文鴦とはどんな人?三国志演義では趙雲を凌ぐ遅れて来た名将


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

文鴦(ぶんおう)は、最近三国無双(さんごくむそう)に登場するようになった三国志の最終盤で登場する武将です。

 

過労死する諸葛孔明

 

なにしろ文鴦は西暦238年の生まれ、諸葛亮(しょかつりょう)の死後4年も経過して誕生しています。正史三国志を書いた陳寿(ちんじゅ)ですら西暦233年の生まれなので、いかに遅いか分かりますね。

陳寿(晋)

 

そのせいで横山三国志にも出番がなく知名度が低いのですが、三国志演義では趙雲(ちょううん)に例えられる程に大活躍している武将なのです。今回はネット検索でも、そう簡単に見られない演義の文鴦の雄姿を紹介しましょう。


三国志演義では、百十回に登場

幕末 魏呉蜀 書物

 

文鴦は、三国志演義百二十回の中の終盤百十回「文鴦単騎雄兵を退け、姜維(きょうい)水を背にして大敵を破る」に登場します。

 

曹髦

 

その頃、揚州刺史領淮南軍馬毋丘倹(ようしゅうししりょうわいなんぐんばかんきゅうけん)は、司馬師(しばし)曹芳(そうほう)を廃して曹髦(そうぼう)を立てた事で怒っていたものの、遠く離れた揚州では、司馬氏の専横をいかんともできず無念がっていました。

 

カン丘倹

 

これに対し息子の毋丘甸(かんきゅうでん)が、天下の為に立つべきと進言し、毋丘倹は喜びます。そこで、刺史の文欽(ぶんきん)を招いて協議をすると、文欽も司馬氏を討つ事に賛同し、自分の次男に文叔(ぶんしゅく)、幼名を阿鴦(あおう)というものがいると毋丘倹に言います。これが文鴦の初登場で、その容姿はこんな風に形容されます。

 

馬上に鉄鞭(てつべん)(やり)を使い万夫不当の勇士

週刊誌を楽しみにするkawauso様

 

おお、なかなかいいですね、騎馬で片手に鉄鞭、片手に鎗の若武者の姿が浮かびます。史実では、この時文鴦は18歳なので年齢不詳の趙雲と違い、正真正銘の若武者です。


司馬師、鍾会に唆され自ら毋丘倹討伐に

洛陽城

 

文欽の賛同が得られた毋丘倹は喜び、偽の太后からの密詔(みっしょう)を作成して司馬氏誅滅の詔が下りたと兵士を騙して寿春城に立て籠もり、その後、寿春城には年寄兵だけを置いて、六万の軍勢を率いて項城に籠城します。文欽もこれに呼応し2万の軍勢で遊軍の役割を果たします。

失敗し落ち込む司馬師

 

毋丘倹の反乱に対し、当初司馬師は、左目の(こぶ)の手術痕が痛むので親征を見合わせるつもりでしたが、中書侍郎の鍾会(しょうかい)がよせばいいのに、「淮・楚の兵は強く士気も高いので、他の者を派遣して敗れる事あらば国家の一大事なので、ここは是非殿に・・」と無茶ぶりするので、責任感が強い司馬師は布団からがばと跳ね起きます。

司馬懿に敬意を払う司馬師

 

「そうじゃ、このわしが行かねば、賊を打ち破る事は出来ぬ」という事で、弟の司馬昭(しばしょう)に洛陽の守備と朝廷の執務を任せ、馬では振動が目の傷に障るので、座る部分を布団で柔らかくした輿に乗り出陣しました。

独立したくウズウズする鍾会

 

後の反乱を考えると、鍾会、司馬師を殺す為にわざとこんな事をしたんですかね?

 

【孔明没後も続く!はじ三三国志演義全史】
全訳三国志演義


序盤で躓く毋丘倹

晋の司馬師は玉座に座る

 

司馬師は、諸葛誕(しょかつたん)に豫洲の軍勢を率いさせて寿春を攻めさせ、胡遵(こじゅん)には青州の軍を率いさせ(しょう)と宋の地で敵の帰路を断たせ、王基(おうき)には先手の軍勢を率いさせて先に南頓(なんとん)の攻略に向かわせ、自身は大軍を率いて汝南に入り、文武の官僚を集めて今後の作戦を協議します。

諸葛恪と孫峻

 

軍議では持久の計略と、急いで南頓に入城して毋丘倹の出鼻を挫く計略が出ますが、司馬師は急ぎの策を選択して、南頓城に入りました。同じ頃、部下の葛雍(かつよう)の進言で南頓に向かっていた毋丘倹は、南頓に翻る司馬師の軍旗の多さに驚き、本陣に引き返すと、そこに呉の孫峻が長江を渡り、寿春を襲うという伝令が入り慌てて項城(こうじょう)に引き返しました。


司馬師、鄧艾の後詰として楽嘉城に進軍

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

さて、毋丘倹の退却を知った司馬師は今後の対策を協議します。すると、尚書の傅嘏(ふか)が以下のように進言しました。

傅嘏_フカ

 

「毋丘倹は呉が寿春を攻めていると知り逃げ帰ったのです。きっと項城の6万人から幾らかの援軍を寿春の応援に割き、守りを固めるでしょう。そこで、我が軍は軍を3つに分け、一手は楽嘉城、一手は寿春、一手は項城にそれぞれ押し寄せれば、相互に連携できなくなった淮南の敵軍は総崩れになるに違いありません」

鄧艾

 

傅嘏は、さらに兗州刺史の鄧艾(とうがい)は智謀に長けているので、先鋒として楽嘉城に向けて、後詰として司馬師が行けば逆賊を討つのは容易と請け負ったので、司馬師は納得し兗州から鄧艾を呼び寄せて一軍を授けて楽嘉城に向かわせ、自分はその後に大軍で続きました。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 酔いつぶれる劉備玄徳
  2. 魯粛、孫権、張昭
  3. 姜維 VS 鄧艾
  4. はじめての変

    集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち

    25人もの息子に恵まれた曹操(そうそう)と…

  5. 劉備と徳川家康

    はじめての変

    みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情

    中国史好きの皆さんが密かに気になっている…

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 彩葉
    • 2020年 4月 19日

    この人は本当に最期が残念ですね…
    生まれてきた時期が少し遅かったから活躍出来たのであって、後漢末期~三国鼎立の時代の数多の豪傑達と同じ時代に生まれていたら肩を並べることが出来たのだろうか?と思うことがあります。
    IFの話ですが、この人に限らず、三國無双で晋勢力に所属している武将達なんかもそうです。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP