三国志の名政治家、諸葛孔明が無謀な北伐を繰り返した理由とは?




諸葛亮の戦略

敵に囲まれる馬謖

 

諸葛亮は魏に侵攻する上で、無理な攻めはできるだけ避けました。1度目は街亭で馬謖(ばしょく)が敗れると全軍を撤退させていますし、2度目から4度目は局地戦で大きな戦はしていません。

 

兵糧を運ぶ兵士

 

また、武都と陰平を落とした3度目以外は、兵糧不足による撤退と将兵の損耗は最小限に留めています。

 

蜀の魏延

 

5度目は大規模な戦となりましたが、屯田を行うなど長期戦の構えを見せ、戦いを急ぐことはありませんでした。また、魏延(ぎえん)が提案した長安奇襲策もリスクの面から却下するなど、とにかく慎重な攻め方をしていることが伺えます。

 

新解釈・三國志 ネバギバと煽る孔明

 

このことからも諸葛亮は魏を無理に攻略するのではなく、国力差が開きすぎないようにバランスを取ることで蜀を存続させたのではないでしょうか。




三国志ライターTKのひとりごと

TKさん(三国志ライター)

 

もう一つ根拠に乏しい推論を述べるなら、諸葛亮は国力に大きな差がつかないよう拮抗状態を維持しつつ、魏の内部崩壊を待つという狙いがあったように思います。

 

諸葛亮(孔明)の養育を受ける若き諸葛攀

 

諸葛亮は劉備に授けた隆中策において、益州と荊州を領有し、さらに異民族、孫権(そんけん)と手を組み、『天下に変事があった際に』益州より出兵すると説いています。つまり、諸葛亮の基本戦略は人事を尽くして天命を待つということ。

 

司馬懿と曹丕

 

特に曹丕(そうひ)は皇族に権力を与えない構造を確立し、人事採用においても欠点のある九品官人法を施行しました。さらに司馬懿(しばい)を重用したことで、司馬一族に都合のいい人事が行えるような構造が生まれています。

 

孔明

 

もしも諸葛亮がこうした魏政権の構造的欠陥に気づいていたとしたら、いずれクーデターなどで国家基盤が揺らぐと確信していたのかもしれません。それを狙って持久戦を行ったものの自身の体が保たず、中途半端な状態で舞台から下りることになってしまったと筆者は考えます。

 

関連記事:武廟十哲に諸葛孔明が選ばれている理由は何?中国名将ランキングを推察

関連記事:孔明の後継者は馬謖だけだった!【深読み三国志】

 

北伐の真実に迫る

北伐

 




< 1

2

関連記事

  1. 過労死する諸葛孔明
  2. ドケチな孔明
  3. 城の前を掃除する孔明
  4. 空腹の三国志の兵士(兵糧)
  5. 五関六将破りを行う関羽
  6. 死神の目を使ってバカチンノートに書き込む法正

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 6月 26日

    孫子の大前提は戦争は国力を下げる行為であり、「無駄な戦争をするな」「どうしても戦うなら徹底的に準備してすぐ終わらせろ」であって、むしろ北伐を悪手とみなす根拠そのものなんですが…。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP