野心家と言われる鍾会だけど、そのものズバリ「面白い」




後世の記録

正史三国志_書類

 

ただし、これら全てが全てということはないと筆者は思います。何故ならば、多くの場合で歴史の記録はやや後付けをされることが多いからですね。

 

独立したくウズウズする鍾会

 

「鍾会は野心家と言われていた」

「危険視されていた」

「ろくなことしないとかも言われた」

「何かやらかすぞと言われた」

 

そしてこれらは実際にその通りになっています。これらは実際にそうなったからこそ記録されているという面が強いでしょう。

 

関連記事:避諱(ひき)とは何?知っていると三国志がより楽しくなる改名事情

関連記事:姜維と鍾会はなんで手を組んだの?二人の思惑を考察




英才教育

ポイント解説をするセン様

 

また鍾会が実際に能力があったかどうかという面に関しては、その経歴を見ると分かります。

 

春秋左氏伝(書類)

 

鍾会は母親に4歳で「孝経(こうきょう)」を、その後も「論語」「詩経(しきょう)」「尚書」「春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)」などなど、様々な書物を読ませられ、暗喩させられました。

 

残された論文なども見ると、鍾会の才能はその教区によってしっかりと培われたものだと思います。なので決して鍾会自体の能力が欠けていたということはないでしょう。

 

ただ、逸話の端々を見ていると「人間性の面では欠けていたんだろうな……」とも思いますね。例え記録に偏りがあったとしても、それらの記録があるという人物に変わりもないですから。

 

【THE奇人・変人三国志よりイッてる人々】
春秋左氏伝




面白いひと

三国志を語るセンさん

 

さてそんな鍾会の何が面白いか。時代は三国志末期、既に戦いは人と人ではなく、国と国との戦いになって来て久しい中。既に群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の時代はほとんど終わった中で、鍾会は己の才覚と力を信じて立ち上がった人物なのです。

 

……その結果がどうかは皆さんご存知のことですが。

 

鍾会を独立するようそそのかす姜維

 

それはもしかしたら姜維に上手いように乗せられただけかもしれませんが、個人的に鍾会は「三国志末期で三国志をもう一度やろうとした人」だと思います。

 

そう思うと鍾会、とっても面白い人物に見えては来ませんか?

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

三国志末期と言えば、文鴦(ぶんおう)がいますね。彼もまた三国志末期に生まれたばかりに、その才覚を活かせないまま終わった、時代が違っていたら……と思う人物です。

 

 

ただ鍾会は悲哀を感じさせる文鴦と違い、何だか不思議な面白さがあると思うのは筆者だけでしょうか?悲運と言えば悲運だけど、どこかそれだけじゃない鍾会……ある意味、三国志の時代の最期を飾った人物だと思いますね。

 

センさんが三国志沼にドボン a

 

どぼん。

 

参考文献:蜀書姜維伝 魏書鍾会伝

 

関連記事:文鴦とはどんな人?三国志演義では趙雲を凌ぐ遅れて来た名将

関連記事:魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し?

 

【独立を夢見た早熟の策士・鍾会】
鍾会特集

 




< 1

2

関連記事

  1. ローランド風 鍾会
  2. 鍾会の乱に巻き込まれる鄧艾(トウ艾)

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 6月 09日

    間違っていたら申し訳ないのですが
    以前にも似たような記事を見かけたような気がします。
    確か前は劉備くらいにはなれるという発言をネタにしてましたが、内容の大筋はほとんど同じだった気がします。
    長く続けていると同じような記事がひとつふたつ出てきてしまうのは仕方ないと思うのですが
    いくらなんでもその期間が短すぎではないかと思います。

    • 月友
    • 2021年 6月 09日

    センさん記事は読む前にどんな落ち方をするか予想しちゃいます。ダイブ画像のバリエーションを増やしてほしいところ(笑)




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP