北方謙三『三国志』の五斗米道・張衛は被害者?張飛に出会い天下を夢見た漢




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

北方謙三風のハードボイルドな張衛

 

北方謙三(きたかたけんぞう)先生の名著、『三国志』シリーズ(以下、「北方三国志」とします。)における重要なキャラクターが張衛(ちょうえい)です。

 

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

張衛ははっきり言って三国志の登場人物の中では非常にマイナーな人物で、どういう人物なのか全く知らないという方も少なくないのではないでしょうか。

 

北方謙三 三国志を読む桃園三兄弟 劉備、関羽、張飛

 

そこで、今回の記事ではそんな「北方三国志」における張衛について解説していきたいと思います。

※ネタバレを含む内容です。ご注意ください。




そもそも張衛とはどういう人物か?

張衛(張魯)

 

読者の皆さまの中には、そもそも張衛という人物について知らないという方も多いのではないでしょうか。そこで、本題に入る前に張衛という人物について軽く解説していきたいと思います。

 

五斗米道(はじめての三国志)

 

張衛は、五斗米道(ごとべいどう)の教祖として有名な張魯(ちょうろ)の弟です。張魯率いる五斗米道は、後漢の末期に益州(えきしゅう)漢中郡を占拠し、独立勢力を築いていました。

 

五斗米道の教祖・張魯

 

五斗米道教団の長である張魯に対し、弟の張衛は五斗米道軍を率いて漢中を守るという役割を担っていたのです。

 

曹操に降伏したくない張衛

 

正史では、張魯は曹操(そうそう)に攻められた際に、曹操に降伏して漢中郡を明け渡しており、張衛も同時に曹操に降伏したという記述があります。

 

史実では許褚に敗れる張衛

 

一方、演義での張衛は果敢に曹操軍に立ち向かい、曹操配下の許チョ(きょちょ)に討ち取られています。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

いずれにしろ、五斗米道の教祖・張魯は三国志の中ではそこそこ知られている人物なのに対し、その弟である張衛は正史・演義ともに登場機会の少ない端役にすぎません。

 

しかし、「北方三国志」の張衛は物語の中で主要登場人物の一人として数えられています。ですので、ここからは「北方三国志」における張衛を見ていきたいと思います。

 

関連記事:張魯の死後、五斗米道はどうなったの?

関連記事:劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上




五斗米道軍の司令官と英雄との出会い

北方謙三風のハードボイルドな張衛

 

「北方三国志」における張衛も、正史と同じく五斗米道軍の司令官として登場します。五斗米道教団は漢中を実質的に支配する勢力であり、益州の劉璋(りゅうしょう)荊州(けいしゅう)劉表(りゅうひょう)といった周辺の勢力に対抗するために、独自の軍を保有していました。

 

後継者を決めるのに困っている劉表

 

教団の教祖である張魯に代わり、弟の張衛が軍を率いて漢中を防衛する任務を果たしていました。そんな中、張衛は荊州の劉表が客将の劉備(りゅうび)に新野城を守らせているという情報を手に入れます。そこで張衛は小手調べとばかりに、荊州に侵攻します。

 

殿を務める張飛

 

これに対し、劉備は張飛(ちょうひ)を派遣して迎え撃たせます。張飛は鮮やかな用兵術を見せ、はるかに少ない兵で五斗米道軍を散々に打ち破ります。

 

張飛の虎髭

 

この張飛の活躍を目の当たりにした張衛は、漢中に閉じこもっていた自分は「井の中の蛙」に過ぎなかったことを痛感し、「天下」というものを意識し始めます。

 

関連記事:劉備のパトロン、龐統・諸葛亮の親戚である劉表とはどんな人?

関連記事:劉表や劉璋が天下を取れなかったのは無能だからではなかった!

 

天下への野望と兄・張魯との別れ

五虎大将軍の張飛

 

張飛との出会いを通じて「天下」の広さを知った張衛は、次第に天下への野望を募らせるようになり、領土を拡大し、五斗米道を中心とした巨大な宗教王国の建設を夢見るようになります。

 

張魯

 

それに対し、張衛の兄の張魯は、五斗米道教団の維持を最も重視しており、漢中を維持すればよいという現状維持論を唱えていました。こうして、張魯と張衛は兄弟でありながら、その道を違えていくようになるのです。

 

曹操に降伏する教祖・張魯

 

そんな中、涼州(りょうしゅう)を平定した曹操の大軍が漢中に攻め込んできます。張魯は五斗米道の信仰を認めることと引き換えに、曹操に降伏して漢中の領土を明け渡そうとします。

 

王印を発見し、張魯を漢中王になるようすすめる部下たち

 

しかし、張衛にしてみれば漢中を失えば天下を目指すことは困難になります。ここに至って、兄弟の対立は決定的になり、曹操に降伏した張魯や五斗米道教団を離れ、張衛はあくまで天下への野望を求めて雌伏します。

 

関連記事:楊松とはどんな人?馬超と張魯の引き立て役となった三国志演義の架空人物

関連記事:劉璋が張魯に勝てなかったのは劉璋が弱虫だからではない?

 

時代に抗った男の末路

二刀流の劉備

 

その後、益州を征服した劉備が漢中に進軍し、40万に上る魏軍と漢中の攻防戦を戦います。諸葛亮(しょかつりょう)や張飛、趙雲(ちょううん)ら名将たちの活躍もあり、劉備は曹操を破って漢中を奪取することに成功します。

 

戦意を喪失し曹操に降伏する張衛

 

これに衝撃を受けたのが張衛でした。かつて自分たちがなすすべもなかった曹操の大軍を劉備が追い返したことを聞いた張衛は、天下への野望をこれまで以上に燃え立たせます。

 

蜀の皇帝に即位した劉備

 

しかし、張衛がいくら天下を目指そうとも、既に群雄の時代は終わり、魏・呉・蜀漢による天下三分は成っており、張衛の付け入る隙はそこにはありませんでした。

 

北方謙三 ハードボイルドな馬超

 

張衛は、玉璽(ぎょうくじ)を持つ謎の少女・袁チン(えんちん)が馬超の下に身を寄せていることを知り、皇帝の証である玉璽を手に入れることで自らの天下獲りを正当化しようと考え、袁?チン拉致します。

 

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

そして、袁チンを救おうとした馬超との一騎打ちに臨みますが、猛将馬超にはかなわず、片腕を切り落とされてしまいます。玉璽を手に入れられず、片腕を失ってもなお、張衛は野望を諦めきれず、ついには賊の首領のようになって各地を彷徨います。そして、張衛は天下を夢見た男とは思えないような悲劇的な最期を遂げるのです。

 

関連記事:馬超の死因は急死?それとも蜀に馴染めなかった?死因を考察

関連記事:馬超とはどんな人?一族を殺される度に絶望した蜀の五虎将【年表付】

 

【曹操を二度追い詰めた錦馬超を徹底考察】
馬超特集

 

三国志ライターAlst49の独り言

Alst49さん 三国志ライター

 

いかがだったでしょうか。

 

北方謙三 ハードボイルドな曹操

 

「北方三国志」の張衛ははっきり言って英雄と呼べる人物ではありません。張飛や曹操、劉備といった英雄たちの活躍を目の当たりにして、自分にも天下が狙えると勘違いしてしまったのです。

 

これだけ見ると、身の程知らずな野望にとらわれて身を滅ぼした愚かな人物になりますが、こういった「英雄になれなかった人物」にも光を当てているという点が、「北方三国志」という物語に深みを持たせていると言えるのではないでしょうか。

 

関連記事:北方謙三『三国志』の司馬懿はドM?諸葛亮の挑発に興奮する独特な司馬懿像

関連記事:北方謙三『三国志』の趙雲は影が薄い?演義や民間伝承を抜きにした趙雲子龍

関連記事:北方謙三『三国志』の馬超は心に欠落を抱え咆哮!虚無に苛まれる豪傑

 

【北方謙三 三国志を刮目せよ】
北方謙三三国志

 




関連記事

  1. 北方謙三 ハードボイルドな司馬懿
  2. 北方謙三 ハードボイルドな呂布
  3. 北方謙三 ハードボイルドな馬超
  4. 北方謙三
  5. 北方謙三
  6. 北方謙三

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP