウ艾)

 

魏の武将「鄧艾(とうがい)」と言えば、特別なルートで蜀の都に攻め入り、滅亡させたことで知られています。その鄧艾は蜀征伐だけでなく、様々な戦いで勝利し、とても強い武将でした。

 

鄧艾

 

今回の記事ではそんな鄧艾の強い戦績を探ってみたいと思います。




鄧艾が将軍になるまで

屯田民だった若き鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾は父を早くに亡くし、母子で貧しい暮らしをしていました。後に故郷が曹操(そうそう)に侵略された際、屯田(とんでん)民として移住させられます。

 

吃音で悩まされた鄧艾(トウ艾)

 

12から13歳のとき、役所に召し出されそこで働くことになるのですが、「吃音」というハンデを持っていた鄧艾は疎まれていたといいます。

 

地理や地形に精通していた鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾にはある趣味なようなものがあり、それは高い山や沼などを見つけると測量し、戦の際に適切な軍営の位置などを想像し、地図に記すことでした。このことが後の戦に役に立つことになるのです。

 

農業の知識が豊富な鄧艾(トウ艾)

 

後に都に使者として赴いた再、司馬懿(しばい)に才能を認めれられ、中央で働くことになります。そこでは農政で力を発揮し、運河の開通や屯田などを建策し、認められました。

 

姜維を撃退する鄧艾

鄧艾と姜維

 

鄧艾は南安太守に任命され、蜀との戦いの最前線に立つことになりました。249年に蜀の「姜維(きょうい)」が侵攻してきました。

 

姜維と鄧艾

 

鄧艾は郭淮(かくわい)と共にこれを撃退し、姜維は撤退。郭淮は姜維が去ったのを見計らい、姜維に協力していた異民族の征伐に向かいます。

 

 

鄧艾は姜維が引き返してくるのを見越し、また姜維が攻撃するだろう城を見抜き、そこに立てこもっていたのです。作戦を見抜かれた姜維は慌てて撤退したのです。この功績で鄧艾は将軍に任命されました。

 

関連記事:永安攻防戦とは?姜維とは別の所で蜀を守った羅憲

関連記事:姜維とはどんな人?鍾会の乱を利用し蜀復興を目論んだ忠臣




謀反人を征伐する鄧艾

カン丘倹(毌丘倹)

 

255年、毌丘倹(かんきゅうけん)文欽(ぶんきん)が反乱を起こしました。

 

晋の司馬師は玉座に座る

当時の魏の権力者「司馬師(しばし)」は反乱討伐の命令を出すと、鄧艾は通常の倍の速さで進軍し、他の者に先駆けて拠点を確保します。

 

蜀を滅ぼし己の功を自慢しはじめる鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾はわざと隙をみせ、文欽を誘い出すと大軍でこれも打ち破り、文欽は呉に亡命します。これに応じて呉は大軍で魏への侵略を企てますが、それも撃退することに成功しています。

 

関連記事:司馬師ってめちゃくちゃ天才だったのでは?

関連記事:歴史書『三国志』の曹植のモデルは司馬師の養子である司馬攸だった?

 

北伐の防衛で強さを見せつける鄧艾

北伐したくてたまらない姜維

 

255年、姜維が再び北伐で侵攻してきました。迎撃にあたったのは王経(おうけい)という武将でしたが、散々に破られ、城に籠るも姜維に包囲されてしまいます。

 

姜維

 

そこに鄧艾が救援に駆けつけ、姜維を撃退。周囲の者は姜維に再び備える必要はないと主張していましたが、鄧艾は反論しました。

 

羌族に援軍してもらうよう使者を出す姜維

 

姜維の勢いや、支配地域の民の疲弊、魏軍の兵士の訓練不足などの理由を挙げ、警戒を怠りませんでした。

 

すぐに戦争したがる姜維

 

翌年、鄧艾の予想通り姜維が再び魏に侵攻。しかし鄧艾は姜維の動きを読み、散々に撃退したのです。

 

姜維の心中

 

その後もたびたび姜維は侵攻してきましたが、そのたびに鄧艾は打ち破り、その戦に強い様を見せつけたのです。

 

関連記事:姜維が好き!現代の人たちに受け入れられることが多い姜維の魅力

関連記事:宇文泰ってどんな人?劉禅配下の姜維を祀った西魏の政治家

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 

蜀を滅ぼす鄧艾

司馬昭から蜀の討伐を命じられる鍾会と鄧艾(トウ艾)

 

263年、魏の最高権力者「司馬昭(しばしょう)」は蜀の征伐を決意します。その任には鄧艾と、名門出身の鐘会(しょうかい)が任じられ、それぞれ蜀に攻め込みます。

 

三国志 剣閣のお城

 

蜀は姜維が蜀への玄関口「剣閣(けんかく)」の防衛にあたりました。ここは天然の要害であり、とても攻めるのに難しい場所でした。

 

 

剣閣を攻めまくる鍾会、籠城する姜維

 

鐘会と鄧艾は何度か剣閣を攻めますが、容易に落とすことが出来ません。

 

毛布に包まり崖を転げ落ちる鄧艾(トウ艾)

 

そこで鄧艾は剣閣を迂回し、別ルートから蜀の首都成都に迫ることにしました。そのルートは前人未到の地であり、鄧艾は山に穴をあけ道を作り、時には崖から転がり落ちながら必死に進軍しました。そしてついに蜀の城がある江油(こうゆ)に到達。

 

降伏する劉禅

 

まさか敵が来るとは思わない城の守将は驚きあっさりと降伏してしまいます。突然の鄧艾の登場に驚いた蜀は、諸葛亮(しょかつりょう)の息子「諸葛瞻(しょかつせん)」を派遣します。

 

鄧艾(トウ艾)の息子・鄧忠(トウ忠)

 

鄧艾は息子の鄧忠(とうちゅう)などを出し、攻略に当たりますが、初めは敗北してしまいます。鄧忠などは「敵は強大で破ることが困難」と弱音を吐きました。鄧艾はこれに激怒し、剣を持って彼らを斬る勢いでした。

 

鄧艾と全面対決で敗れて亡くなる諸葛瞻

 

しかし、鄧忠らにもう一度チャンスを与え、死に物狂いの彼らは諸葛瞻を斬ることに成功します。

 

劉禅

 

この時蜀軍の主力は剣閣にくぎ付けになっていたため、もはや守れないと感じた蜀の君主劉禅(りゅうぜん)は降伏。蜀は滅亡します。

 

関連記事:劉禅の奥さんが変えた一人の武将の待遇と運命

関連記事:姜維の北伐は劉禅の意向でもあった?北伐と劉禅の統治を考える

 

【暗愚の代名詞となった皇帝】
劉禅

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 吃音で悩まされた鄧艾(トウ艾)
  2. 屯田民だった若き鄧艾(トウ艾)
  3. 出世しても農耕の必要性を説く鄧艾(トウ艾)
  4. 鍾会に謀反の疑いを讒言され処刑される鄧艾(トウ艾)
  5. 毛布に包まり崖を転げ落ちる鄧艾(トウ艾)
  6. 忘年の交わりを結んだ鄧艾(トウ艾)と陳泰

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP